新人タクドラさんの為の東京地理実務教材 リアルルートシュミレーションガイド

東京地理の簡単な覚え方を御存知ですか??複雑な東京地理をスッキリシンプルに変える魔法のノウハウを無料で大公開!!

東京地理の覚え方 この学習法なら超簡単スピードマスター!!

2017-07-17 06:23:59 | 日記


第5回、西武新宿線、西武池袋線、西武豊島線、東武東上線も間もなく販売開始!!

DLmarketで購入
>↑ ↑ クリック!!

DLmarketで購入
↑ ↑ クリック!!JR全線習得編


DLmarketで購入
↑ ↑ クリック!!

東京地理実務教材リアルルートシュミレーションガイド

私鉄全線習得編①京浜急行本線、空港線、大井町線


DLmarketで購入
↑ ↑ クリック!!
私鉄全線習得編② 池上線、目黒線、多摩川線


DLmarketで購入
↑ ↑ クリック!!私鉄全線習得編③東横線、井之頭線、田園都市線



DLmarketで購入
JR全線習得編➂その他全ての路線の習得

上の写真をクリック!!

DLmarketで購入
↑ ↑ クリック!!複雑な東京地理をスッキリシンプルに変える魔法のノウハウと、当教材が最もお勧めする営業エリア、六本木を起点に東京地理の要である山手線沿線エリアの
攻略を目指す教材、JR全線習得編①山手線編を無料で大公開!!


DLmarketで購入
↑ ↑ クリック!!山手線沿線エリア攻略編お勧めエリア集として、新人さんにとって無理のない、そして有意義な営業場所である新宿、渋谷、恵比寿をはじめ、
港区とのアクセスのいい五反田、目黒、原宿を加えた計6駅から山手線28駅全てに行ける運行経路を学びます。

私鉄編➂を販売開始!!東横線、田園都市電、井之頭線を学びます。
次は④、世田谷線、小田急線、京王線、⑤、西武新宿、池袋、豊島線、東部東上線、
⑥、京王電鉄本線、押上線、金町線、東部スカイツリーライン、亀戸線、大師線、
⑦モノレール、北総鉄道、ゆりかもめ、臨海線、つくばエクスプレスです。

さて、これをご覧の新人タクドラさん、又はこれから転職をお考えの方、
タクドラにとって道を覚えるって、どういうことでしょう??
どう覚えるべきでしょうか??東京地理は非常に複雑です。
漠然とした学習法では、漫然とした姿勢では決して身に付きません。

一般的には実務経験を積み重ねて実戦で覚える覚え方
が普通でしょうが、これだと常に危険と隣り合わせ。
いつ何があってもおかしくありません。

事故違反、クレームのリスクを如何にして回避し、安全安心な営業
を実現するか・・・。これが新人さんにとっての最大のテーマ
でしょう。売り上げは今ムリしなくても後から必ずついてきます。

今やるべきことはたった1つ!!

より早い地理習得を。これに尽きるでしょう。

しかし、現実はそう甘くありません。当ブログでは東京地理の
覚え方について、あくまで実務的な視野で提案しています。
しかし、社会人になってから勉強するという事はそうそうなく、
いざ始めてみようと思ってもなかなか実行できないのが
実際のところでしょう。

そこで、今回は勉強そのものについてではなく、
勉強する姿勢についてお話ししたいと思います。
これがなくては永遠に実行できませんから。

まず、勉強は毎日の習慣にすべきです。
1日1時間でもいいでしょう。継続は力なりです。
この習慣さえ身に付けば自ずとモチベーションが
上がっていくものです。

タクドラの勤務体系は特殊です。いくらプライベートが
充実するといっても明け休みのダルさを克服する事は
決して容易な事ではありません。

これに慣れるだけでも半年は必用でしょう。
だから1日1時間でいいんです。

このたったの1時間の積み重ねが、やがては大きな
見返りとなって帰ってきます。確実に。
そして、どのように勉強するかについては、これは
実際には方法論よりも地図を見慣れる事の方が重要です。

道を覚えるって地図に慣れる、使いこなす事なんです。
さて、ご覧の皆様、地図を十分に活用できてますか??

タクシーセンター販売の業務用地図を週に何回開きますか??
まずはここからなんです。勉強法とかいう前にまずは、この
最も基本的な習慣が身に付いているか?が重要です。

ナビがあるからいいや・・・。では決して早期習得は
不可能でしょう。走り慣れる経験は予備知識があってこそ。
当教材はあくまで実務的な視野で最も適切と思われる
勉強法を提案していますが、地図を見る習慣が身に付いてなければ
何の役にも立ちません。タクシーセンター販売の業務用地図ほど
見やすいものはありません。グーグルもナビサイトもこれに比べれば
かなり見ずらく使いにくいものです。

これらを全て併用することが地図の活用法の極意です。
残念ながら世の中には万能なものはありません。必ず一長一短
があります。業務用地図は見やすいですが右折規制などは正確でない
場合があります。これはグーグルを併用することで解決します。

ナビはタクドラにとって適切な経路を示してくれるものではありませんが、
その情報量には逆立ちしたって歯が立ちません。全て一長一短です。
本気で覚えたいなら、まずはこの最も基本的な姿勢を示す事が必須条件
です。自主的な姿勢がなければなにも身に付きません。

他人の知識をインプットできるわけではありませんから・・・。
地図もネットもカーナビも全て平等に与えられてます。
これを使いこなせるかどうかが問題です。

そして、それは誰にでも可能です。
要はやるかやらないかだけの問題です。
勉強以前にまずは、ここから始めてみてはいかがでしょうか??

そして、この時初めて当教材で学ぶ事の意義を実感できるでしょう。
詰まるところは地理の習得とは地図の活用法を究める事ですから。
ご覧頂き有難うございました。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京地理の覚え方 この学習... | トップ | 東京地理の覚え方 この学習... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。