ISUHOUSE がんこ椅子張り職人 masa.kamiyanagi 上柳征信

椅子張り職人20年、オリジナルデザインの新製品を製作。椅子教室、椅子張替え、修復復元。ISUHOUSE=椅子家=椅子屋

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雑誌取材 厚生労働 2017年5月号

2017-05-18 17:05:22 | 日記

厚生労働5月号、44、45ページに取材、掲載していただきました。

http://www.jmp.co.jp/hlw/new/


2017年5月号44~45ページ


#日本医療企画 #厚生労働省 
#取材 #isuhouse
ー 場所: Isuhouse

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀座三越 フランスフェア | トップ | 銀座三越 さん出展のご案内 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
花 油絵 (田中)
2017-06-20 12:15:44
また無関心な表情を浮かべる(隣の子供にも全く関心を示さない)ヴィクトリーヌ・ムーランの虚空な眼差しと、鉄格子に手をかけ煙の向こうの蒸気機関車を見つめる子供の後姿の対照性は、画家が数多く手がけた人物画においても特に白眉な出来栄えである。
www.meigakan.com/?mode=cate&cbid=2027319&csid=3&sort=n
複製画 モネ (坂井)
2017-06-20 12:17:04
無関心な表情を浮かべるヴィクトリーヌ・ムーラン。1874年のサロンへ出品された本作に描かれるのは、ヴィクトリーヌ・ムーランと、友人の画家アルフォンス・イルシュの娘を配される人物のモデルに、急速に近代化が進められるパリ市内ヨーロッパ橋近傍の鉄道のある風景である。
www.mobug.org/shop.cgi?class=2
絵画 販売 (坂田)
2017-08-02 12:05:06
印象派の巨匠エドゥアール・マネ初期の代表作『アプサントを飲む男』。コペンハーゲンのニュー・カールスベア美術館に所蔵される本作に描かれるのは、ニガヨモギの根から抽出する≪アプサント≫と呼ばれた安価で毒性の強い緑色の蒸留酒の水割りを飲む路上生活者である。
http://www.mobug.org/
肉筆油絵 (酒井)
2017-08-02 12:12:03
この頃、パリではアプサントを始めとする度の強い酒による重篤なアルコール依存症が社会問題化しており、本作においても画面中央左部分に描かれるアプサントのほか、地面に転がる酒瓶、男の纏う(洗練された紳士的服装の風刺・揶揄である)古着の黒衣などにマネの社会性や文学性を帯びた絵画的挑戦を強く感じさせる。なお本作は大多数の批評家が拒絶・拒否したものの、サロン審査に参加していたロマン主義の画家ドラクロワは擁護していたことが知られている。
www.meigakan.com/

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事