T*

流れ流され東へ西へ。風の向くままフラフラと。
気ままにやってます。

うまい珈琲のために

2016-10-17 09:47:01 | 日記
































































































































時々、無性にうまい珈琲が飲みたくなる。

それは、どこどこのカフェや喫茶店とか

どの銘柄とかではなく

自然の中で寒い朝に飲む珈琲。



寒さに震えながら

湯の沸き上がるのを待つ時間と

いれたての香りを楽しみながら

熱い液体が冷えきった身体に染込んで行く

あの瞬間がなんとも幸せを感じるからだ。


朝の澄み切った空気が

どんなに安い珈琲豆であろうと

最高にうまく感じてしまうのは不思議である。











Posted by I.Tachi at October 17, 2016
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 林道をゆく | トップ | MOON »
最近の画像もっと見る

あわせて読む