安倍晋三首相は、3点セットの民意を完全無視して独裁的政治を進めて、野田佳彦首相の前車の轍を踏む

2015年08月13日 07時10分10秒 | 政治
◆「民信無くば立たず」(社会は政治への信頼なくして成り立つものではない。孔子が、政治をおこなう上で大切なものとして軍備・食生活・民衆の信頼の三つを挙げ、なかでも重要なのが信頼であると説いた《「論語」顔淵篇より》)という。
 野田佳彦前首相は、民主党マニフェストで「消費税増税は行わない」と公約していたのに、これを破り、2012年12月16日の総選挙で民主党を大敗させた。首相官邸、国会周辺で「大飯原発再稼動反対」を叫ぶ市民の声を「騒音」としか聞こえなかった最低の首相だったことがバレバレとなったのも、致命傷となった。政権から引きずり降ろされて2年8か月になるのに、マスメディア各社の世論調査の結果は、民主党支持率「5%~6%」止まり。民主党内外から「解党して、新党名で出直すしかない」という声が上がり始めている。民意を掴めない独善的政党は、もはや存在している意味も、価値すらもない。
◆野田民主党という「前者の轍」を踏み着実に奈落の底に落ちつつあるのが、安倍晋三首相率いる自民党である。
 いま、安倍晋三首相は、「1党多弱」に浮かれて、「安全保障法制整備関連法案大反対」「全国51原発再稼動大反対」「沖縄米軍普天間飛行場辺野古移設大反対」、この3点セットの民意を完全無視し、マスメディアを弾圧してまでして、独裁的政治を断行しようとしている。マスメディア各社の世論調査の結果、民意は、どれもこれも「大反対」なのに、どんな確信があるのか、「丁寧に説明すれば、理解される」と言い続けている。「多言にして意味不明」、空疎な説明をバカ丁寧にすればするほど、「反対派」が増え続けることを丸っきり理解していないらしい。
余程理解力が弱いのか、家庭教師だった平沢勝栄衆院議員(自民党中央政治大学院学院長、東京17区選出、当選7回、石原派所属=東大法学部卒、デューク大学大学院修了、A.M., Duke University、警察官僚)に定規で頭をパタパタ叩かれた後遺症かも知れない。その恨みからか、平沢勝栄衆院議員は、当選7回にもかかわらず、閣僚ポストには、縁遠い。安倍晋三首相から一度も声がかかってこない。
◆安倍晋三首相は、米国オバマ大統領、バイデン副大統領らからも、愛想を尽かされている。「約束を果たさない」からだ。約束とは、「巨額資金提供」である。
 「ジャパン・ハンドラーズ」(日本操縦者)が、「アーミテージ・ナイ・レポートで、「バードン・シェアリング(費用分担)」「パワー・シェアリング(力の分担)」を日本に勧告・要求してきているのに対して、安倍晋三首相は、「安全保障法制整備関連法案」を国会成立寸前までもってきたので、リチャード・アーミテージ元国務副長官(ブッシュ政権第1期)やハーバード大学のジョセフ・ナイ教授のお褒めに預かっているけれど、喜んでばかりではいられない。オバマ大統領、バイデン副大統領らから「あのカネは、どうなっているのか」とヤイノヤイノとせっつかれている。
だが、安倍晋三首相には、「巨額資金」を捻出して提供できる政治的能力はまったくないので、もはや「自滅」するしかない。安倍晋三首相の「政治的命運」は、風前の灯なのだ。

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
共産党の小池晃副委員長入手の「防衛省統合幕僚監部作成の内部資料」が、安倍晋三政権を揺るがし始めた

◆共産党の小池晃副委員長が8月11日の安全保障法制整備関連法案を審議している参院平和安全法制特別委員会で、自衛隊の運用などを統括する防衛省統合幕僚監部が5月末に作成した内部資料を示して、「法案成立を前提に部隊の編制まで出ている。戦前の軍部の独走と(同じで)、絶対に許せない」と批判し、安倍晋三首相と中谷元防衛相を厳しく追及した。内部資料は、法案成立後の国連平和維持活動(PKO)の実施を中心に自衛隊の運用や訓練の仕方などを説明しており、法案が8月に成立した場合に備えて、準備に取りかかる計画を示している。しかし、内部資料が、共産党の手に渡って、国会審議の場に提示された政治的背景には、防衛省・自衛隊内部で安倍晋三首相と中谷元防衛相に対する根深い深刻な不満がマグマのように渦巻き、「政権を揺るがしそうになっている」ことが窺われる。根深い深刻な不満とは、何か?

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録

「板垣英憲情報局」はメルマガ(有料)での配信もしております。
お申し込みはこちら↓


blogosでも配信しております。お申し込みはこちら↓


「まぐまぐ」からのご購読は下記からお申し込み頂けます。


板垣英憲マスコミ事務所からも配信しております。
お申し込みフォーム

にほんブログ村 政治ブログへ


第2回 現代兵学研究会
「なぜ大日本帝国は、大東亜戦争(日中戦争、太平洋戦争 など複合戦争)に敗北したのか」
日時2015年8月29日(土)   
午後12時~4時
会場 小石川後楽園内「涵徳亭」(別間)




第45回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成27年9月5日 (土)
西暦9月14日=ユダヤ暦5776年9月29日から新年が始まる
「メシア現れ、世界経済崩壊、世界大戦争から新秩序が生まれる」
~日本政界は、安倍晋三首相自滅し、政界大編成、新政権誕生へ


◆新刊のご案内◆
※参考:「別冊宝島」に板垣英憲の記事が掲載されております。
孫子の戦略 ~実例でわかる「戦い」に勝つための法則 (別冊宝島 2372)
クリエーター情報なし
宝島社


2度目の55年体制の衝撃! あのジャパンハンドラーズが「小沢一郎総理大臣誕生」を自民党に対日要求! 日本国の《新生となるか、終焉となるか》ついに来た《存亡大選択の時》 (超☆はらはら)
クリエーター情報なし
ヒカルランド


ゴールドマン?ファミリーズ?グループが認める唯一の承認者(フラッグシップ) 吉備太秦(きびのうずまさ)が語る「世界を動かす本当の金融のしくみ」 地球経済は36桁の天文学的数字《日本の金銀財宝》を担保に回っていた
板垣 英憲
ヒカルランド


地球連邦政府樹立へのカウントダウン! 縄文八咫烏(じょうもんやたがらす)直系! 吉備太秦(きびのうずまさ)と世界のロイヤルファミリーはこう動く 人類9割が死滅! 第三次世界大戦は阻止できるか?! (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


中国4分割と韓国消滅 ロスチャイルドによる衝撃の地球大改造プラン 金塊大国日本が《NEW大東亜共栄圏》の核になる (超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


NEW司令系統で読み解くこの国のゆくえ ロスチャイルドの世界覇権奪還で日本のはこうなる(超☆はらはら)
板垣 英憲
ヒカルランド


**********板垣英憲『勉強会』の講演録DVD販売********
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会
7月開催の勉強会がDVDになりました。
第43回 中国 「史上最古の天皇家と世界の王室」
~小沢一郎代表の日本国憲法改正試案と象徴天皇制 
(平成27年7月4日開催)

その他過去の勉強会もご用意しております。遠方でなかなか参加できない方など、ぜひご利用下さい。
板垣英憲・講演録DVD 全国マスコミ研究会

【板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作集】

TPP本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか
板垣 英憲
共栄書房



『TPPの本当のネライ―あなたはどこまで知っていますか』(2013年9月25日刊)

目次

第2章 TPPの最大のネライは保険だ
*「共済」がイチャモンをつけられる


鮫島 順序が前後しますが、次はレポートの「1―①」です。絶対にターゲットになるのは、「生活協同組合法」です。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)ワールド著作」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)

※ご購読期間中は、以下過去の掲載本全てがお読み頂けます。

『小泉・安倍 VS 菅・小沢 国盗り戦争』(2003年10月25日刊)

『スラスラ書ける作文・小論文』(1996年4月20日刊)
『目を覚ませ!財界人』(1995年9月25日刊)
『東京地検特捜部』鬼検事たちの秋霜烈日(1998年4月5日刊)
『誠』の経営学~『新撰組』の精神と行動の美学をビジネスに生かす
『忠臣蔵』が語る組織の勝つ成果Q&A
『風林火山』兵法に学ぶ経営学~人は石垣、人は城
『未来への挑戦「坂本龍馬」に学ぶ経営学』
『人生の達人~心に残る名言・遺訓・格言』(2000年6月11日刊)
『細川家の大陰謀~六百年かけた天下盗りの遺伝子』1994年1月5日刊(2000年6月11日刊)
『大富豪に学ぶ商売繁盛20の教訓―商機をつかむ知恵と決断』(2010年1月20日)
『内務省が復活する日』(1995年10月25日刊)
『情報流出のカラクリと管理術』(2003年3月10日刊)
『利権はこうしてつくられる』(1991年3月25日刊)
「『族』の研究~政・官・財を牛耳る政界実力者集団の群像」(1987年3月9日刊)
『愛する者へ遺した最期のことば』(1995年6月10日刊)
『自民党選挙の秘密』(1987年12月15日刊)
『小中学校の教科書が教えない 日の丸君が代の歴史』(1999年7月8日刊)
『大蔵・日銀と闇将軍~疑惑の全貌を暴く』(1995年5月26日刊)
『小泉純一郎 恐れず ひるまず とらわれず』(2001年6月15日刊 板垣英憲著)
『戦国自民党50年史-権力闘争史』(2005年12月刊 板垣英憲著)
『小沢一郎 七人の敵』(1996年2月6日)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊 同文書院刊)
『小沢一郎総理大臣』(2007年11月10日)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(20074年11月20日)
『ブッシュの陰謀~対テロ戦争・知られざるシナリオ』2002年2月5日刊
『民主党派閥闘争史-民主党の行方』(2008年9月16日)
『民主党政変 政界大再編』(2010年5月6日)
『国際金融資本の罠に嵌った日本』(1999年6月25日刊)
『政治家の交渉術』2006年5月刊
『カルロス・ゴーンの言葉』(2006年11月刊)
「孫の二乗の法則~ソフトバンク孫正義の成功哲学」(2007年7月刊)

板垣英憲マスコミ事務所
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍晋三内閣は、「安保法案... | トップ | 安倍晋三首相は「2018年... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「凡庸な悪人」の恐ろしさ (加藤 貴史)
2015-08-14 05:01:18
鳩山由紀夫首相辞任後の日本の首相は一気に質が低下する一方で、レジリエンス(批判と逆境をバネにして現状を維持する力)だけは極端に強くなっている。最後に原発ゼロ方針を打ち出した菅直人はともかく、野田佳彦・安倍晋三の2人は周囲の批判をバネに暴走を強めるという共通点がある。批判されればされるほど、反省せず勝手に己に気合を入れて、テンションを上げていくところを見てみると、もはや日本の議会制民主主義は無効化してしまっているとしか言いようがない(それを悪用したアメリカも大きな影響を受けている)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。