中国軍の元少将が「日本を火の海にする」と公言、その前に人民大衆に粛清(処刑)されるのが関の山だ。

2014年01月25日 05時13分24秒 | 政治
◆「ソウルを火の海にする」という脅し文句は、北朝鮮のオハコとも言える「常套句」であった。ところが、中国共産党人民解放軍と関係の深いシンクタンクに所属の元少将が、「日本を火の海にする」と公言して憚らないという。「日本を火の海にする」とは、「日本をミサイル攻撃して火の海にする」という意味のようだ。
 共同通信が1月22日午後5時6分、「中国ミサイルで日本は火の海に 開戦すれば、と元少将」という見出しをつけて、以下のように配信した。
 「【北京共同】中国軍と関係が深いシンクタンク、中国軍事科学学会の羅援副秘書長(元少将)は22日、中国のニュースサイト『吉和網』などで『中国と日本が開戦すれば、中国のミサイルで日本は火の海になる』と語った。羅氏は『中国は国土も広く、戦争での持久力は比較的強いが日本はそうではない』と述べ『中国は余裕で日本に勝てる』と言明した。また同サイトが『人民解放軍の千発のミサイルが日本に照準を合わせた』との情報があると伝えたことに関連し、羅氏は『中国はミサイルでの優勢を利用し、日本を抑え付けるべきだ』と強調した」
 羅援副秘書長(元少将)は、「少々どころか、相当の軍事オタク」のように見受けられる。中国共産党人民解放軍が、日本列島をミサイル攻撃すれば、一体どういうことになるか、想像力が欠けている。日本の陸海空3自衛隊が反撃、あるいは、先制攻撃するということではない。ミサイル攻撃したその瞬間から、日中両国の経済通商関係が、ストップ、麻痺し、とくに貧富の格差がひどい中国経済が大混乱に陥り、日本攻撃どころか、中国全土の人民が、北京政府・地方政府を対象に、テロ、暴動から内乱を引き起こし、さらに人民解放軍の7大軍区・3大艦隊が、同士討ち戦争をする可能性が大である。つまり、日本列島に向けているミサイルが、身内どうしに向けて発射されるということだ。
◆もっと間が抜けているのは、世界支配層(主要ファミリー)が、「中国4分割・連邦制」に向けて、すでに中国共産党1党独裁北京政府を崩壊させようと作戦を展開中であるということを、軍事オタクの羅援副秘書長(元少将)は、知らなさすぎる。
 国家が滅ぶのは、戦争が原因になることもあれば、社会諸矛盾が原因になることもある。ソ連東欧共産主義国が誕生したときは、100年や200年は、この体制が続くと思われてきた。だから、バルト3国(バルト海沿岸のエストニア、ラトビア、リトアニアの3つの国)が1944年から1945年にかけてソ連に占領されたときは、その強大な軍事力の故に、バルト3国が独立を回復するのは、絶望視されたものだ。
 ところが、豈はからんや、1980年代後半、ソ連国内でペレストロイカが進展すると独立回復運動が高まり、1990年3月11日に独立を宣言したリトアニア共和国では1991年1月にソ連軍との衝突で死者が発生したものの、その屍を乗り越えて、「ソ連8月クーデター」後の8月20日にそろって再独立を実現し、同年12月のソ連崩壊へとつながった。ソ連支配は46年~47年で終わったのである。独立後は、概ね3国が共同歩調を合わせ、親米・親西欧の経済・外交政策を展開、2004年3月29日には、3国そろって北大西洋条約機構(NATO)へ加盟した。同年5月1日には、やはり3国そろって欧州連合(EU)への加盟を成し遂げている。
◆ソ連が1991年12月に崩壊して22年になるけれど、共産主義国はいまや、地球上の遺物、あるいは、シーラカンスのような存在である。自由と民主主義を求める人間の本性(欲望)を押さえつけて、一握りの「前衛=フロント」と呼ばれるエリート集団が、大衆を指導して、計画経済により国家運営するということ自体、根本的に無理がある。決して長続きするはずはない。
 この歴然たる事実を証明しているのが、中国共産党1党独裁北京政府である。共産主義体制に資本主義体制の基本である「市場原理」を導入しているのであるから、両立するのは困難である。平等社会である共産主義国家でありながら、一握りの「前衛=フロント」と呼ばれるエリート集団である「北京政府・地方政府の高級官僚(共産党員)」が、汚職に励み、賄賂で得た巨万の富を蓄財し、これをマカオの賭博場で、マネーロンダリング(資金洗浄)して、香港にある英国の金融機関HSBCを通じて海外へ運び出す。さらには、英領バージン諸島など国家の手が及ばないタックスへブン(租税回避地)に移して、資産管理や運用により、雪だるま式に巨利を得ているのである。
 こんな愛国心のカケラもない中国共産党の指導者たちが、圧倒的な数の人民大衆から、断罪されないはずはなく、近い将来、「血」による償いを負わされる時が必ずくる。羅援副秘書長(元少将)のように、「日本を火の海にする」などとたわごとを喚いている暇はないのである。「日本を火の海にする」前に、人民大衆に粛清(処刑)されるのが、関の山だ。

※Yahoo!ニュース個人


※blogos


にほんブログ村 政治ブログへ

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
北京政府が、安倍晋三首相の「靖国参拝」を攻撃するのは、「共産軍国・中華帝国」カムフラージュが目的

◆〔特別情報①〕
 共産軍国主義・中華帝国主義国家である中国共産党1党独裁の北京政府(習近平国家主席、李克強首相ら「チャイナ・セブン」)が、大東亜戦争に敗北した「軍国主義・大日本帝国」の亡霊に怯えながら、「戦争永久放棄」明記の平和憲法を守っている日本国(安倍晋三首相)を誹謗中傷し続けている。中国共産党の「お家芸」である「宣伝工作」だ。北京政府は、安倍晋三首相の何に不満を抱き、一体、何を欲しがっているのか。その真の目的とは?

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

※Yahoo!ニュース個人でも「情報局」有料記事の配信をしております。
YahooIDをお持ちの方は簡単に登録できます。ぜひご利用下さい。
お申し込みはこちらから↓


「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓



第26回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成26年2月8日 (土)
「東京都知事選挙と政界再編」
~「細川・小泉・小沢の原発ゼロ・トリオ」による文明史への挑戦!


【お知らせ】
板垣英憲の新刊が発売されました


 板垣英憲の最新著書 「ロスチャイルドの世界派遣奪還で日本の《政治・経済権力機構》はこうなる」(ヒカルランド刊)
  ■NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ―新帝王に小沢一郎が指名され、旧ロックフェラー派は大粛清、しかし日本は消費増税分の大半を上納しなければならない

詳細はこちら→ヒカルランド


 板垣英憲の最新著書 「TPP本当のネライ~あなたはどこまで知っていますか」(共栄書房刊)
 全国書店で発売中 定価(本体1500円+税)
■TPP本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか2013年9月刊
まえがき
第 1 章 TPPとアメリカの食糧支配
第 2 章 TPPの最大のネライは保険だ
第 3 章 TPPで日本医療界への食い込み ―― 国民皆保険制度の崩壊
第 4 章 TPPで雇用はどうなる ―― 解雇自由の法制化
第 5 章 米国「軍産協同体」が防衛省を食い物に ―― 米国の肩代わりをする「国防軍」の建設
第 6 章 米国が日米事前協議で日本政府に強い圧力をかける
第 7 章 日本のTPP参加に向けての経緯
あとがき


**********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売********
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
12月開催の勉強会がDVDになりました。
 「スパイ天国・日本、汚名返上へ」~「日本版NSC」「特定秘密保護法」「集団自衛権行使容認」で日本はどうなるか?

その他過去の勉強会12種類(各定価3000円)をご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】




『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』(2010年1月20日刊)

目次

教訓16 井深大「だれもやらない独創的な技術を開発せよ」②

■「戦時研究会」で盛田昭夫とウマがよく合った
 井深大はその後PCLから日本光音工業に移籍し、日本光音工業の出資で日本測定器を立ち上げ、常務に就任した。昭和一六(一九四一)年一二月八日に太平洋戦争が始まる。日本測定器は昭和一七(一九四二)年、東京・月島の片倉工業の工場を借り、従業員も一〇倍にふくれ上がった。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。


『内務省が復活する日』(1995年10月25日刊)
『情報流出のカラクリと管理術』(2003年3月10日刊)
『利権はこうしてつくられる』(1991年3月25日刊)
「『族』の研究~政・官・財を牛耳る政界実力者集団の群像」(1987年3月9日刊)
『愛する者へ遺した最期のことば』(1995年6月10日刊)
『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)
『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』(1999年7月8日刊)
『大蔵・日銀と闇将軍~疑惑の全貌を暴く』(1995年5月26日刊)
『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』(2001年6月15日刊 板垣英憲著)
『戦国自民党50年史-権力闘争史』(2005年12月刊 板垣英憲著)
『小沢一郎 七人の敵』(1996年2月6日 ジャパンミックス刊)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊 同文書院刊)
『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日サンガ刊)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日ジャパミックス刊)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日サンガ刊)
『ブッシュの陰謀~対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日 共栄書房刊)
『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日 ごま書房刊
『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」2007年7月刊


板垣英憲マスコミ事務所

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界支配層は、朝鮮総連中央... | トップ | 「学者に口封じ」北京政府が... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今回の都知事選 で、もし本当に田母神氏が当選したら (愛信)
2014-01-25 10:08:13
今回の都知事選 で、もし本当に田母神氏が当選したら


東京都知事選挙の勝敗を決するのは、選挙管理委員会
の開票時の不正操作を防止する事です。 反日売国テレ
ビ局・マスコミは捏造報道で都民の関心をそらして最低の
投票率のデマ情報を流します。 田母神票の大量破棄や
抜き取りや別人の得票として集計などのありとあらゆる不
正操作を未然に防止する。 入り口調査は投票の破棄を
封じ込める効果があります。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
舛添の街頭演説を聴いた! 要約すると 韓国と中国と親密な関係を作る。 (愛信)
2014-01-25 19:05:22
舛添の街頭演説を聴いた! 要約すると 韓国と中国と親密な関係を作る。

 このニュースを隠蔽している支那朝鮮に支配されたテレ
ビ局・マスコミは視聴者に対する背任行為を行っている。
 公共の電波を使っているのに創価学会公明党に支配さ
ている報道機関の実態を隠蔽して日本国民を騙している
詐欺行為を行っている。

詳細は
【東京都知事選挙辻立の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/tgs.cgi
犯罪以上の行為に屈するな (大同無罪)
2014-08-11 23:16:32
 安部総理の法制整備で、着実かつピンポイントで北京政府らの捕捉が可能になりつつあるのは偉大な一歩である。これにより北京中華中国政府は発言の無効性を認識せざる終えない。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
東京都知事選 無料キャンペーン 「脱原発2.0」が無料で手に入る (インターネット政党 「ネット des 新党 」 のブログ)
 東京都知事選も候補者がそろい踏みしました。  選挙ポスターも貼られています。  組織戦に長けた陣営は対応が素早いですね。公示が出たと思ったら、あっという間にポスターは貼られます。  これこそが組織の力なのです。特に自民党などは組織戦に一日の長がありま...