鉄道写真とコンパクトデジタルカメラ・一眼レフデジカメ・ミラーレス一眼の「勝手に鉄道写真館」

主にコンパクトデジカメ(コンデジ)でデジカメ鉄道写真研究家の板井岳太が撮影(一眼も使用)した鉄道写真等を掲載しています。

関門海峡

2008年09月28日 18時15分13秒 | 九州

撮影日:2008/1/2
撮影場所:壇ノ浦古戦場 ※撮影ポイントを地図で表示

北海道と本州はトンネル、四国と本州は橋で結ばれていますが、九州と本州は橋とトンネルの両方で結ばれています。写真は関門橋ですが、渡ったことはありません。



撮影日:2008/1/2
撮影場所:関門人道トンネル ※撮影ポイントを地図で表示

関門橋の下には国道のトンネルがありますが、人道トンネルもあります。



撮影日:2008/1/2
撮影場所:和布刈神社付近 ※撮影ポイントを地図で表示

人道トンネルを渡った九州側です。こうして見ると、関門海峡はとても狭いことがわかります。



撮影日:2008/1/2
撮影場所:古城山第二展望台 ※撮影ポイントを地図で表示

関門橋の九州側は古城山に取り付いています。この古城山からは関門橋をほぼ正面に捉えることができます。

鉄道写真とコンパクトデジタルカメラの「勝手に鉄道写真館」トップページへ戻る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北九州の鉄道

2008年09月21日 12時04分13秒 | 九州

撮影日:2008/1/2
撮影場所:筑豊電気鉄道 熊西-萩原 ※撮影ポイントを地図で表示

筑豊電鉄は黒崎駅付近でJRに沿って線路がありますが、ここは西鉄線の廃線跡みたいです。写真の3000形やその他の路面電車型の車両を使用していますが、併用軌道ではありません。



撮影日:2008/1/2
撮影場所:北九州高速鉄道 小倉駅 ※撮影ポイントを地図で表示

北九州モノレールですが、小倉駅の駅ビルの中から発車するのが特徴です。



撮影日:2008/1/2
撮影場所:小倉駅 ※撮影ポイントを地図で表示

全国的の国鉄型特急車両が少なくなってきています。九州では以前はまさに「485系王国」でしたが、今では相当少なくなりました。わずかに残っている485系も色は塗り替えられており、国鉄色の485系を見かけることはありません。写真は特急「にちりん」ですが、車体には「霧島」と「日向」の文字があります。



撮影日:2008/1/2
撮影場所:小倉駅 ※撮影ポイントを地図で表示

787系の車体には「有明」の表示がありますが特急「きらめき」です。「きらめき」という特急列車は以前北陸本線でスーパー特急として走っていましたが、ここでは博多-小倉間の特急として走っています。この特急「きらめき」はこの787系以外の車両も使用されており、「きらめき」専用の車両はありません。

博多-小倉間の特急需要は多いらしく、この区間だけの新幹線利用客も多いようです。この「きらめき」はそういった需要を新幹線から奪うためにJR九州が走らせたものだと思われます(新幹線は博多-小倉間もJR西日本)。

鉄道写真とコンパクトデジタルカメラの「勝手に鉄道写真館」トップページへ戻る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山口県

2008年09月13日 15時57分20秒 | 山陽

撮影日:2007/11/23
撮影場所:新山口駅 ※撮影ポイントを地図で表示

山口県はJR直流電車の最西端となりますが、117系はこの最西端の地でも走っています。ただし、前面の種別表示は使われていないようです。



撮影日:2007/11/23
撮影場所:璃光寺香山公園 ※撮影ポイントを地図で表示

山口県の観光地といえば、下関や秋吉台が思い浮かびます。一方、県庁所在地の山口市にはこれといった観光施設は思い浮かびません。そのため、山口県庁や山口市役所の最寄り駅となる山口駅のある山口線は新山口-山口でさえ電化されていません。



撮影日:2007/11/23
撮影場所:長門峡 ※撮影ポイントを地図で表示

長門峡は数少ない山口線沿線の観光地の一つです。観光シーズンには近くの道の駅長門峡の駐車場は満車となり、国道9号線に渋滞が発生することがあります。近くには山口線の長門峡駅がありますが、運転本数が少ないため不便です。

鉄道写真とコンパクトデジタルカメラの「勝手に鉄道写真館」トップページへ戻る
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加