◆新刊の案内◆『悪の地政学』と『悪の戦争経済』でわかった日本人が背負う《世界大戦》重大リスク

2016年02月09日 01時55分38秒 | お知らせ
『悪の地政学』と『悪の戦争経済』でわかった 日本人が背負う《世界大戦》重大リスク この恐怖のシナリオの狭間でどう生き残るのかNIPPON
クリエーター情報なし
ヒカルランド


『悪の地政学』と『悪の戦争経済』でわかった
日本人が背負う《世界大戦》重大リスク

この恐怖のシナリオの狭間でどう生き残るのかNIPPON

著者:板垣 英憲
四六判ソフトカバー 価格:1750円+税
☆2016年3月中旬全国発売予定☆
ISBN:9784864713603
《世界第三次大戦》へのカウントダウンはすでに始まっている。

もはや知らないでは済まされない...この本で、世界を読み解け!
中国習近平、ロシアプーチン、イスラエルネタニヤフ、北朝鮮金正恩、イランvsサウジアラビア、スンニ派vsシーア派、イスラム国、タリバンなどなど世界各国水面下の複雑怪奇な動向を丸ごと活写するジャーナリスト板垣英憲のベスト集大成!

◎ 日本人だけが忘れている?今も昔も国家間の外交はすべて「陰謀」である
◎ 止まらない中国の「間接侵略」――その狙いは「大陸国家=陸軍国家」から「海洋国家=海軍国家」に発展拡大、中国を中心とした世界経済圏を確立すること!
◎ 安倍政権は、かつて米国の策謀にまんまと乗せられ(タフト国務長官&桂太郎首相密約)日韓併合に踏み切り中国との戦端を開いた歴史的な愚を忘れ、仮想敵国《第1位=中国》《第2位=北朝鮮》で舵を切ってしまった!
◎ 安倍晋三首相・オバマ大統領を操っていたのは、イスラエルのネタニヤフ首相⁉︎――イスラエルは日本と米国の財力・兵力を利用して、宿敵イランを倒し、イスラエル拡張を目論んでいる!?
◎ 大激動のアジアにおける4つの戦争――「イスラエルvsイランの核戦争」「パキスタンvsインドの核戦争」「インドvs中国の核戦争」「朝鮮半島の核戦争」――この背後で交錯する各国の思惑とは?
◎ 2000年に発表された「アーミテージ・ナイ・レポート」は15年後の今日のアジアの戦争に向かう事態をすでに予見していた!
◎ イスラム国=ISILをひそかにつくり、支援してきた米CIAも、もはやお手上げの中東情勢。さらに、ISILインドが勢力を拡大すると→インド分裂→核戦争に発展。第三次世界大戦勃発の日もいよいよ間近に迫る?
◎ いま日本は、「第三次世界大戦」か、「400年戦争のない平和な時代」の二者択一を迫られている
◎ 「大陸国家=陸軍国家」は、「海洋国家=海軍国家」に成り得るか?という壮大な実験が太平洋を舞台に繰り広げられている。
◎ しかしそれは「地政学の鉄則」に背いた「悪の地政学」であり、これに翻弄された世界は、今まさに第三次世界大戦へ突入しようとしている。
◎ これからの世界情勢はどう動いていくのか?日本は、憲法改正によって戦争の道を歩むのか、あるいは平和な時代を守り続けるのか?――日本国民は今、その際どい岐路に立たされている。
◎ イスラエルへ武器輸出の《安倍政権=世界大戦》を止められる政治家は、意外かもしれないが小沢一郎だけである!

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
「中国・ロシアVS米国の代理戦争」朝鮮戦争は、まだ休戦中、北朝鮮を非難するだけでは何も解決せず

◆〔特別情報1〕
 「大日本帝国陸軍中野学校のスパイ・畑中理らが建国した第2の日本」北朝鮮(金正恩第1書記=元帥)は2月7日午前9時31分ごろ、北西部の東倉里(トンチャンリ)から「人工衛星の打ち上げ」と称して南方向へ長距離ロケットを発射、国営・朝鮮中央テレビは同日正午(日本時間午後0時半)、「地球観測衛星の軌道進入を完全に成功させた」と「特別重大報道」を放送、旧正月の8日には、「国威発揚」を祝ったという。これに対して、国連安全保障理事会は7日、強く非難する声明を発表、核弾頭付大陸間弾道ミサイルを保有している米国はじめ、米軍を駐留させている韓国や日本は、一斉に批判、経済制裁強化を決めた。だが、国連安保理や米国、韓国、日本などは、朝鮮休戦協定調印(1953年7月27日)から63年7か月を経て、朝鮮戦争が「休戦状態」にあるだけで、依然としてまだ「終結していない」ことを忘れて、北朝鮮を一方的に非難し続けているだけでは、何の解決にもならないことを自覚していない。一体、どうすれば正しい解決が得られるのか?

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


「まぐまぐ」からのご購読は下記からお申し込み頂けます。


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ


第8回 世界戦争史に学ぶ「現代兵学研究会」
「三国志」に学ぶ〜孫子を活かして魏王となった曹操の戦法
《日本人シュメール起源説》「天孫人種六千年史の研究」(愛媛県大三島神社
神官・三島淳雄著)〜第4回 日本の神社名をシュメール語で読み解く
日時2016年2月27日(土)16時30分〜20時30分




第51回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成28年3月12日 (土)
週刊文春が政界スクープを連発!
安倍晋三首相の下でいま、何が起きているのか」
〜「1党多弱」自民党政治の深層を探る


◆板垣英憲の著書のご案内◆
知ったら戦慄する 嘘だらけ世界経済 今この世界を動かしてる《超》秘密
クリエーター情報なし
ヒカルランド


※参考:「別冊宝島」に板垣英憲の記事が掲載されております。
孫子の戦略 〜実例でわかる「戦い」に勝つための法則 (別冊宝島 2372)
クリエーター情報なし
宝島社


2度目の55年体制の衝撃! あのジャパンハンドラーズが「小沢一郎総理大臣誕生」を自民党に対日要求! 日本国の《新生となるか、終焉となるか》ついに来た《存亡大選択の時》 (超☆はらはら)
クリエーター情報なし
ヒカルランド


ゴールドマン?ファミリーズ?グループが認める唯一の承認者(フラッグシップ) 吉備太秦(きびのうずまさ)が語る「世界を動かす本当の金融のしくみ」 地球経済は36桁の天文学的数字《日本の金銀財宝》を担保に回っていた
板垣 英憲
ヒカルランド


地球連邦政府樹立へのカウントダウン! 縄文八咫烏(じょうもんやたがらす)直系! 吉備太秦(きびのうずまさ)と世界のロイヤルファミリーはこう動く 人類9割が死滅! 第三次世界大戦は阻止できるか?! (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


中国4分割と韓国消滅 ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ ロスチャイルドの世界覇権奪還で日本のはこうなる(超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


**********板垣英憲の講演録DVD販売********
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
1月開催の「第49回 板垣英憲『情報局』勉強会」
2016年の国際情勢と日本を占う
〜安倍晋三首相の命運と日本の政治経済の行方(平成28年1月11日小石川「涵徳亭」)


12月開催の『現代兵学研究会』
第6回 現代兵学研究会「現代戦争の本質、資源エネルギー争奪戦争史」
〜どうなる石炭・石油・天然ガス・ウラン争奪戦争の行方
《日本人シュメール起源説》「天孫人種六千年史の研究」を解読する
(愛媛県大三島神社神官・三島淳雄著)〜天皇家・日本民族のルーツから今を知る(平成27年12月27日)


その他過去の勉強会もご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】

村上世彰「私の挑戦」
クリエーター情報なし
あさ出版



『村上世彰「私の挑戦」』(2005年12月14日刊)

目次

第1章 ニッポン放送・フジテレビ株買収劇の「陰の軍師」

「ユダヤ商法」の伝統を見事に応用する村上世彰


 一方、マネーゲームを生業とする村上世彰は、「市場の歪み」と「認識のズレ」に食いつくニューリーダーたちの動きを抜け目なく察知して、攻め手であるニューリーダーの企業と攻められ守勢にに立つ古い企業の両方の銘柄に資金を注ぎ込み、「M&A合戦」に参戦し、「巨利」を得ようとする。まるで英国とフランスの戦争中、両方の国の国債を買い人儲けし、「ロスチャイルド財閥」の基礎を築いた「ユダヤ商法」の伝統を見事に応用してみせもする。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。


『鳩山家の使命 民主党・鳩山由紀夫の夢と構想』(2008年10月29日刊)

『TPPの本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか』(2013年9月25日刊)
『高杉晋作が経営者だったら』(2008年3月25日刊)
『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)
『小泉・安倍 VS 菅・小沢 国盗り戦争』(2003年10月25日刊)
『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊)
『目を覚ませ!財界人』(1995年9月25日刊)
『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日(1998年4月5日刊)
『誠』の経営学〜『新撰組』の精神と行動の美学をビジネスに生かす
『忠臣蔵』が語る組織の勝つ成果Q&A
『風林火山』兵法に学ぶ経営学〜人は石垣、人は城
『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』
『人生の達人〜心に残る名言・遺訓・格言』(2000年6月11日刊)
『細川家の大陰謀〜六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊(2000年6月11日刊)
『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』(2010年1月20日)
『内務省が復活する日』(1995年10月25日刊)
『情報流出のカラクリと管理術』(2003年3月10日刊)
『利権はこうしてつくられる』(1991年3月25日刊)
「『族』の研究〜政・官・財を牛耳る政界実力者集団の群像」(1987年3月9日刊)
『愛する者へ遺した最期のことば』(1995年6月10日刊)
『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)
『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』(1999年7月8日刊)
『大蔵・日銀と闇将軍〜疑惑の全貌を暴く』(1995年5月26日刊)
『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』(2001年6月15日刊 板垣英憲著)
『戦国自民党50年史-権力闘争史』(2005年12月刊 板垣英憲著)
『小沢一郎 七人の敵』(1996年2月6日)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊 同文書院刊)
『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日)
『ブッシュの陰謀〜対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日)
『民主党政変 政界大再編』(2010年5月6日)
『国際金融資本の罠に嵌った日本』(1999年6月25日刊)
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』(2006年11月刊)
「孫の二乗の法則〜ソフトバンク孫正義の成功哲学」(2007年7月刊)

板垣英憲マスコミ事務所

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第51回◆板垣英憲「情報局」勉... | トップ | 安全保障法、沖縄米軍基地、アベ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。