野田佳彦首相は、忍法「分身の術」で出現、忍術の国・日本の政治は「回転ドア」ではなく「回転寿司」だ

2011年08月31日 19時17分16秒 | 政治
◆ここのところ、日本の首相が5代にわたり、わずか1年前後の短命政権に終わり、また新たに誕生した野田佳彦首相が、やはり短命に終わりそうな不安定要素を抱えていることから、「回転ドア政治」ヤユされている。これに対して、日本のマスメディアは、「日本の恥じた「不名誉なことだ」「国際的にとの国からも信用されない」「国益を損なっている」などと同調している。だが、日本のマスメディアは、無責任である。世論調査を頻繁に行い、まるで微積分でも行っているかのように小刻みに「内閣支持率」をはじき出し、「支持率30%を下回ると内閣は危険水域に入る」などと政権交代か衆院解散・総選挙かを大々的に煽り立ててきているのだ。マッチ・ポンプの最たるものである。
◆NYタイムズが 「民主党政権になって、日本は回転ドアのように首相が交代する国になった」と報道した。だが、この報道は、正確ではない。「民主党政権になって」というのが間違いである。「回転ドアのように首相が交代する国」というのは、自民党の安倍晋三首相のときから始まっており、福田康夫首相、麻生太郎首相、民主党の鳩山由紀夫首相、菅直人首相、そして今回の野田佳彦首相へと6代続いてきた。それも、安倍晋三首相~菅直人首相の5人は、ほぼ1年刻みだった。野田佳彦首相も、来年9月の代表選までの「1年限り」短命政権に終わってしまうのか。これは、いまのところわからない。
 NHKニュースWEBが8月31日午前7時11分「米報道官 首相交代に苦笑を釈明」という見出しで、以下のように配信した。
 「アメリカ国務省の報道官が日本の総理大臣が交代するたびに似たようなコメントを読み上げていることを指摘され、笑いをこらえきれなくなった問題で、この報道官は「日本の政治手続きには敬意を払っている」と述べ、釈明しました。この問題は、国務省で29日に行われた記者会見の中で、ヌーランド報道官が記者の1人に、日本の総理大臣が交代するたびに似たようなコメントを読み上げていることについて、『いつも同じことを言うから抗議しなければ』と冗談を言われた際に、笑いをこらえられなくなったものです。これについて、ヌーランド報道官は、30日の記者会見で『記者の発言を聞いて笑ってしまった。タイミングが悪かったことは残念だ』と述べました。そのうえで、ヌーランド報道官は、記者団が『アメリカは日本の政治が不安定なことをおかしく思っているのか』と質問したのに対し、『絶対にそんなことはない。日本の政治手続きには敬意を払っている』と釈明しました」
◆しかし、冷静に見れば、日本の政治は、「回転ドア政治」というよりは、ぐるぐる回ってくる「回転寿司政治」と言った方が、正確だろう。次々に新しい首相の出現を促しているのは、首相を直接選べない国民有権者である。これが、内閣支持率という形で示される。国民の代表を通じて国政を行う「間接民主制」を採用しているので、与野党のせめぎあいによって、首相の交代、すなわち政変が起きやすいのだが、実は、これは「議院内閣制」の宿命である。米国の大統領のように1期4年、2期までという制度とは、根本的に違うところだ。
 マスメディアのなかには、朝日新聞のようにこの点を批判しているものもあり、4年間は政権を安定できると大統領制度を理想的に受け止めている。けれども、4年間のうちに国民有権者が大統領を引きずり降ろそうとしても、容易に降ろせないという欠点もある。それは、戦争に踏み切った場合に、鮮明に現れる。
 これに対して、日本の議院内閣制の場合は、内閣支持率の側面から、首相の失政を取り上げて、間接的に退陣を迫るという手法を取ることが可能である。つまり、小刻みに、「民意」を反映させることができるということだ。これだけ世の中の変動が激しい時代では、国民の間の利害が複雑になり、これを調整するには、長期政権が続くのは、好ましくない。一見不安定に見えても、頻繁に利害調整することができれば、国民有権者が、政権に対して「倦む」という閉塞状態は、より解消されやすい。この点で、日本の政治は、極めて民主的に運用されているとも言える。ただし、大きな問題は、官僚制度に巣食う病弊であり、官僚たちの志の低さである。私利私欲を追う組織集団に堕落しているのは、目に余り、許されない。
◆さて、「回転ドア政治」と言おうが「回転寿司政治」と言おうが、どちらでも良いのだが、首相がクルクルとめまぐるしく変わる日本の政治は、米国はじめ諸外国からみると、つかみどころのない政治であると迷惑がつているのは、よく分かるけれども、一国の民主政治は、他国の利害、や他国の国益のために日本の政治があるわけではない。日本の場合は、日本国と国民の利益や福祉のためにあることを忘れてはならない。
 そうすると、日本国憲法により武力行使を禁じられている平和国家・日本としては、クルクルと首相が変わることは、かえって、日本の国益を守るために、有効に働いている面がある。
 それは、忍術の1つである「分身の術」(錯覚を起こさせる術=素早起こさい体捌き等で、相手に自分が複数人いるかの様に見せる。本当に自分自身が複数人に増える術、「影分身」と呼称されることもある)が、それである。
 経済不調で財政ピンチの米国は、日本に対して、好き勝手にいつでも「米国債を買ってくれ」と強い圧力をかけてくる。それも「数十兆円規模」である。買っても、結局は、ただの紙切れにされてしまうのである。挙句の果てに、菅直人首相に「米国債の債務を免除する文書にサインし、記者会見して世界に発信せよ」と脅迫的に要求してきた。これが出来ないがために、退陣を決意したという。
 日本自体を忍者にたとえれば、まさしく、「分身の術」を使い、菅直人首相を野田佳彦首相に変えることにより、米国に錯覚を起こさせている。「またゼロから交渉か」とうんざりしているのである。沖縄普天間飛行場移設問題でも同様なのだ。 
 そもそも首相がコロコロ変わることを、ことさら恥じ入ることはない。
 かつて細川護煕元首相が「権不十年」という本を出した。権力は十年で腐敗するという意味だ。18年前のことである。
 この18年の間にインタネートは普及し、世界はさらにスピード化してきている。権力の腐敗に10年もからない。権力者だけが、変わらず何年も権力の座にいることのほうがスピード化に遅れているのだ。
 1年ごとに首相が変わるということは、権力の新陳代謝が常に行われ、日新なりという。
わが国はその昔、江戸幕府は「藩替え」というシステムにより、腐敗を防止した。そのシステムは、時代は変わった今も、大手企業や官僚の「転勤」というシステムに活かされている。腐敗や癒着を防止する、我が国特有のシステムなのだ。しかも日本人は初物好き。言い換えれば、常に変革・改革を求める国民性でもあるのだ。
 政治の世界もしかり。首相が変わりやすいということは、常に政治が再生されている証拠である。民主主義国家の正しい姿といってもよい。決して恥じ入ることではない。むしろ誇りに思ってもいいくらいだと言いたい。

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
小沢一郎元代表は、オバマ政権の意向を受けて、「前原誠司前外相切り」と「野田佳彦首相を誕生」作戦を巧妙に実施した

◆〔特別情報①〕
 小沢一郎元代表に近い筋の情報によると、野田佳彦首相の誕生に小沢一郎元代表が深く関与していたという。この経緯を整理しておこう。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

メルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


■有料メルマガ 購読開始月を選択できるようになりました

ご好評いただいているメルマガ版「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」ですが、この度、読者さんがメルマガ定期購読の際に、購読開始月を選択できるようになりました。
http://foomii.com/topic/7

購読方法は、ご希望のメールマガジン詳細ページで、「購読手続きへ進む」をクリック後、「購読開始月」で「来月(20XX年XX月)から」を選択いただくと、翌月月初の最新号から購読することができます。

メルマガの購読申込はこちらからお願いします。


板垣英憲の過去著書より連載しております↓
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊



もくじ

3章 社会党が"野合連合"をした裏にあった台所事情
―官房機密費の蜜の味を求めた社会党―
財政難の社会党がついに官房機密費を掌握する

 自民党、新党さきがけとの連合により、村山富市が第八十一代、五十二人目の首相となった。まさに青天の霹靂のような出来事であった。村山連合政権の官房長官に、社会党の五十嵐広三が、抜擢された。五十嵐広三は大正十五年三月十五日、旭川市生まれで、旭川商校を卒業し、三十八歳のとき旭川市長に当選。市長を三期務めた。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

四王天延孝陸軍中将の名著「猶太(ユダヤ)思想及運動」 No.130

第三章 ロシヤ革命と猶太

前回からの続き

前記の佛國大使パレオローグ氏はユダヤ問題に就ては其手記三巻を通じて、是々非々主義で行つて居る様であるが、自分の駐在國であるロシアの波蘭方面ユダヤの惨状に蹴ては千九百十五年三月三十日の手記に次の様に書いてゐる。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

メルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


板垣英憲マスコミ事務所
にほんブログ村 政治ブログへ
ブログランキング

新刊本が増刷(4刷)となりました。全国一般書店にて好評発売中!



「孫の二乗の法則 孫正義の成功哲学」(PHP文庫)
板垣英憲著
(←amazonへジャンプします)

ソフトバンクを3兆円企業に育て上げた稀代の起業家・孫正義。その成功の原動力となったのが、自らの人生・経営哲学を「25文字」の漢字に集約した「孫の二乗の法則」である。これを片時も忘れないことで、孫は幾多の苦難を乗り越えてきた。では、私たちが自分の仕事や人生に活用するにはどうすればいいか。その秘訣を本書では伝授する。「孫の二乗の法則」を本格的に解説した唯一の書、待望の文庫化!(本書カバーより)
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小沢一郎元代表が「負けて勝... | トップ | 小沢一郎元代表は野田佳彦首... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
テレビ局が警戒を呼びかけている台風12号 (愛信)
2011-09-01 13:57:54
テレビ局が警戒を呼びかけている台風12号

http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/latest/animation/WMV/last-120h.wmv
こんな大きな目(気圧が高い)をした渦巻きは
台風と呼ぶのはどうかな。
熱帯性低気圧だね
天気予報や台風情報まで捏造する売国反日テレビ局・マスコミ
【リアルタイム台風情報 】より転載
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/

【天気・地震の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/tnk/tnk.cgi
【天気・地震の掲示板】最新版タイトル一覧はこちらをクリックして下さい。
【神発言】流石!津川さん【爽快感】 (愛信)
2011-09-01 19:43:09
【神発言】流石!津川さん【爽快感】
http://www.youtube.com/watch?v=4ZAaYWN6emA&nofeather=True
(動画)

 反日売国テレビ局・マスコミがこの動画を削除しないところを見ると、報道関係者にも国民を
洗脳する偽造・隠蔽・捏造報道に罪の意識を持つ人が増えてきたようだ。  
反日売国テレビ局・マスコミの広告宣伝費は広告主が自社の商品製品を宣伝するのが目的では
なくテレビ局・マスコミを支配管理するためです。 従ってテレビ局の宣伝する商品やサービスを
使わない事も反対運動に効果的ですが、しかしそれ以上に効果が有るのはテレビ局の偏向報
道姿勢に抗議、批判をすることです。 広告主の意図を挫くことになります。 
テレビ局には視聴者の他には助けてくれる者は無い事を自覚させることです。
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ps:
大阪のフジテレビデモは18日
【緊急!】大阪のフジテレビデモについて【拡散】|Jellyの~日本のタブー~ 
http://ameblo.jp/ryobalo/entry-11001183568.html
日本人よ早く目を覚ませ (通りすがり)
2011-09-01 23:41:36
野田佳彦首相と自民党の谷垣総裁は、財務省の操り人形で大増税を目論んでいる(デフレで増税をしたら景気は更に悪化する小学生でも解る、財務省よ日本の資産を公表しろ、企業なら(B/S)資産と負債を公表するのが当たり前だ)‥また、両者の共通点は親中国で中国共産党には、絶対に逆らえない?‥一般国民にとって、最悪なのは、外交:防衛:経済:世界情勢(中東情勢:アメリカの支配者であるユダヤ人の情勢)の知識が全く無い野田佳彦氏を首相に選んだ事である。‥来年は間違い無く、日本滅亡の入口に立つ事になる、まさに、中国共産党の手先である、朝日を筆頭とする左翼マスコミが描いたシナリオ通りに、日本は滅亡の道を突き進んでいる‥このままであれば、更に大きな天罰が下る‥先の大戦で戦死された方々は、日本防衛とアジアの植民地解放の為であり、日本が中国の属国になる為では無い、靖国の英霊に敬意を祓わない、民主党を日本の神々は絶対に許さないだろう‥日本に次々と国難が到来しているのは、民主党政権では日本民族が滅亡するとの神々の警告である。☆☆日本人よ早く目を覚ませ‥早く解散に追い込み、保守の政治を取り戻せ☆☆

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ザ・悪徳ペンタゴン解剖計画!!~顔の見えない官僚こそが最大の癌細胞 (B層よ!今こそ覚醒せよ!)
悪徳ペンダゴンの定義として『政・官・財・電・米の5者の癒着による、国民資産の収奪』というものが叫ばれてから久しいが、その中でも、殆ど顔が見えない圧力団体とされているのが、官(官僚)と電(電通傘下の大手マスゴミ・メディア)である。