itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『赤い指』

2006年10月17日 22時57分26秒 | 書評(東野圭吾)
赤い指

講談社

このアイテムの詳細を見る


今回は、東野圭吾『赤い指』を紹介します。本書は、現代の家庭問題、認知症、引きこもり、嫁姑問題、いじめ問題などを扱った社会派ミステリーといえるでしょう。

ある日庭に少女が死体として倒れていたという。これは、息子の仕業と見た父(昭夫)と母(八重子)は、何とかして隠ぺい工作をしようとする。それに立ち向かう刑事である加賀恭一郎が真相を暴く。ヒントは、赤い指なんだろうか。

家族のつながりというものの大事さがこの家族にはわからなかったのであろう。祖母(政恵)をこの家族は疎ましく思っている。場合によっては、認知症の政恵のせいにしようともしていた。結局加賀恭一郎がこの親子を説得する姿は心打たれるなあという感じがした。また、この家族は、最終兵器を使わないと、政恵の気持ちというものも結局わからなかったんだな。

こういうときは、男親は家庭の問題にどっぷり使っているわけではないので、女親の言いなりになって結構何もできないなあという感じがする。気持ちはわかるが、私ならば息子のためを思って自首させるなあという思いですね。

どういう風に死をむかえるかは、どう生きてきたかによってきまる。この言葉が印象的だ。加賀恭一郎が父(隆正)との接し方については、冷たいように見えても、実は、看護婦と将棋しているようでも親子の通い合いがなされているところが温かくてよかった。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あなたの携帯電話は何ですか? | トップ | 小説は何か余韻ののこるもの... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sa)
2009-02-07 04:11:19
この親子は同情の余地すらないです!
読んでてずっといらいらしました。
こんな窮地でもきたんと罪を認められる人間でいたいです。
加賀親子のサイドストーリーがせめてもの救いだった気がします。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2009-02-07 16:31:00
sa様コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、この親子は確かに同情の余地がないですね。加賀恭一郎の温かさがポイントなのかな。
コメント (taka)
2009-08-06 21:15:11
トラバありがとうございました。
東野作品はいつも「葛藤」を描くのがすごくうまいと思います。
親の情と倫理観に揺れる父親の心の「葛藤」がポイントかとも思いました。
Re:コメント (itchy1976(当サイト管理人))
2009-08-08 16:35:18
taka様コメントありがとうございます。

確かにおっしゃるとおり、東野作品は主人公の「葛藤」などの心の動きを描くのがうまいとおもいますね。

これからもよろしくお願いします。
こんにちは★ (ぇ莉)
2009-08-14 16:27:01
はじめまして*。
あたしも東野圭吾さんの本.
めちゃくちゃ好きです‼‼
特に赤い指は前半ハラハラ...
ラストは感動しました
Re:こんにちは★ (itchy1976(当サイト管理人))
2009-08-15 00:36:59
ぇ莉様コメントありがとうございます。

私も東野圭吾氏の本は好きですね。『赤い指』に関しては最後のシーンがあるから救われたかなとおもいますね。

これからもよろしくお願いします。
こんにちは (山手のドルフィン)
2009-12-20 13:44:01
TB送らせていただいたので御挨拶です。
ほんとにバカ息子二人、どうしようもなかったですね。私が殴ってやりたかったくらいです。お父さんには肩入れして読み始めていただけに余計腹が立ちました。
最後には少なくともお父さんの方には母の愛が伝わったようで、救いがありましたが…
Re:こんにちは (itchy1976(当サイト管理人))
2009-12-20 16:17:11
山手のドルフィン様コメントありがとうございます。

この親子はどうしようもないですよね。認知症の政恵のせいにしようとしていたんですから。

加賀の説得によって、この親子は、政恵の気持ちがわかったというのは、読んでいて救われるところです。

これからもよろしくお願いします。

はじめまして。 (マカ)
2010-01-31 23:03:57
TBありがとうございました。

この親子はホントにどうしようもない親子でしたね。
読んでいてイライラしましたが、
加賀シリーズが好きなので読み続けました。
この親子とは対照的に書かれた
加賀親子のストーリーが良かったです。
あれで少し救われました。
Re:はじめまして。 (itchy1976(当サイト管理人))
2010-01-31 23:36:43
マカ様コメントありがとうございます。

認知症の祖母のせいにしようとしていたのはどうしようもないバカもんですよ。おっしゃるとおり、加賀親子のサイドストーリーはほっとしました。

これからもよろしくお願いします。
Unknown (苗坊)
2010-02-01 22:24:00
こんばんわ。
遅すぎたかもしれないですけど、前原親子は加賀刑事に出会えて家族というものを少しだけ取り戻す事が出来たのかと思います。
おばあちゃんが可哀相でした。
必死で育ててきた息子に、そんな仕打ちを受けるなんて。
辛いですね。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2010-02-01 23:06:39
苗坊様コメントありがとうございます。

この親子は、祖母(政恵)の認知症ということを利用したということなんだろう。祖母(政恵)の気持ちというものを考えていなかったんでしょう。辛いなあと思ってしまう。加賀に出会って祖母(政恵)の気持ちに気づいて良かったと思う。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
赤い指 東野圭吾 講談社 (おいしい本箱Diary)
東野圭吾さんの新刊、ということで図書館でも非常に人気 でして、なかなか順番が回ってこなかった・・。やっと読んだよ!! うん、うまいですね、やっぱり。座布団5枚くらいあげてもいいくらい ですか。(微妙な枚数やね・・) 一見関係ない冒頭のシーンが、ラストで...
赤い指(東野圭吾) (Bookworm)
直木賞受賞後第1作。前々から読みたい!と思いつつ、なかなか遭遇できなかったんですが、ようやく手に取れました。
赤い指  東野圭吾 (今更なんですがの本の話)
壊れてしまった家族。家庭を省みなかった男。そんな夫に愛想を尽かし息子に縋る妻。口もきかず閉じこもりがちな息子。そして認知症の母。 でもそれは決して特別ではありません。今日本の家庭の中、どこででも起こりうる状況であり、そしてこの国の現実なのです。 都...
赤い指 東野圭吾 (粋な提案)
装幀は緒方修一。 照明器具メーカー勤務で、認知症の実母・政恵と同居している前原昭夫が、 妻・八重子からの電話に急かされ、帰宅して見...
赤い指 (えんため日記)
東野圭吾さんの直木賞受賞後第1作。 またまた衝撃的なラストに驚かされました{/face_sup/} 作品の概要は、こちら{/kirakira/} 少年犯罪が多発する現代。 我が子が被害者になることも、加害者になることも・・・ そんな時代に、とても強いメッセージを送る作品だと思いま...
東野圭吾「赤い指」読みました (親愛なる人に-読書の薦め)
東野 圭吾 赤い指 ☆☆☆+ 2006年7月 講談社 271p (小説現代1999年12月号に掲載された「赤い指」を元に書き下ろし) 昭夫は中年サラリーマン。妻の八重子は子育てだけが生きる証のような人です。息子の直巳は中学生。昭夫の母、政恵の家に同居していてい...
『赤い指』 東野圭吾 (気ままな読書日記)
実は、加賀さんの物語でもあったのか。 父の隆正は、たしか『卒業』で出てきた、というか、恭一郎がアドヴァイスをもらっていたような記憶が。 そっか、恭一郎には叔母と従弟がいたわけね。
赤い指 東野圭吾 (かみさまの贈りもの~読書日記~)
幼い少女を殺してしまった身内をかばう為、その家族は証拠隠滅計ったが、その裏には新たな真実が隠されていた。 名刑事・加賀恭一郎が、隠された事実に迫る社会派長編ミステリー。 老人介護・嫁姑間の確執・親子のあり方など、現代の世相を凝縮したかのような家族が描か...
「赤い指」東野圭吾 (ひだまりのかけら)
最近文庫化した東野圭吾氏の「赤い指」を読みました。 この小説には、主人公とその妻、息子、そして年老いた母という 一見平凡な家族が登...
『 赤い指 』 東野圭吾 (私の気ままな部屋 - ♪asitahatennki♪)
加賀恭一郎が立ち向かう 加賀シリーズのサスペンス。{/book/} でも、サスペンスというか 家族の問題をテーマにした人間ドラマ のようなイメージでした。 我が儘いっぱいの息子! 息子ベッタリで偏った愛し方しかできない母親 姑との同居を嫌がり ないがしろにしてい...
赤い指/東野圭吾 (心の音)
赤い指 出版社 / 著者からの内容紹介 直木賞受賞後第一作。構想6年の後に書きあげられた書き下ろし長編小説、ついに登場! 身内の起こした殺人事件に直面した家族の、醜く、愚かな嘘に練馬署の名刑事、加賀恭一郎が立ち向かう。ひとつの事件を中心に描き出されるさまざま...
○読書記録○ 「赤い指」 東野圭吾 (The 近況報告!)
くぅにお借りしました。 貸してもらってから2か月ほど家で待機時間がありました。
赤い指 東野圭吾 (苗坊の徒然日記)
赤い指 父親のように慕ってくれた加賀隆正に憧れ、刑事となった松宮修平は、警視庁の捜査一課に所属する新米刑事。 東京の練馬で少女死体破棄事件がおき、松宮は捜査に加わることになった。 松宮には気になることがあった。練馬署には、松宮の従兄で隆正の息子、恭一郎...
赤い指 / 東野圭吾 (まったり☆てぃ~たいむ)
    少女の遺体が住宅街で発見された。 捜査上に浮かんだ平凡な家族。 一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。 「この家には、隠されている真実がある。 それはこの家の中で、彼等自身の手によって 明かされなければならない」。 刑事・加賀恭一郎の謎めいた言葉の意...
「赤い指」東野圭吾 (moyu's junk box)
加賀恭一郎刑事シリーズ。とは言うものの、加賀刑事中心に話が動くのではなく、どの話にも主人公は別に一人いて、その人物のフィルターを通して加賀刑事の活躍を事件の真相に関連する要所要所で描くスタイル。主人公より出番はぜんぜん少ないのに、加賀刑事はなんか印象的...
〇「赤い指」 東野圭吾 講談社 1575円 2006/7 (「本のことども」by聖月)
 同じ著者の『レイクサイド』と基本構造が一緒、というのが、第一の感想。それと、同じく『嘘をもうひとつだけ』の刑事の登場で、嘘に嘘を重ねることで、主人公たちの目論見が破綻するのかなという予想がたったということで、これも『嘘をもうひとつだけ』と基本構造が一...
赤い指 (Akira's VOICE)
東野圭吾 著
赤い指 (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
 テレビドラマ「新参者」で阿部寛の演技が光った加賀恭一郎シリーズの第7番目の事件を扱った「赤い指」(東野圭吾:講談社)。事件的な設定は、加賀刑事が日本橋署に異動する前で、まだ練馬署に在籍していた時代となっている。  幼女の死体が、住宅街にある公...