いたちゃんの『なるほど通信』

函館市議会議員・板倉一幸が市政とまちの「なるほど」をお伝えしていきます。

函館の食の歴史をもっと知ってもらうことから始めよう…です。

2016-10-12 23:44:03 | Weblog

 北海道全調理師会函館支部や函館割烹調理師会の皆さんと、食の産業化や地場産業の活性化に取り組む市の経済部との意見交換に参加しました。
 函館割烹調理師会は100年を超す歴史があり、北海道では最長の歴史を誇ります。洋食の司厨士協会も、函館の歴史とともに長い歴史をもっています。もちろん、中国料理や寿司、そばなども同じです。
 今日の意見交換でも、そうした歴史や実績をもっと市民の皆さんに知ってもらう必要があるのではないか、市民が函館の食に高い関心をもってもらう取り組みから、函館の食に対する理解が進み、市民にとっての「函館の食」が定着してくるのではないかといった思いが共有化されました。
 今日は技能面での話もありましたが、調理師の皆さんの技能が評価される素地は整い始めましたが、他の職種での技能評価が不十分であることも分かりました。
 私も、函館の産業全体の活性化のためにに、その技能・技術を評価してもらうように取り組んでいきたいと思いました。私にとっても、有意義な意見交換の場だと感じました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政務活動費、一考。 | トップ | 新幹線で変わる生活の感覚に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL