日々これバタバタ

いまや気楽な夫婦2人暮らし。食い気に走る毎日。好きなものアレコレ。読書、ガーデニング、観劇、美術館巡りに京都。

カジュアルフレンチを幟町で@BOUCHUN MATSUNAGA

2017-05-19 | そとごはん

広島ブログ

先週日曜日、トランクマーケットに寄ってから、さてランチはどこで??と、幟町のカジュアルフレンチの「Bouchun MATUNAGA(ブション マツナガ)」へ。


外からは、予想できないほど、案外に大バコでした。 シェフ、フロアともに各お一人ずつ。  
最初に季節野菜のポタージュ。
説明がうまく聞き取れず「※☆彡●んのポタージュ」と聞こえ・・・『チキ??』『キッチ???』と『んがつく単語を言い募るも・・・・『な・わけないでしょっ。野菜でしょっ』とnakkaちゃんに却下されつつ。食べてもわからんおバカ舌。コーンでもないし??カボチャでもないし???

正解は『新人参』でした。『新人参かぁ~、確かに!!』と謎が解けた。し・ん・に・ん・じ・ん・は『ん』が3つもあったから、『ん』ばっかり耳に残ったのね。
 
前菜は、自家製 アンチョビポテトサラダ。隠れているけど、スモークサーモンも2~3枚のっかってました。

メインは2種類のうち、1品をチョイス。こちらはnakkaちゃんチョイスの若鶏のポワレとラタティュ。
前菜と野菜がかぶっているが、ただいまサニーレタス祭りなのかも。
   
私のオーダーは、魚料理。サワラのグリル 野菜のスープ仕立て。
ポワレ(蒸し焼き)とグリル(網焼き)の違いはあれど・・・2種類のメイン料理のビジュアルはよく似ているけれど、ちゃんと料理をしつつカジュアルなビストロ料理です。

『本日のデザートは自家製プリン』とのことでしたが・・・・このあと、ケーキを食べに行く気満々だったので、デザートは無しに。
ここだけの話しですが・・・nakkaちゃんが言うには、『本日のデザートは・・・』とはいうものの、プリンじゃなかったことが無いそうです(爆)

〆にはコーヒーか、紅茶がつきます。
デザート食べなくても、そこそこボリューミー。お味、量、雰囲気含めて、1500円でこのランチが食べれるなら、とってもお得。コスパはとても良いです。

Bouchun(ブション)って店名、わりとよく目にするけど、おフランス語で「コルク栓」という意味なんだって。
じゃ、店名にちなんで、いつかは、ここでワイン開けなくちゃ。


広島ブログ

『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨夜の空気と今朝の空気 | トップ | 2年ぶりのドカ弁なり »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ナッカ)
2017-05-19 13:30:04
ポアレとグリルの違い、解明して下さったんですね。
「どっちも焼いとるのに、なにが違うんじゃろうね」とお店では言い合いましたが(笑)
違いがわかってスッキリしました。

夜も気になるお店ですよね。
次回は、夜2軒目とかで利用してみましょうね(^-^)
Unknown (shippo)
2017-05-19 13:50:55
広島の飲食店の多さに、今更ながら驚いています。
itatchiさん、あんなにあちこちたくさん行ってるのに、お店がかぶっていないような気がするよ。

先週のお休みは、例の6人で神戸~姫路城までプチ旅行に行ってきました。
新幹線・・・あと少しで広島だったのにね~。

広島は必ずまた行ってみたい場所です。
ナッカちゃんへ (itatchi)
2017-05-19 22:36:29
お店では、まあどっちも加熱したものよね、ぐらいの大まかさでしたけど・・・・これでスッキリしましたね。

思っていた以上に広いお店でした。
でも、なんでエントランス付近にお客さまを集めてたんだろうね(笑)

ディナーコースも、かなりリーズナブルでしたよ。
次回は、こちらでコルク栓抜きましょう。
あの広さなら、周囲のお客様に気兼ねせず、イナゴ会でも使えそう。
shippoさんへ (itatchi)
2017-05-19 22:43:35
地方都市ながら、100万人市民がいるんですよね。
たしかに、飲食店はわりと多いかも。
私は、いろんなお店に行ってみたい探検・探索派なんです。

姫路まで、南下してこられてたんですか。
姫路までといっても、郡上からだと、それでも、ずいぶん遠くまで、足を延ばされましたね。

広島は、宮島も次々新しいお店がオープンしてます。
ぜひ、また訪ねてくださいね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL