T*

流れ流され東へ西へ。風の向くままフラフラと。
気ままにやってます。

木の芽

2017-04-28 07:52:29 | 日記






























【木の芽】アケビの新芽。
新潟県の一部(魚沼地方)で山菜として珍重されている。アケビのツルの伸び始めの柔らかな先端だけを摘み。おもに、おひたしにして食される。春を感じる苦みがあるものの雪深い地で育った木の芽は他の地方のものよりは苦みが弱く歯ごたえもよく、酒の肴としても、こたえられない一品となる。







Posted by I.Tachi at April 28, 2017
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森の小さなお家 | トップ | 春来 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事