安倍晋三首相、下村博文文科相は、「教育再生実行会議」を自らの「利権誘導」に利用するつもりか?

2013年01月12日 03時22分37秒 | 政治
◆「右寄り政治家」である安倍晋三首相が、いよいよその本性を露骨に現してきた。それは、「教育再生実行会議」の委員の顔ぶれが、よく示している。
産経新聞社MSN産経ニュースが1月10日午後9時30分、「教育再生実行会議の委員が内定 座長に鎌田薫・早大総長」という見出しをつけて、以下のように配信した。
 「文部科学省は10日、今月下旬に発足する『教育再生実行会議』の委員15人を内定、発表した。座長には早大総長の鎌田薫氏が就任する予定だ。鎌田氏以外の委員は以下の通り。大竹美喜(アフラック最高顧問)、尾崎正直(高知県知事)、貝ノ瀬滋(東京都三鷹市教育委員会委員長)、加戸守行(前愛媛県知事)、蒲島郁夫(熊本県知事)、川合眞紀(理化学研究所理事)、河野達信(全日本教職員連盟委員長)、佐々木喜一(成基コミュニティグループ代表)、鈴木高弘(専修大付属高校校長)、曽野綾子(作家)、武田美保(スポーツコメンテーター)、佃和夫(三菱重工会長)、八木秀次(高崎経済大教授)、山内昌之(東大名誉教授)−の各氏」
◆ザット見て、言えるのは、東京教育大学の家永三郎教授をめぐる教科書検定訴訟の流れのなかで、自民党文教族の三塚博衆院議員らが1979年ごろ、鳴門教育大学の森本真章教授(金沢工業大学名誉教授)らの協力を得て進めていた「憂うべき教科書」キャンペーン以来の教科書問題について、安倍晋三政権で一挙に決着をつけようという強い意志が感じられることだ。
私は、1979年から2年間、文部記者会(日教組担当も兼務)に所属してから、その後もずっと、教科書問題をウオッチしてきたので、この問題の根深さを痛感している。
 この過程で生まれたのが、「新しい歴史教科書」であった。高崎経済大学の八木秀次教授は、「新しい歴史教科書をつくる会」の元会長である。しかし、全国的に見て、この新しい歴史教科書を採用している自治体・教育委員会は、稀有である。つまり、日本の教育界にほとんど受け入れられていないというのが、現実なのだ。
 これを無視して、安倍晋三首相や下村博文文科相は、どうやって新しい歴史教科書を全国各地で採用されるようにしようとするのであろうか。そんなことをするよりは、むしろ、教科書検定制度を廃止して、どんな教科書でも自由に使えるようにした方がよい。中国ではあるまいし、教科書によって、国民を子どものときから、「思想統制」する時代ではない。
 というのは、「新しい歴史教科書をつくる会」がいくら頑張っても、教科書づくりは、各科目専門の学者とその弟子たちが、まるで「ギルド」のような職人集団を形成しているため、いわゆる余所者が、真似できない仕組みになっているからだ。とくに歴史認識が違えば、まったく違った教科書がつくられる歴史分野では、いわゆる「マルクス思想」にかぶれた学者や弟子たちがつくっているから、厄介である。
 もし、マルクス主義の「発展段階説」に立脚しない新しい歴史教科書をつくろうとするならば、そうした新たな職人集団を養成するしかない。だが、結局、無理だったのである。
◆委員のなかには、日教組退治のプロが含まれている。愛媛県の加戸守行前知事は、日教組対策の大本山と言われてきた「文部省地方課長」を経験しており、官房長から事務次官就任を目前にして、「リクルート疑獄事件」に巻き込まれて退官、知事に転身した。森喜朗元首相(文教族のドン)の子分だ。ハワイ沖で起きた「えひめ丸」事故のとき、愛媛県知事を務めていた。当時は、森喜朗首相だった。事故発生時、ゴルフに興じていたため、顰蹙を買った。
全日本教職員連盟(会員約2万1000人)の河野達信委員長は、日教組(組合員約26万9000人)に対抗している。日教組の組織力は、低下しているけれど、それでも、数の力により太刀打ちできないでいる。
◆また、メンバーには、いかがわしい人物が含まれている。その1人が、アフラックの大竹美喜最高顧問である。下村博文文科相の選挙区内の東京都板橋区の豪邸に住んでいる。早い話が、有権者であり、ひょっとしたらスポンサーの1人である可能性がある。
 成基コミュニティグループの佐々木喜一代表は、学習塾「博文館」経営者出身の下村博文文科相と同類で、学習塾グループの代表である。文科相の事務当局が作成したメンバー候補リストには入っておらず、下村博文文科相が強引に押し込んだのだという。「物心ともに支援」を下村博文文科相に行っている関係だろう。どうも「利害関係」が濃すぎる疑いは拭えない。まさか、学習塾を「6・3・3・4制度」に押し込み、これを「学制改革」というのではあるまい。
 もっと、怪しい人物が、いる。軍需産業大手である三菱重工業の佃和夫会長だ。学校教育と軍需産業との結びつきが。不明である。ただし、政治献金をしてもらうには、絶好の相手だ。安倍晋三首相、下村博文文科相は、「教育再生実行会議」を自らの「利権誘導」に利用するつもりか?「愛国心教育」「国を守る気概教育」に力を入れてこなかった文科省が、いよいよ軍事教育を強化しようということなのであろうか。それならば、防衛省・自衛隊関係者やOB、防衛協会などをはじめ、この人事を歓迎する国民も少なくないに違いない。

※Yahoo!ニュース個人


BLOGOS

にほんブログ村 政治ブログへ

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
北朝鮮は、日本の安倍晋三首相や小泉純一郎元首相、竹中平蔵元総務相らディビッド・ロックフェラーの配下を嫌い、交渉相手にせず

◆〔特別情報 
北朝鮮は、日本の安倍晋三首相や小泉純一郎元首相、竹中平蔵元総務相らをどう見ているのか。フリーメーソン・イルミナティ筋(ニューヨーク・マンハッタン島発)の情報によると、金正恩第一書記(元帥)は、実は、日本の安倍晋三首相や小泉純一郎元首相らを相手にしていないのだという。それは、米国のヒラリー・クリントン国務長官らについても同様だ。いずれも、ディビッド・ロックフェラー(2011秋、失脚。米最大財閥だった)の配下だったからである。ならば、なぜ、相手にしないのか、本当に相手にするのは、果たして、だれなのか?

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からはのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

携帯電話から有料ブログへのご登録
http://blog.kuruten.jp/mobile.php/top

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


**********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売させて頂くことになりました********

板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

現在は、下記4種類(各定価3000円)をご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
『どうなる総選挙とその後の政権枠組み』 〜争点は、原発ゼロ・景気・TPP(2012年12月8日後楽園「涵徳亭」にて)
『米国と核戦争』 〜悪の戦争経済・第3次世界大戦(2012年11月11日後楽園「涵徳亭」にて)
『中国革命前夜〜中国共産党1党独裁北京政府の崩壊』(2012年10月20日後楽園「涵徳亭」にて)
『橋下徹市長を徹底解剖する』〜果たして龍馬か悪魔か(2012年9月15日後楽園「涵徳亭」にて)


【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】



『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊 同文書院刊)
※この本は「小沢一郎ウェブサイト」の「著書・関連書籍 小沢一郎について書かれたもの」に紹介されています。

第5章 責任ある政治を行う

政治家、政党が立法と行政の責任を持つ体制へ

【小沢一郎の政策提一言メモ】
V、責任ある政治を行う
 政治家、政党が立法と行政の責任を持つ体制に改める。政治家、政党は主体的に政策を決定し、その最終責任を負う。

つづきはこちら→→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からはのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。
『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日サンガ刊)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日ジャパミックス刊)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日サンガ刊)
『ブッシュの陰謀〜対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日 共栄書房刊)
『民主党政変 政界大再編』2010年5月6日 ごま書房刊
『国際金融資本の罠に嵌った日本』1999年6月25日刊
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』2006年11月刊
「孫の二乗の法則〜ソフトバンク孫正義の成功哲学」2007年7月刊

板垣英憲マスコミ事務所
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍晋三首相は、各家庭の「お茶... | トップ | 中国北京政府は、小沢一郎元代表... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マリが全土に非常事態宣言 フランスは軍を派遣 (愛信)
2013-01-12 12:48:14
マリが全土に非常事態宣言 フランスは軍を派遣
http://www.cnn.co.jp/world/35026823.html

名目はどうであれ自国民の安全を守るために国軍の派遣は認められる。支那のように相手国を侵略を
目的に騒動を引き起こして人民の解放を叫びウイグル地域やチベットに進軍した例がある。 
日本では尖閣事変が沖縄在住の支那人の安全を守るために沖縄県を独立させて沖縄人民共和国にする
準備が進められている、国旗や憲法草案までも作成している。売国民主党の政権公約が沖縄に1000万人
の移民を受け入れる計画を挙げている。

ps:
沖縄の実態
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1208.html

支那が尖閣・沖縄を侵略する日
http://youtu.be/xYotoai_iLM
(動画)

【その他の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt.cgi
【その他のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
福島集団疎開裁判!福島の小中学生の子供達14人が仙台地裁に裁判を起こした! (愛信)
2013-01-12 20:26:03
福島集団疎開裁判!福島の小中学生の子供達14人が仙台地裁に裁判を起こした!
http://blog.goo.ne.jp/skrnhnsk/e/67ec85e13549911f15fcf0471141eafa

【関連情報】
知ってください!福島集団疎開裁判
http://maarenca.exblog.jp/17111290/

【世界の皆が見守る被災地の掲示板】
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axths/jht/jht0.cgi

子供の発育に危険がある場所で養育する不安を取り除くため福島集団疎開の訴えは勝訴するべきである。 
反日売国民主党政権が放置して来た人々の生存する権利を侵害した犯罪に世界中の皆が応援している、
皆が納得できる判決が下されることを期待しよう。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。