T*

流れ流され東へ西へ。風の向くままフラフラと。
気ままにやってます。

道草

2017-05-26 11:49:38 | 日記











































































































子どもの頃

学校帰りやお使いの帰りに

興味の有るものを発見すると

ついつい夢中になり

時の経つのも忘れてしまい

遅くなった帰宅を親から叱られたものだ。



子どもの目に入る全てのものは好奇心を刺激した。

あの頃感じた素直なキレイ、不思議、楽しい、愉快な気持ち。

やがて、目の前にあった様々なものは「当たり前」になり

「当たり前」のものへの興味の数が減る毎に大人になって行く。



「当たり前」って何だろう。

知らなくてもいいこと?

知っていても価値のないもの?



日々の暮らしの中で「当たり前」で済まされ、

見ることさえなく考えることもなく

いつしか忘れ去られて行く多くのもの。


あの頃の「当たり前」など一つもなかった

あの純粋な好奇心は

どこへ行ってしまったんだろう…。




















Posted by I.Tachi at May 26, 2017
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風にふわり | トップ | 七竃の花とカメムシさん »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事