いたちゃんの『なるほど通信』

函館市議会議員・板倉一幸が市政とまちの「なるほど」をお伝えしていきます。

どんなバスが良いのか、一緒に考え、互いに実践する気構えがなければ。

2016-10-16 23:15:20 | Weblog

 バスシンポジウムから帰ってきました。今回は車に乗せてもらい、道央道、道東道と走り続け、片道約7時間余りの旅をしてきました。高速道路のおかげでこれだけの時間で行くことができるようになりましたが、私が若い頃行った時には、一般道しかなく約10時間かかったと記憶しています。
 災害時の代替道路としての機能もあり、今回の台風災害の代替道路となっていますが、一部無料区間があることで、別な支障が発生しているそうです。事故も発生しているそうですから、料金も大切ですが、無理をせずに安心・安全運転に心がけていただきたいと思います。
 シンポジウムでは、釧路地域限定の話題は、土地勘がないので、聞いていても理解が難しいところもありましたが、利用者目線で、利用者ニーズの把握という面では貴重な意見もありました。
 どんな路線が良いのか、どんな運行形態が良いのか、利用者のみなさんや潜在的利用者の皆さんと一緒に考えることが必要だし、重要だと考えますが、考えたら利用する、利用を広げていくことを一緒に実践してもらいたいと思います。
 いつも最後は、利用率が問題になりますから、人口動態が変わっている現在、いつまでも同じ路線や時間ということはありませんから、どう変化させていくべきなのかの見直しも行いながら、みんなが利用するバスにする気構えも持ってほしいと思います。
 写真は、釧路市丹頂鶴自然公園です。シンポジウムまでの時間に寄ってみました。鶴を見る機会はそう多くありませんから、公園の中にたくさんいる鶴を見て、気分がリフレッシュしました。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老若男女?の声が寄せられま... | トップ | 大間原発建設凍結市民集会の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL