T*

流れ流され東へ西へ。風の向くままフラフラと。
気ままにやってます。

林道をゆく

2016-10-16 09:25:19 | 日記












































































































人里離れた山奥に砂防ダムが築かれていた。

軽自動車がやっと通れるくらいの

狭い簡易舗装がなされた林道を

だらだらと登って行くと

砂防ダムを築くために

開墾され重機の乗り入れようの

道が谷底へと伸びていた。



林道が好きで方々の山道を行くと

こうした工事の現場によく出合う。

専門とはいえ、よくこのような場所で

作業をするものだと感心する。

いっぽ間違えば重機もろとも谷底へ。

危険なのは作業もであるが

クマやマムシといった野生の生物もいるだろう。

人目にはつかない所で

いろいろな仕事があるものだと感心する。



人目につかないといえば

山中を抜けて走る鉄道もそうだ。

険しい地形をぬって伸びる鉄道の保守もまた

大変な作業なのだろうと思える。

日々定刻に運行される列車の安全を守るための

苦労がうかがえる。










Posted by I.Tachi at October 16, 2016
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜明けを待つ峠の一夜 | トップ | うまい珈琲のために »
最近の画像もっと見る

あわせて読む