いたちゃんの『なるほど通信』

函館市議会議員・板倉一幸が市政とまちの「なるほど」をお伝えしていきます。

いつもの祝賀会に、今年は新しい法人立ち上げが加わり‥。

2017-06-10 23:03:23 | Weblog

 函館市内や北斗市内、木古内町などで介護事業所などを展開している、有限会社ウイズでは毎年、創立〇周年と題して祝賀会を開催し、勤続の節目を迎えた職員の方や、頑張った職員の方々に表彰状などを贈呈し、皆で(といっても、当然勤務の方は出席できませんが)楽しく過ごす催しを開催しています。
 私も毎年ご案内いただいて出席していますが、今年は昨日開催され、従来の創立祝賀会は16周年ですが、それに加えて、新しく「結絆(ゆうき)の会」という社会福祉法人を設立した祝賀会も兼ねていました。
 新しい社会福祉法人は、現在、市内日吉町で整備が始まった「福祉コミュニティエリア」内で、各種介護施設の運営に当たっていくことになっています。
 2025年問題といって、2025年には団塊の世代が75歳以上になり、単身高齢者世帯、高齢夫婦のみ世帯や認知症高齢者が増加する中で、介護、医療・予防、生活支援、住まいが包括的に確保される地域包括ケアシステムが重要な政策課題になっていますが、この「エリア」が時代の要請に応えたものとして注目を集めています。
 日本版CCRCにも認定されており、その役割は重要なものです。そんなお祝いのご挨拶をいたしましたが、皆さんいつものように楽しみ、最後には全員で「栄光の架橋」を歌って、未来に向かって進んでいこうと誓い合っていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人の命を軽視する国会議員は... | トップ | 美しい写真をお届けできず残... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL