itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

有川浩『フリーター、家を買う。』

2010年10月23日 23時34分57秒 | 書評(その他著者)
フリーター、家を買う。
有川 浩
幻冬舎


今回は、有川浩『フリーター、家を買う。』を紹介します。話のあらすじを簡潔に言うと、就職したがすぐに会社を辞めてフリーターになった主人公の武誠治が、母親の精神疾患から一念発起してバイトをしながら就職活動し、最終的には就職して、マイホームを購入するという話。

話の展開として、フリーターという逆境からどうやって正社員になるのかという所に興味を持った。そこまでは、重いトーンなんだけど読んで楽しめる作品だと思った。誠治が正社員になってからは、急に誠治が賢くなった感じで、どう考えても出来すぎだろう。そういう面ではリアル感とは違うかな。作り話っぽくなったなあという印象で、感情移入できなくなった。それでも、誠冶が成長していく姿が、頼もしくもあり、誠治の家族や会社の人などそれぞれの人物の立場や感情がいい意味でキャラがたっているという感じだ。 予定調和的なんだろうけど、読後感もいい作品に仕上がっている。

あとがきにある「バカで怠惰な自分を取り繕うのはバカで怠惰であることよりカッコ悪い」ということはそうなんだろうと思う。苦しいことから脱却するためには、まず自分を見つめるところからはじめないといけないだろうからね。

フリーター、家を買う。(フジテレビ)
『本』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この冬活躍しそうなものは何... | トップ | 第28回全日本大学女子駅伝は... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Roko)
2010-10-24 09:46:00
itchy1976さん☆おはようございます
調子良過ぎるのは否めませんが、こうあって欲しいという気持ちを代弁してもらったような気がします。
頑張ればできるんだよ!あきらめちゃいけないんだよ!ってね。
厳しい世の中だけど、いつまでも甘ちゃんでいたらダメですもの。
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2010-10-24 18:45:30
Roko様コメントありがとうございます。

>頑張ればできるんだよ!あきらめちゃいけないんだよ!ってね。
→確かにそうですね。予定調和的ではありましたが、フリーターから抜け出したのはよかったのかなと思います。願望ですね。

>いつまでも甘ちゃんでいたらダメですもの。
耳が痛いですね。傲慢ではなく謙虚にいきたいものです。

これからもよろしくお願いします。
Unknown (リバー)
2010-10-27 23:46:32
TB ありがとうございます。

重いテーマを扱っていながらも 仕事をすること
成長ストーリーとして面白く読めました

たしかに 上手くいきすぎ感はありますが・・・
Re:Unknown (itchy1976(当サイト管理人))
2010-10-30 00:36:44
リバー様コメントありがとうございます。

挫折したが、主人公の誠治の成長ストーリーとしては楽しく読めました。

これからもよろしくお願いします。
老若男女に受け入れられるテーマ (日月)
2010-11-01 13:37:58
ツイッター等で様々な人の感想を読ませていただいたのですが、若い世代がは負け組になるあせりや不安を感じ、中年層が読むとご近所いじめや伴侶の態度についての感想があり、様々な世代に受け入れられるテーマなのだなと思いました。こんなにうまくはいかないのでしょうが、それでも読んでいて救いがあるとこちらももがんばるぞ!という気持ちになれるのがいいです。
Re:老若男女に受け入れられるテーマ (itchy1976(当サイト管理人))
2010-11-03 00:52:04
日月様コメントありがとうございます。

>若い世代がは負け組になるあせりや不安を感じ、中年層が読むとご近所いじめや伴侶の態度についての感想があり、様々な世代に受け入れられるテーマなのだなと思いました。
→私は若い世代の書き方をしています。若い世代のそういう感想はよく遭遇しましたが、中高年のそういう感想にはあまりめぐり合わなかったですね。おっしゃるとおり、老若男女に受け入れられるテーマなのかもしれません。

この本を読んだあとは、前向きになれるのでそういう点ではでは良かったかなと思います。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『フリーター、家を買う。』 有川浩 (Roko's Favorite Things)
フリーター、家を買う。posted with amazlet at 09.12.
本 「フリーター、家を買う。」 (はらやんの映画徒然草)
不景気がやっと底打ちしたと言われていますが、企業の求人についてはまだまだ厳しいと
フリーター、家を買う。 嵐の二宮和也くんでドラマ化されますね (ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ )
フリーター、家を買う。  感想☆☆☆ 有川浩 幻冬舎
『フリーター、家を買う。』/有川浩 ◎ (蒼のほとりで書に溺れ。)
実を言うと本作『フリーター、家を買う。』は、日経のサイトでWEB連載されていたときに読んでいたので、再読である。 だけど・・・!やっぱり水無月・R大絶賛!読んだら即萌え!萌えの女神降臨!{%キラキラwebry%}の有川浩さんである。スンバラシイ。軽い気持ちで読み...
有川浩『フリーター、家を買う。』 (日々のつぶやき)
これ秋に連続ドラマ化されるそうです。 「武誠治は大学卒業後入社した会社が合わないと3ヶ月で退職してしまう。親の心配をよそに何とかなるさと思っていたが世間の風は冷たかった。 就職活動も徐々に身が入らなくなりバイトも見つけては辞めるの繰り返し。自堕落なフ
フリーター、家を買う。(有川浩) (Bookworm)
日経ネット丸の内officeにて2007年7月~12月にかけてweb連載されたもの。その時の感想はこちらです。紙媒体じゃなかったので別ブログにUPしております。この時は、サラリと書いただけだと思ってたけど、改めて読み返すと結構きっちりグダグダ書いてるの...
フリーター 家を買う【本】 (つれづれ帳)
有川 浩(著)
『フリーター、家を買う』 有川 浩 〔著〕 (たいむのひとりごと)
今度の物語はベタ甘路線からは若干外れて激重なお話。これまでの作品もすべてが”隠れ社会派”な作品だったが、この『フリーター、家を買う』では、”他人から見れば瑣末なこと、でも当人にとっては重大問題(あるい
働くこと (笑う学生の生活)
小説「フリーター、家を買う。」を読みました。 著者は 有川 浩 ちょっと、惹かれる題名で読みましたが まさに、フリーターから再就職して成長していく話 鬱病、家族事情、近所いじめ、就職問題・・・ けっこう重い内容を扱っています...
フリーター、家を買う。  有川浩 (青子の本棚)
フリーター、家を買う。/有川 浩 ¥1,470 Amazon.co.jp 二流大学を卒業し、やっと決まった就職先を3ヶ月で退職した武誠治は、コンビにでバイトをする25歳。そのバイトも、ちょっとウザいと感じるとすぐ辞めるを繰り返すフリーター生活。当然、就職活動にも...
「フリーター、家を買う。」有川浩 (心に残る本)
有川浩の「フリーター、家を買う。」を読みました。 主人公の武誠治は、そこそこの私大を卒業して、そこそこの会社に就職したけれども、何かの宗教みたいな新人研修についていけずに、入社3カ月で辞表を提...
「フリーター,家を買う。」 有川浩 (日だまりで読書)
「どうせ予約でいっぱいだろう」とたかをくくって予約した図書館本。 意外と早く順番が回ってきました。 あらら。まだテレビドラマも終わってないのに(^^;) ★★★★☆ 「母さん死ぬな―」へなちょこ25歳が...