ディビッド・ロックフェラーがオーナーだったシティグループの衰退ぶりが著しく、破綻寸前に陥っている

2014年04月01日 02時45分02秒 | 政治
◆米国最大財閥ディビッド・ロックフェラーが2011年秋に失脚して以来、ディビッドがオーナーだった国際金融機関シティグループの衰退ぶりが、著しい。このこと思い知らせる事態が起きた。「米シティグループは、増配と自社株買いによる株主への還元計画について連邦準備制度理事会(FRB)の承認を得られなかった。2008年の政府による救済以降、シティの評判を立て直そうとしてきたマイケル・コーバット最高経営責任者(CEO)にとって大きな打撃となる。FRBは年次の銀行ストレステスト(健全性審査)の一環で、大手行5行の資本計画を却下し、25行の計画を承認した」とウォールストリートジャーナルが3月27日午後3時22分配信したからである。これは、シティグループがついに破綻寸前に陥っていることを物語っている。
◆シティグループは、ジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世(ディビッド・ロックフェラーの甥)が事実上オーナーの国際金融機関ゴールドマンサックス社と双璧を成してきた。米国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが2008年9月15日に、破綻し、世界的金融危機の大きな引き金となった。いわゆる「リーマン・ショック」である。2007年のサブプライムローン(サブプライム住宅ローン危機)問題に端を発して米国バブルが崩壊したのが、原因だ。
 しかし、シティグループが、大損害を被ったのに対して、ゴールドマンサックス社は、事前に「空売り」していたので、巨利を得ていた。
 ディビッド・ロックフェラーは、「リーマン・ショック」が起きる前から、損失を被っていて経営危機に直面していたので、これを回避すべく日本を訪れ、メガバンクや福田康夫首相ばかりか、皇居を訪問して天皇陛下に窮状を訴えていたけれど、救済資金提供のメドが立たず帰国。そして南アフリカのケープタウンに欧米の資産家を集めて、基金設立を図ったものの、これに応ずる資産家が少なく失敗した。その結果、「リーマン・ショック」に見舞われて、シティグループの業績も大きな悪影響を受けた。このため、2008年10月、米連邦政府から250億ドルの公的資金注入を受け、さらに、11月下旬には200億ドルに上る追加の資本注入と3060億ドルもの不良資産の損失の一部肩代わり(290億ドルまでは自己負担でそれ以上は1割の損失負担)の支援を受けて、ピンチを辛うじて免れた。だが、米連邦政府により当面の間は普通株について四半期に1セント以上の配当が禁止された。
 ディビッド・ロックフェラーは、ギリシアなどのCDS付国債を大量に仕入れて、再び大博打に打って出てきた。CDSとは、クレジット・デフォルト・スワップ(Credit default swap)といい、クレジットデリバティブ(信用リスクの移転を目的とするデリバティブ取引)の一種であり、一定の事由の発生時に生じるべき損失額の補填を受ける仕組みだ。これを「大量空売り」して巨利を得た。ところが、これが、ギリシアを国家倒産寸前に陥れたばかりでなく、欧州金融危機から世界金融危機、さらに世界大恐慌を招きかけた。
 このため、欧州最大財閥ロスチャイルドの総帥ジェイコブ・ロスチャイルドの呼びかけで「57か国会議」が開かれ、世界経済を大混乱させた罪でディビッド・ロックフェラーらが2011年秋、処分を受けて、失脚した。
◆この間、ディビッド・ロックフェラーは、米英中心に多国籍軍を編成して世界戦争を策動する「世界新秩序派」の頂点に立ち、「第3次世界大戦」を勃発させようとした。この企てに日本の政治家が引き込まれた。いわゆる「ジャパン・ハンドラーズ」(日本操縦者)に絡め取られたのである。
この毒牙にかかった政治家のなかに、渡辺喜美代表、前原誠司元外相、橋下徹大阪市長、菅直人元首相らが含まれており、「世界政府派」(国連軍中心に世界秩序を維持する)のトップであるジェイコブ・ロスチャイルドやジョン・デビッドソン・ロックフェラー4世に親しい小沢一郎代表を盛んに陥れて、政治生命を奪おうと画策していた。

※Yahoo!ニュース個人


※blogos


にほんブログ村 政治ブログへ

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
「身から出た錆」渡辺喜美代表「8億円借金事件」は、DHCの吉田嘉明会長「政官業癒着大事件」の開幕だ

◆〔特別情報 
 みんなの党の渡辺喜美代表にかかわる「8億円借金事件」が、ついに大政争の様相を呈してきた。渡辺喜美代表の政治資金源である融資元の化粧品・サプリメント製造販売会社「DHC」の吉田嘉明会長の言動が、渡辺喜美代表の失脚から、ひいては「みんなの党の解党」を招きかねない「起爆力」を発揮し始めてきたからである。このことに危機感を抱いているみんなの党最高顧問の江口克彦参院議員が3月31日、渡辺喜美代表に電話をかけて、「代表をいったん辞任すべきだ」と要求したという。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

※Yahoo!ニュース個人でも「情報局」有料記事の配信をしております。
YahooIDをお持ちの方は簡単に登録できます。ぜひご利用下さい。
お申し込みはこちらから↓


「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓




第28回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成26年4月12日 (土)
「中国4分割と朝鮮半島統一」
〜ネオ・マンチュリアと大高句麗建国の行方



 板垣英憲の最新著書 「ロスチャイルドの世界派遣奪還で日本の《政治・経済権力機構》はこうなる」(ヒカルランド刊)
  ■NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ―新帝王に小沢一郎が指名され、旧ロックフェラー派は大粛清、しかし日本は消費増税分の大半を上納しなければならない

詳細はこちら→ヒカルランド


 板垣英憲の最新著書 「TPP本当のネライ〜あなたはどこまで知っていますか」(共栄書房刊)
 全国書店で発売中 定価(本体1500円+税)
■TPP本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか2013年9月刊
まえがき
第 1 章 TPPとアメリカの食糧支配
第 2 章 TPPの最大のネライは保険だ
第 3 章 TPPで日本医療界への食い込み ―― 国民皆保険制度の崩壊
第 4 章 TPPで雇用はどうなる ―― 解雇自由の法制化
第 5 章 米国「軍産協同体」が防衛省を食い物に ―― 米国の肩代わりをする「国防軍」の建設
第 6 章 米国が日米事前協議で日本政府に強い圧力をかける
第 7 章 日本のTPP参加に向けての経緯
あとがき


**********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売********
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
3月開催の勉強会がDVDになりました。
 「世界支配権を掌握した金塊大国・日本の使命と役割」〜世界銀行・エリザベス女王、ジェイコブ・ロスチャイルドの期待
その他過去の勉強会19種類をご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】




『人生の達人〜心に残る名言・遺訓・格言』(2000年6月11日刊)

目次

サムエル・ウルマン
青春の詩


 青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。逞しき意志、優れた想像力、燃ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。苦悶や狐疑や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。年は七〇であろうと、一六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。


『細川家の大陰謀〜六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊(2000年6月11日刊)
『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』(2010年1月20日)
『内務省が復活する日』(1995年10月25日刊)
『情報流出のカラクリと管理術』(2003年3月10日刊)
『利権はこうしてつくられる』(1991年3月25日刊)
「『族』の研究〜政・官・財を牛耳る政界実力者集団の群像」(1987年3月9日刊)
『愛する者へ遺した最期のことば』(1995年6月10日刊)
『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)
『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』(1999年7月8日刊)
『大蔵・日銀と闇将軍〜疑惑の全貌を暴く』(1995年5月26日刊)
『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』(2001年6月15日刊 板垣英憲著)
『戦国自民党50年史-権力闘争史』(2005年12月刊 板垣英憲著)
『小沢一郎 七人の敵』(1996年2月6日)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊 同文書院刊)
『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日)
『ブッシュの陰謀〜対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日)
『民主党政変 政界大再編』(2010年5月6日)
『国際金融資本の罠に嵌った日本』(1999年6月25日刊)
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』(2006年11月刊)
「孫の二乗の法則〜ソフトバンク孫正義の成功哲学」(2007年7月刊)


板垣英憲マスコミ事務所
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ラジオ出演のお知らせ】ベイエ... | トップ | 北朝鮮の宋日昊大使が、「朝鮮総... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本の皆様へ 「服貿」をめぐる争い及び社会運動 今回の (愛信)
2014-04-01 08:53:47
日本の皆様へ 「服貿」をめぐる争い及び社会運動 今回の
国会議場占拠事件 について
2014年3月28日更新
ttp://www.slideshare.net/noexcuse/ss-32581194

(中文字幕)2013.03.17-WBC台湾戦の奇跡_円陣_お辞儀の秘密
台湾立法院(国会)を学生らが占拠 生中継

占拠時間290時間、視聴者数546万人。

 反日売国テレビ局・マスコミに洗脳されている、お花畑で眠
り続けている、平和ボケしている日本人には必見の動画です。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
【服貿風暴】太陽花學運 場外現場直播! | 蘋果日報 | Appledaily (愛信)
2014-04-01 16:21:14
【服貿風暴】太陽花學運 場外現場直播! | 蘋果日報 | Appledaily

http://www.appledaily.com.tw/live/fastnew
(実況動画)

支那と台湾で締結した「サービス貿易協定」に賛成する勢力
の街宣活動です。
  仕事と生存を要求するスローガンを掲げて支那で起きた
反日デモの様相です。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ウクライナ向けガス価格を大幅に引き上げ (愛信)
2014-04-01 22:20:09
ウクライナ向けガス価格を大幅に引き上げ
http://jp.reuters.com/article/jpRussia/idJPTYEA3007F20140401

詳細は
【前航空幕僚長の国防問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の国防問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
なぜディズニーランドは楽しいか (なぜディズニーランドは楽しいか)
2014-04-02 10:46:27
ディズニーランド、東京ドーム等、「楽しい」場所、というのは、高度な仕掛けがしてある。
これは、デービットロックフェラー米軍のところが一番優位な情報を有しており、人々を自由に豊かに統治する鍵である。

仕掛け とは、
素粒子的な仕組みである。
米国産品のソマチッド情報というのは、イエローストーンが古代噴霧装置であり、陽気で自由に統治する古代文明の名残である。これを、デービットロックフェラー界隈ではうまく利用して「楽しい」場所をつくってきた。

例えば、ディズニーランドでは清掃に米国産松原料も使用することにより、ディズニーランド内及び、周辺海域に米国産ソマチッド情報をもたらし、楽しい地帯を形成している。

要は、素粒子戦が展開されている面があり、有用ソマチッド情報を持つ米国産品を使うことが、世の中をよりよ
くしていく、一つの鍵と言える。

その意味では、
デービットロックフェラーの流れをくむ勢力の衰退というのは、過去、古代文明が滅んだ時と同様の経過をたどっていると言える。
素粒子戦で、米軍が野蛮なマルキスト勢力に勝利しなければ、天皇家が弾圧され文明の終焉へとつながる。
デービットロックフェラーのところは高度である (デービットロックフェラーのところは高度である)
2014-04-02 12:36:46
大局、ロックフェラーのところは、その高度さ故に、文革マルキストによる文化大革命対象にされている。

デービットロックフェラーのところは極めて高レベルである。

例えば、
こういった楽曲
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/22385.png
も、緻密に古代文明について表現してある。
志村けん のコントも緻密な構成となっている。

笑っていいとも! も、昼休みに、フリーメーソンへの諸々の連絡があり有意義な番組であったが、マルキストの圧力で潰された。
プリンセスプリンセスというのは皇室の冕冠 (プリンセスプリンセスというのは皇室の冕冠)
2014-04-02 13:55:59
例えば、
プリンセスプリンセスというのは皇室の冕冠。
奥居香で冷たい泉
http://www.youtube.com/watch?v=PZQYIiHgG-I
というのは、馬居沢の奥の顔の部分ということで、
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/22391.png
の等高線700mの小峰を意味する。
諸々の案件を含んだ古代遺跡の情報をロックフェラーから表現したかたちの一端である。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。