深井翼の特選グルメ情報

こんにちは!こんばんは!おはようございます!
絶対に良い気分になるグルメ情報を発信していきます!

池袋 ラーメン5

2017-08-10 19:53:50 | 日記
こんにちは!こんばんは!おはようございます!

深井翼です!

5日連続ラーメンネタはしつこいですかね?ww

池袋は本当に美味しいラーメン屋が多くて、尽きないんですよね(笑)

ということで第五弾!

今日は、あっさり系ラーメンをご紹介します!


塩ラーメンです!

外観



店舗は小さく狭いですが、味は間違えなしです!

塩そば専門店桑ばらは
東池袋で10年以上続く塩ラーメンの老舗。
そして池袋がプラットフォームなボクの行きつけのラーメン屋である。
ラーメン業界ってのはドッグイヤーで流行り廃りが超高速な中10年も人気店であり続けるその理由を今日は紐解いて行こうと思う。
まぁまずきれいな塩ラーメンの写真を見て頂きたい。


当たり前のように美味い。
大将のこだわりが炸裂してるこの塩ラーメン。
どんなこだわりか━━━━?それは
有り触れた食材でどれだけ安定して美味いものが提供できるか。
この心意気が10年間を支えてきている。

この桑ばらの代名詞とも言える炙りバラチャーシューもその一環で極力ガスの匂いをつけずに炙られたりしている。

ワンコイン出せば追加できちゃうしね。

雲呑に至っても卒なく、高水準に。

飾ることなく、阿る事なく。

そう、こういう姿勢が滲み出たラーメン屋なのだ。
但し、Twitterは面白い。
半分おちょくったようなツイートがユーザを引きつけてるのである。
だがそれはツイートに限っての事であり、実際に店に足を運べば丁寧な接客に熟れたオペレーション実に卒なく待つ事なくサラっとそばを食わせてくれる。そんな店だ。

さて
ここらからが本題のようなもの
桑ばらのデフォルトメニューに関して、接遇に関しては最もなのだが一番客を惹きつけて止まないのがこの━━━━
「裏そば」なのである。
要は日替わり限定10数杯のメニューなのだがこれが実に面白い。

「池袋ブラック」
何が何やら分からないwwww
実際に食べてみると黒胡椒と黒マー油主体のサンマ中華そばというものすごくトリッキーで美味いもの。
この不確定要素が病みつきになる。
そしてハズレなしに美味いという。

これなんだよ?(笑)
って思うでしょう?

牡蠣がゴロゴロ乗った牡蠣ニラそば
常連さん限定なんだと思う。
けれどもこれを目指して行く価値がある裏そば。

寒い日にはしっかりと安沢店長が煽りを入れた熱々の鶏タンメンが出てきたり━━━━

でかいハマグリの潮そばをぶち込んできたり。
とにかくクオリティが高い。
その分池袋近辺の人じゃないと敷居が高いコンテンツではあるけれど。

この唐揚げラーメンなんか開始1時間で売り切れてしまっていたし。
体感13時半には裏そばは売り切れ。
こんな風に考えながら池袋を目指すと美味いものに有りつけるかもしれない。

金曜日17時からは二毛作で鶏白湯を出している。

こんな感じで━━━━

体にや悪い(いや、悪そうな)油そばなんかも出している。

実際にはただただ美味い背脂油そばなんだけどね。

兎に角、こんなクオリティなラーメンを通し営業、基本無休でず━━━━っと出し続けているとか
頭おかしくない?(いい意味で)
店が汚くとも心は綺麗だ。
店が狭くとも心は広いぜ。
そんな東池袋池袋、サンシャインの裾野の名店。

チョットは伝わっただろうか?
池袋に立ち寄った際はサッと入ってパッと食ってみてはどうだろうか?



深井翼
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池袋 ラーメン4 | トップ | 池袋 焼肉編 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事