野田佳彦首相がヤケッパチの「自爆解散」宣言、「怒り」と「いきどおり」で決行、民主党滅亡へ

2012年11月15日 01時18分26秒 | 政治
◆「11月16日、衆院解散、12月4日公示・16日投開票」が決まった。野田佳彦首相が、党首討論(14日)で自民党の安倍晋三総裁に「16日に衆院を解散する」と明言 したことから一気に日程が確定した。「国民との約束を裏切り、消費税増税法成立を強行し、信用を失墜して、追い込まれた挙句の果て」にヤケッパチになっての事実上の「自爆解散」の宣言である。
 近隣外交上も、これほど平和友好関係を滅茶苦茶にした総理大臣はいない。韓国の李明博大統領を欺き、中国の胡錦涛国家主席のメンツを丸潰れにし、ロシアのプーチン大統領から敬遠され、米国のオバマ大統領には、粗略に扱われ、加えて言えば、北朝鮮の金正恩第一書記(元帥)には、相手にされていない。これでは、外交は成り立たない。
◆「こんなリーダーにはついて行けない」と民主党は、崩壊が急速に進んでおり、そのなかで「野田降ろし」が始まっていた。「野田佳彦首相では選挙に勝てない」と憂慮し、「選挙に勝てる顔」として「細野志豪志政調会長」を擁立しようとする動きが、かなり進んでいた。この意味では、野田佳彦首相の下で選挙戦を戦うのでは、当然、苦戦を覚悟しなくてはならない。
 しかし、野田佳彦首相は、総選挙後の「自公民連立政権」への食い込みに期待をかけているとも言われている。この場合、自民・公明両党で過半数に届かないことが予想されている状況下、民主党が惨敗するにしても、最悪40~最大80を確保できれば、3党連立政権を樹立できると計算しているのだ。もちろん、取らぬ狸の皮算用ともなりかねないので、甘い考えが、許されないのは、言うまでもない。
◆野田佳彦首相は、民主党所属の衆院議員247人(このうち3人が離党届を提出済み)のうち、160人前後の落選を覚悟していると言われている。はっきり言えば、「見殺し」にするということだ。自分に刃向かい、背く者は、容赦なく切って捨てる非情さを剥き出しにした。
 野田佳彦首相は、極めて感情的になっている。それは、輿石東幹事長が、小沢一郎代表に向けて「消費税増税では、意見が違ったが、その他の点では、異なっていない。同志であり、仲間だから、もう一度一緒にやっていけると思う」と盛んに秋波を送り続けてきた。鳩山由紀夫元首相を介して、「仙谷由人、前原誠司、枝野幸男の3人は排除するから、元通り一緒にやろう」と小沢一郎代表率いる「国民の生活が第一」との連立政権樹立を申し込んでいた。小沢一郎代表は、当初、これを一切取り合わない態度を取り続けていた。だが、その後、2人は緊密に連絡を取り合っていた。一方で、財務省が野田佳彦首相を「見限り、切り捨てた」という情報も流れていた。
 この動きを知った野田佳彦首相は、大きなショックを受けたという。裏切られたと感じた野田佳彦首相は、政治の師匠である細川護熙元首相(日本新党創立者)に相談し、指南を受けた。それは、
「追い込まれて逃げ、みじめな姿で退陣するようなことをしてはならない。能動的にやりなさい」
 というものだったという。要するに、常に主導権を握って難局に当たれという指南である。これは、「孫子の兵法」で有名な古代中国の武将・孫武が残した「必勝の極意」の1つである。
 「善く戦う者は、人を致して人に致されず」({虚実篇第6})
 致すとは、主導権を握るということである。だが、孫武は、こうも説いている。
 「算多きは勝ち、算少なきは勝たず」(「始計篇第1」)
算とは、勝算のことである。
「主は怒りを以て師を興すべからず、将は、いきどおりを以て戦いを致すべからず」(「火攻篇第12」) 
どうも、野田佳彦首相は、「怒り」と「いきどおり」によって、衆院解散・総選挙を決行しようとしている感がある。

※Yahoo!ニュース個人


BLOGOS

にほんブログ村 政治ブログへ

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
小沢一郎代表と鈴木宗男代表が、民主党衆院議員の「引き抜き作戦」を展開、離党決意組が35人から75人に急増の勢い

◆〔特別情報①〕
 小沢一郎代表のごく近い筋からの情報によると、「第3極」の選挙区調整を進めている小沢一郎代表のところに、「民主党を離党したい」と駆け込んでくる現職衆院議員が、増えているという。民主党内には、離党決意組が35人いると言われて、11月13日には、このうち、20人が「離党する」と伝えてきていた。その先陣を切って抜けてきた小沢鋭仁元環境相(鳩山由紀夫元首相の側近)が、日本維新の会に入党し、山梨1区から立候補することが決まっているという。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からはのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

携帯電話から有料ブログへのご登録
http://blog.kuruten.jp/mobile.php/top

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓



第12回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成24年12月8日(土) 
『どうなる衆院解散・総選挙とその後』
~争点は、消費税、原発、TPP


【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】新連載を始めました。



『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日ジャパミックス刊)
※この本は「小沢一郎ウェブサイト」の「著書・関連書籍 小沢一郎について書かれたもの」に紹介されています。

目次

第3章 すべては「小沢調査会」からはじまつた二つの政策の実現に向けて ④

「湾岸戦争の教訓」で自衛隊を派遣


 そうした経緯を物語るように、提言は、「湾岸戦争の教訓」との項目を設けて、問題点を指摘しているのである。

つづきはこちら→→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からはのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日サンガ刊)
『ブッシュの陰謀~対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日 共栄書房刊)
『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日 ごま書房刊
『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」2007年7月刊

板垣英憲マスコミ事務所
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石原慎太郎前都知事が、新党... | トップ | 小沢一郎代表は、習近平国家... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自由は努力して手に入れるもの (通りすがり)
2012-11-15 11:21:42
財務省がコントロールしている、民主党、自民党、公明党を勝たせる為、中央集権反対、増税反対の勢力が整う前に選挙をして、財務省の傀儡政権を作る為の解散である。結局、日本は形だけの民主主義で、貴族院が支配する国である。マスコミは、本来、民衆の為に存在してこそ意味があるが、日本のマスコミは、左翼思想に染まり、反日売国報道に明け暮れて、今では、中国と韓国政府の言いなりである。来年から中国の習近平が本格的に、日米安保破棄を目指して動き始めるだろうが、その手先となるのが、NHK、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞である。左翼マスコミを裏でコントロールしているのが、中国である事を平和ボケの日本人は全く気づいていない。民主党、自民党の一部、公明党の国会議員は、中国と裏で繋がっているので、憲法改正は不可能で、日本は何れ中国の植民地になる。中国は2050年までに日本を植民地にすべく動いている。アメリカ経済がこのまま弱体化したら日米安保破棄は現実化する。日本の国会議員で日米安保破棄が現実化すると思っている議員は一人もいない、日米安保が永遠に続くと思っているようで、平和ボケの極みである。日本人が、アメリカの核に守られ、自由を満喫出来るのは、後数年である、中国の植民地に成れば、日本人も自由の有り難さに気づくであろうが、その時は手遅れである!
TPP参加問題、民主党から大量離党者など】安倍晋三総裁(2012.11.15) (愛信)
2012-11-15 17:38:05
TPP参加問題、民主党から大量離党者など】安倍晋三総裁(2012.11.15)

安倍総裁「民主党が選挙目当てのみで、理念や政策をもとに、出来上がっていない政党だという証拠」
野田総理が解散を公言したものの、民主党から大量の離党者が続出していることについて。
http://youtu.be/-ONfXcGvU5o
(動画)

安倍晋三総裁のぶら下がりです、売国テレビ局・マスコミの偽造報道捏造報道に騙されないように、
生の声、ニュースの真相を自分の耳で確認しましょう。

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

TPP全参加国が狙っているのは日本市場 (愛信)
2012-11-15 21:22:48
TPP全参加国が狙っているのは日本市場

http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2271.html

TPP問題はアメリカの財政が行き詰まり貿易黒字を増やさなければならない。この為に環太平洋経済圏を
作りそこに、アメリカの再生を目的とした様々な新しい機構や新しい制度を導入するものである。 
通貨統合問題では欧州で試されたユーロ(通貨)経済圏が崩壊したために、経済防衛の為に環太平洋
地域に政治経済連合体を作ろうとしている。日本は関税率が高かろうと低かろうと関係ないので、EUに
英国が参加しなかったように、日本はTPPには参加しないほうがいい。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

TPP全参加国が狙っているのは日本市場 (愛信)
2012-11-16 02:10:15
TPP全参加国が狙っているのは日本市場
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2271.html

関連情報】
小野寺五典が語る!誰も知らない「TPP」 12/01/21
http://youtu.be/eXz_8cqpl_4
(動画)

TPP問題はアメリカの財政が行き詰まり深刻化する失業問題に対して雇用を増やして、貿易黒字を増やさ
なければならない。 通貨統合問題では欧州で試されたユーロ(通貨)経済圏が崩壊したために、 所謂多国籍
企業が経済防衛の為に環太平洋地域に自分達が支配出来る政治経済連合体を作ろうとしている。
それは、アメリカ経済の再生の為の様々な新しい機構や新しい制度を作るものである。日本は関税率が
高かろうと低かろうと実態は関係ないので、破綻した欧州連合(EU)に英国が関与しなかったように、
日本は環太平洋連合(TPP)には参加しないほうがいい。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
2012衆議院解散 (格闘する21世紀アポリア)
 あまりにも長かった。  とうとうと言うか、やっとのことであの野田佳彦が衆議院を解散する決断を下した。  明日、衆議院は解散する。  これは同時に民主党の消滅をも意味する。野田佳彦を始めとする民主の残党はどこともしれぬ保守政党もどきに吸収されるのだろう。...