itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東野圭吾『放課後』

2006年09月12日 23時49分25秒 | 書評(東野圭吾)
放課後

講談社

このアイテムの詳細を見る


今回は、東野圭吾『放課後』を紹介します。本作品は、東野氏のデビュー作です。既存の作品と同様な質の高さなので、知らなかったら、デビュー作品とは思わないでしょうね。

はじめに思ったのは、2人の先生を殺す動機というものが、わからないというより共感できないなあという感じがしました。そんなことぐらいで殺人をするものなのかという感じがしました。殺人の敷居が低いなあという感じがしますね。

最後の主人公に対するどん連返しは、そこまでやる必要があるのかなという感じがしました。普通に暮らしていた主人公に対して、そこまでやる必要はないと思う。残酷だなという印象しかない。
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早稲田実業斉藤君の進路が決まる | トップ | タカイチアラタ『あなたを変... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
mahirose cafe (mahirose)
2009-02-01 14:30:55
TBありがとうございました^^
見た映画と読んだ本の紹介を中心に幅広いブログを目指していますので、また遊びに来てください。
よろしくお願いします。
Re:mahirose cafe (itchy1976(当サイト管理人))
2009-02-01 23:14:58
mahirose様コメントありがとうございます。
コメントの件了解しました。
こちらこそよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
東野圭吾さん著 『放課後』を読んだよ!! (のんびり前進じたばた生活)
以前に「地獄の沙汰は金次第」のびびあんさんに おすすめいただいた東野圭吾さんの本の中より、デビュー作「放課後」です。 こちらは「東野圭吾さん著 『同級生』を読んだよ!! 」の記事のときに 「webでお絵かき」のまこさんにも おすすめしていただいたため楽しみに...
『放課後』(東野圭吾) <感想&書評> (Book A GoGo!!! ~本の読書感想ブログ~)
放課後 (講談社文庫)東野 圭吾講談社 1988-07売り上げランキング : 25047おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 本の内容 校内の更衣室で生徒指...
放課後*東野圭吾 (+++ こんな一冊 +++)
☆☆☆・・ 放課後 著者デビュー作にして、昭和60年の第31回江戸川乱歩賞受賞作である。 当然のことながら 舞台は20年近くも昔である。し...
「放課後」 (コンパス・ローズ  compass rose)
東野 圭吾 これは偶然か、故意か。 何者かの殺意が覗くような出来事が身辺に起こり始める。 もしかして自分は狙われているのか? そんな不安を日常に抱え込んだ高校教師の危惧は、少しずれた形で現実のものとなる。 放課後の学校。教師が殺害される。 密室殺人の...
今週読んだ本 東野圭吾 放課後 (tmomozou's blog)
女子高を舞台に、命を狙われる教師が主人公の推理小説。 犯人が最後までわからないようなストーリー展開で、あれこれ自分なりに推理できて結構面白かった。 それでも、こういう小説を読むとき、自分はいつも不自然な思いをしてしまう。たとえば、この主人公は数...
東野圭吾/「放課後」/講談社文庫刊 (ミステリ読書録)
東野圭吾さんの「放課後」。 転職して私立清華女子高の教師になった前島。教鞭を取って5年が経った最近、自分の命が狙われる と感じる不審な出来事が続いていた。前島は、大学時代の経験からアーチェリー部の顧問を任されて いる。ある日練習が終わり更衣室に入ろう...
放課後 東野圭吾 (苗坊の徒然日記)
放課後 前島は誰かに命を狙われていた。 駅のホームで突き飛ばされそうになったり、プールで感電死されそうになったり、植木鉢が上から落ちてきたり・・・。 前島は高校の教師だ。通っている高校で、教師を狙った連続殺人事件が起こる。 もしかしたら、自分を狙ってい...
東野圭吾 「放課後」 (ご本といえばblog)
東野圭吾著 「放課後」を読む。 このフレーズにシビれた。  「先生、女子高生が人を憎むというのはどういうときですかね」 [巷の評判]いろんなあしあとでは, 「巧妙なトリック&犯人でした。推理小説も面白いですね。」 cigaret&fingertipでは, 「終盤の主人公は色々...