国境の南/south of the border

ysaÿe design officeの いえ 音楽 旅

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おおたか静流 Sugar Land

2008-05-13 23:46:56 | 沖縄関連

おおたか静流
Sugar Land
国内盤 CD
発売日: 2006/08/06
レーベル: B4 Records
組枚数: 1
規格品番: BUKIMI-4142


なんと一年半ぶりの沖縄の話題。
独立して設計事務所を運営して、なにかと慌ただしく過ごしていたのですが、やはり沖縄のことは忘れられず、ずっと頭の片隅にありました。
なあんちゃって、ずっと三線も弾いてますよ。
そいで・・・、今日何気なく入ったCDショップで、何気なく手にとって、何気なく買ってしまったCDがこれ。
おおたか静流さんの「Sugar Land」
波照間島に惚れ込んだおおたかさんが、あの「パナヌファ」ですべての曲を録音したというメイドイン波照間なCDです。
しらなかった。
しかも収録されている自作の2曲は、あの「久高島」の滞在中に「突然、聞いたこともないような詩とメロディーが降りてきた(本人談)」という神憑りな曲。
おおたかさんが久高島と波照間島に行ってたなんて、しらなかった。

きっと久高島の「あの」宿に泊まって夢を見て、波照間島の「パナヌファ」のあの寡黙なご主人さんと奥さんと、語らいながら音を紡いでいったんだろうなあ。と、その光景が想像できてしまう。
なんてすばらしい。
久高島と波照間島だなんて、他人事とは思えない。

1.てぃんさぐぬ花
  使い古された感がある曲ですが、おおたかさんの意訳がすばらしいので、衝撃を受けました。こういう音を待っていました。
2.月ぬ美しゃ
  八重山の夜です。夜のパナヌファにはヤモリが「ゲッコー」と鳴いています。
3.パティロマ
  おおたか静流さんによる新しい「島唄」
  スタンダードになってもいいくらいの、いい曲。
4.えんどうの花
  波照間島の子供たちと歌った、かわいらしいうた。日差しが感じられる曲です。
5.島々美しゃ
  パナヌファのCDに雰囲気が似ていると思ったら、クレジットに奥さんの波照間良美さんの名が。
  コーラスと三線で参加なさっています(全曲、三線は波照間良美さんでした)。
6.Mother Nature
  いちばん「おおたか静流」らしい曲。ワールドワイドな「ビットンヘベヘベ」
  うつくしすぎる。
7.あらし
  これも、おおたか静流さんによる新しい「島唄」
  できた途端に古典の仲間入り。
8.安里屋ゆんた
  1曲目の「てぃんさぐぬ花」といい、ある意味、直球勝負なんだけど「そう来るか」というアプローチがいい。
  奇をてらうわけでもなく、装飾過多ではない、必然的な帰結。こんな「安里屋ゆんた」なら聴ける。
9.デギヤッチョン
  件の久高島で、宙から降ってきた1曲。
  「これは神さまが踊る歌」らしい。
10.イチビチ
  “いちびち=行ってみよう”“あかるぎみ=明るいほうへ”という意味ではないかと。(本人談)
  これも久高島の曲。原始の神歌(ティルル)のようで神々しい。
11.ソラ フカ ク
  こちらは波照間島で作った歌。波照間の風景がよみがえります。
  あの空、あの海、あの道・・・。

なんと、おおたか静流さんは東京出身で沖縄のシンガーではなかった。
「花」が有名で沖縄オムニバスCDにいつも入っているので、てっきりウチナンチュかと思っていました。
しらなかった・・・。

久高島の記事はこちら
波照間島の記事はこちら
おおたか静流の「Sugar Land」特設ホームページはこちら

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

映画「南太平洋」

2008-04-24 16:38:28 | リゾート音楽


南太平洋~South Pacific
サウンド・トラック
LSO-1032
RCA VICTER

実は、新築したお客さんからレコードプレーヤーをもらいました。
マイクロ精機の「DQ-304」というヤツ。マイクロクォーツダイレクトアナログプレーヤーとあります。
いやぁ、懐かしい。
レコードスプレーをして、クリーナーでサッと拭く。ターンテーブルに乗っけて、針を下ろす。
この一連の動作が懐かしすぎて、涙が出そう。
CDと比べて音が出るまでの手順が多いこと、多いこと。
オーディオ・テクニカからカートリッジの針も交換しました。
するとやっぱり、音が良くなったような。
というより、CDよりも断然音がいい。
どうしてでしょう?

今では大分パルコの地下にある「バックトリップ・レコード」という中古レコード店に、通っています。
そこで見つけた掘り出し中の掘り出し物。
映画「南太平洋~South Pacific」のサウンド・トラック盤。
RCA VICTERのロゴマークに「LIVING STREO」という文字が躍っています。
南の島のBGMに欠かせない有名な「バリ・ハイ」やCMでよく使われる「ハッピー・トーク」といった佳曲が並んでいます。
ええなぁ。
しばらくは中古レコード探しがやめられません。こんないいソフトを放っておくなんて、もったいない。

ちなみに僕は中古レコードは、中性洗剤と細かい歯ブラシで一回洗います。
すると、こんなクラシカルなレコードでも澄んだ音になって、よみがえります。
しかし貴重なレコードですから、扱いはくれぐれも慎重に。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日常派

2008-02-29 09:14:18 | 日記
特別よりも、普通。
イベントよりも、ただの毎日。
モニュメントよりも、家。
祝祭よりも、寝て暮らす。
非日常よりも、日常。
鑑賞よりも、BGM。
・・・か、せいぜいサントラ。
宇宙開発よりも、煮物の研究。
百年の文化よりも、飼い犬の寝顔。

透明ってのは、都合がいい言葉だと思う。
あり得ないのにね。

こんな時は、パンを焼きたい。
レンガで造った窯。
魔女の宅急便に出てくるヤツ。
地上にひとつの窯を。
私に薪のオーブンを。

と、今日は散文調でいってみました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャレード~ヘンリー・マンシーニ

2008-02-22 21:28:29 | ボサ・ノヴァ


Charade

Original Soundtrack

Henry Mancini

Label: RCA
Date Recorded: 1963
LSP-2755

中古アナログレコードを手に入れました。
オードリー・ヘップバーン主演のシャレード(サントラ)です。
ところはパリ!映画はグラント!音楽はマンシーニ!
というへんなコピーがたいへんほほえましい、マンシーニの傑作です。
ビクターの犬のマークが懐かしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

I様邸オープンハウス

2008-02-18 11:38:05 | 記事


2月9日10日、I様邸のオープンハウスを開催しました。
とても大分市とは思えないほどの寒さの中、たくさんの方々にご来場いただきましてありがとうございます。
そしてなにより、オープンハウスをこころよく承諾してくださったオーナー様には、誠に感謝しております。



これはリビングの吹抜け。
上に見えるのは子供部屋の窓です。家族の気配を感じることができます。






床は杉の無垢板です。ぜひ素足で。

イザイ デザイン オフィスのホームページでもアップしていきますので、ご覧になってください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ移転そして、再開

2008-02-15 01:36:55 | Weblog


イザイ デザイン オフィスのmusic ブログがこちらへ移転しました。
音楽以外のカテゴリーも用意していますので、ごゆっくりお楽しみください。
計画中の物件やオープンハウスの話題など随時、アップしていく予定です。

そして、そして、そして・・・!。
これまで「南回帰線」というタイトルで、ほぼ一年の間、放置していた当ウェブログですが、ご覧のとおり「国境の南」と改め再開することになりました。
仕事の話題、音楽の話題、そして沖縄の話題とカテゴリーは多岐に亘りますが、またお付き合いください。

写真はもうすぐオープンハウスで公開されるI様邸の吹き抜け部分です。
まだ養生が貼ってあります。
オープンハウスの様子もアップしますので、ご期待ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥の歌~ホワイトハウス・コンサート / カザルス

2007-04-04 09:42:17 | ワールドミュージック


鳥の歌~ホワイトハウス・コンサート / カザルス

国内盤 CD
発売日: 2004/11/17
レーベル: ソニー・クラシカル
組枚数: 1
規格品番: SICC-322

パブロ・カザルスが時の大統領ジョン・F・ケネディの招待によりホワイトハウスで行ったCDを聴いています。
祖国スペインの独裁政権に反対し、生涯、平和を訴え続けたカザルスが、ヒューマニストとして知られた大統領への敬意で実現した演奏会です。

「カタロニアの小鳥たちは、青い空に飛び上がるとピース(平和)、ピースと鳴くのです」
とは、カザルスの国連でのスピーチ。

ジャケットにはケネディとひとり置いて、ジャックリーンも写っています。
「人間性が、今日ほど重大な状況に直面したことは、いまだかつてありません。・・・」
と受諾の手紙をケネディ宛に送ったカザルス。
このあと、1962年にキューバ危機が、1964年にトンキン湾事件が起こる世界情勢。
そのような世情で行われたホワイトハウス・コンサートは一般のクラシック・コンサートと趣がまったく違います。
メンデルスゾーン、クープラン、シューマンと演目が続いた後、最後はカザルスの望郷の歌「鳥の歌」で締めくくられています。

どこぞの元総理大臣はプレスリーの記念写真を写していましたが、このころのカザルスやケネディと比べるとなんともおちゃらけた態度ではありませんか。

と、一介のウェブログにこんなことを書かれるのも自己責任ですね。

余談ですが、バッハ作曲の無伴奏チェロ組曲を「発見」したのはパブロ・カザルスとのこと。
このCDの解説を読むまで、知らなかった。

【曲目】
1) メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番ニ短調 Op.49
2) F.クープラン/バズレール編:演奏会用小品
 [前奏曲/シシリエンヌ/ラッパ/嘆き/悪魔の歌]
3) シューマン:アダージョとアレグロ変イ長調 Op.70
4) 鳥の歌(カタルーニャ民謡/カザルス編)
【演奏】
パブロ・カザルス(チェロ)、ミエチスラフ・ホルショフスキ(ピアノ)
1)アレグザンダー・シュナイダー(ヴァイオリン)
【録音】
1961年11月13日 ホワイト・ハウス,ワシントンD.C.(ライヴ)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ま、」「所謂」禁止令

2007-04-03 13:03:48 | 社会科
今日は日本語について。
最近はたと気がついて冷や汗が出たのですが、読書の時間よりもインターネットでテキストを読む時間が長いような気がしてます。
げ。
それで、それが人生にとって有用な時間かというと、そうでもない。
床屋談義に付き合っているという感じ。
旅や沖縄や音楽の話なら、大好きなので楽しく読めるのですが、社会や時事について書かれたウェブログなどを拝見すると、目頭が熱くなるというか、頭が痛くなることが多いのです。
とても貴重で学術的見地から分析なさっているブログもあるのですが(こちらは頭が下がります。ネットですから原稿料のないボランティアということですよね)、いかにも素人さんが「気に食わねえから」という動機で書いたとしか思えない記事を目にすると、やはり、お金を出して本を読んだほうがよかった、と後悔します。

どんな内容かといいますと、大体が暴言が多く、飛躍が多い。
そして「ま、」とか「所謂」が文中に入っている。

使用例
>ま、いわゆる・・・ということですね。

それで読者が何かを発見したとか、結論がわかったとかは一切ない。
世の中の流れや仕組みや成り立ちは難解で複雑で、とても一口では語りきれない場合が多いのに、それを「ま、いわゆる・・・」という言葉で強引に封じ込めて悦に浸っている。
自分以外は全部バカ、という本音がうっすら見えて気色悪い。
プロのライターなら決して書かない文書です。

あ、それと「こんにちわ」じゃなく「こんにちは」でしょ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

で、で、できた!

2007-03-27 11:40:32 | 日記
イザイ デザイン オフィスのホームページが、Mozilla Firefoxでも表示できました。
原因はなんのことはない、CSSの記述で「{ 」がひとつ余計についていました。
こ、こんなこったろうと思ってたよ(汗)。
でも、このことに気づくのに一週間以上もかかったなんて・・・。

ひとつわかったことは、Mozilla Firefoxはものすごく厳密にスタイルシートを定義しているのだなあ、ということ。
だからちょっとの書き間違いでも許してくれない(表示されない)のでしょう。

IEくらいのいい加減さが、時として必要なのだぞ。Mozillaくん。
生真面目もほどほどにしたらどうかね。
・・・と、弱音を吐いてみたくもなりますよ。

というわけで、イザイ デザイン オフィスのホームページはコチラです。
http://www.oct-net.ne.jp/~kenta/
もちろん、リンクフリーです。
Mozilla firefoxでどんどん開いてみてください。
あ、ちょっと表示が崩れているところもありますけど、そのうち良くします(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホームページ更新

2007-03-17 10:55:23 | 日記

イザイ デザイン オフィスのホームページを更新しました。
というか、ほとんど新しく作り直しました。
以前のは勢いだけで作ってしまい、「アラ」が目立ってましたので(笑)。

デザイン上の留意点は、
社名タイトル、ロゴの統一。
シックなブラウン系でまとめる。
ということでしょうか。

内容も大幅に加筆し、画像とテキストを混在させながら、より見やすい工夫をしました。
住宅の新築・リフォームをお考えの方にすこしでもお役に立てれば、と思っています。

HTMLとCSSにも慣れてきたなぁ、と思っていたのですが、ここんとこブラウザごとの動作確認に手間取ってしまいます。
ていうか、Mozilla系のブラウザでは現在でも正常に表示されません(涙)。
CSSを完全に読み込めないらしく、どうしていいのかさっぱり・・・。
IEでは正常に見られるのですが、どなたかこのオッサンに教えてください。

イザイ デザイン オフィスのホームページはコチラです。
http://www.oct-net.ne.jp/~kenta/
もちろん、リンクフリーです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加