Italicスマイル

山・海・川・自転車・・・
外遊びの記録

しまなみ海道サイクリングロード 2017.6.12

2017年06月15日 | 自転車2016~

日曜日の9:30に家を出て、できるだけ一般道を使って尾道へ。
夕方の渋滞時間は大阪-姫路だけ高速を使って21:00に到着した。
スタート地点の駅前は車中泊できるところがない。
千光寺公園で車中泊。野良犬が多いこと以外、車中泊には申し分ない。

翌朝、目を覚ますとサイクルステーション前に移動した。

610 向島との連絡フェリーを待つとすぐに来た。

乗船して料金¥
110を支払うと対岸へ。いよいよ始まりです。
サイクリングロードは青いラインが目印のようだ。

向島は海沿いの道でいい景色。始まったばかりなのに撮影タイムが多い。



所々に水溜りがあるので昨日は雨が降ったようです。
ひとつ目の橋が見えてテンション上げ上げ。

橋を渡るには橋まで専用道路で登り上げるようだ。

700 因島大橋。車道の下に自転車のコースがあるのはこの橋だけでした。
時々通る自動車の音にビクビク。

因島に渡るとこれまたいい景色。

740 生口橋。



生口島の造船所では大きなタンカーを造船中。
お次の橋は遠目にも立派だ。
海を見ると川のように流れが見える。これは初めて見た。
流れが速すぎてエディー(反復流)までできている。写真では分からないだろうなぁ。

830 多々羅大橋。

大三島に渡るとすぐに道の駅「多々羅しまなみ公園」
サイクリストの聖地の碑があった。

一風変わったオブジェがあります。

よくよく見るとサイクルスタンドでした
(^^

小腹が空いたので店を覗いてみるとレモンなどの柑橘類ばかり。がっかりして先に進みましょう。

910 大三島橋。グレーの色合いが周囲の自然とマッチしてる。

伯方島でコンビニを発見。おやつにカップヌードルを食べたら落ち着いた。

950 伯方・大島大橋。

村上海賊の本拠地である大島に辿り着いた。
博物館や潮流体験を楽しみにしていたのだが、残念ながら月曜日休み
(-_-;)下調べが不足していた。
ここまで来ると海がとっても綺麗です。

1050 来島海峡大橋。これは立派な橋だ。

ここまで来ると今治からレンタサイクルの観光客が多い。
車で来るとしまなみ海道もただの高速道路だからサイクリングで橋を見るのは絶対おすすめ!
橋を渡ると今治市。ここで目標を達成したのだが青いラインはまだ続いている。
最後はサイクルステーションでもあるのかとそのまま進むと突然青いラインが無くなった。

1125 今治駅。ここが終点(起点?)のようです。

いい時間なので昼食にしようと駅の定食屋に入って鯛めしを注文したら美味かった。

1200 今治駅を出発。折り返しだ。帰りは休憩しながら帰ろう。

1245 道の駅「よしうみいきいき館」

デザートには島特産の檸檬プリン。

1400 道の駅「伯方S・Cパーク・マリンオアシスはかた」

綺麗な砂浜でした。

伯方の塩ソフトクリームとレモンな生姜サイダー。


1725 尾道に到着。

 

サイクルステーションにはシャワールームがありさっぱりした。明日は京都の木津川で遊ぶ予定。川近くの道の駅まで頑張るぞ!!!

しまなみ海道サイクリングロード

ジャンル:
アウトドア
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2泊3日旅のハイライト | トップ | 木津川ダウンリバー 2017.6.13 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
しまなみ海道 (kimu_23)
2017-06-15 11:15:58
itahayaさん こんにちは

休みもあと1日
一回行くとまた休みですが(^_^*)

しまなみ海道くるまで通った事が有りまた行きたい所です。
自転車だとゆっくり景色見れていいですね(^o^)/

やっぱ2泊3日くらいないとゆっくり出来ないですねー!
Re:しまなみ海道 (itahaya)
2017-06-15 22:03:50
こんばんは。
しまなみ海道は本当に自転車オススメです(^◇^)
今回は風のように往復しましたが、本当はゆっくりしたいところです。次回のお楽しみが増えました。

一週間のお休みは今日で終わり。振り返れば無駄にした日など1日もなく充実した日々でした。

今週の乗鞍はがんばってくださいね。

我が家は子供達が父の日で何やら企んでいる様子。
こんな日には出かけられませんね。

コメントを投稿

自転車2016~」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。