北上F.C.Jr.のクラブハウス

京都のサッカー大好きGIRLSの集まり北上F.C.Jr.のサポーターです☆

むらさきちきぶ423

2016-12-24 | むらさきちきぶ

こんばんはKEDちちです。

クリスマス3連休の初日は茨木でオーク杯。準優勝。2日目は草津で紫香楽クリスマスカップ。準優勝。MVPは12と11。

初日、初戦の北大冠戦で立ち上がりのチャンスをものにできずスコアレスドロー。12分ハーフとはいえ5試合目の決勝で再戦するも、0-1で敗退。

初戦に得点できなかった時点で、同日に再戦したら負ける確率がアップするのは予想済。理由は2つ。相手が慣れる。こっちはバテてミスる可能性が高まる。だから北大冠の戦い方に分がある。だけど、ウチの選手にも意地ってものがあるだろうと挑んだものの、案の定のパターンで負け。もう予想通りすぎてイヤになるなとイライラしながら、ちょっと考えていました。

ポテンシャルってのは潜在能力のこと。だから一生潜在したままという能力だってある。「自分にできることを最大限やればいいんだよ」というような事をよく耳にするけど、考えようによっては、かなりレベルの高い要求。多くの選手は、発揮の仕方がわからずにブレーキになっている。

ジャマイカでは転んでも痛くない草地の上を走るから、速くなるんだと。

北大冠の小さな切り込み隊長を見ていて思った。例えばドリブルにしても、この選手は、自分がどれだけの距離までなら、大きくボールを突っついても追いつけるという距離感が分かっている。だから、持てる能力の最大限を利用してプレーすることができる。もちろん、持てる能力は成長とともに少しずつ伸びるから、この距離感ってのも、成長のつど微調整されている。

結論、この小さな切り込み隊長は、持てる能力を最大値近くまで発揮できる「能力」が高い。ここだなと。さて、これをどうウチの選手に伝えようかと思案し、初日の帰り際に思いっきりキレてみました。明日も同じチームと初戦で対戦するのが分かっていたからです。放っておいても燃えるだろうけど、より激しく燃やしてやろうというねらいです。そして「まだ3か月以上もあるのに、できる事だけやってたって上手くなるわけないやん」と。

閉会式の最中もフードをかぶって怒りオーラを出しながら、でもあえて見えるようなところに座っていたので、チラチラと選手らが見ているのを確認しながら。最近の選手は疑り深いから、昨夜はあえてこのブログも更新せず。それでようやく何人かは引っ掛かったようです。ふふふ。ちなみにだました事は本日あやまっておきました。12と7と1、そういうことだからよろしく。

今日の再戦、結果的に昨日の初戦と同じ。チャンス3回。ピンチ1回。だけど今日は3-0。「能力」を高めるためには集中力しかないだろう。集中力を高めるには、強い意志を持たせるしかないだろう。そうして結果が出せたことに「ちょびっとずつだけど、君らも成長し続けていくんだよ」ということで。まったく手がかかる。

そうはいいながらも、今日のROSA戦では14がつるっとこけて、ボールを相手に献上してしまい失点。かなり笑えるシーンでしたが「あのな、北大冠の選手はすべらないよ。実際はすべるけど、すべったらヤバいシーンでは誰ひとり絶対にすべらないよ」という話。ここもまた意志の話です。まだ先は長いけど、ようやくウチもノロノロと動き出したか。チームとしては心技体のうち、心がほぼゼロに近いような気がする。の、のびしろだな。

8はようやくダイレクトでミドルを。9はようやく有効なクロスを。そしてそのクロスを途中出場のワンタッチ目でダイレクトでぶち込んだのがMVPの11。これが意志の力だと思う。ちなみに初日のMVP12も同様のゴールでした。ペナルティエリアの中はできるだけダイレクト。だね。

ROSA戦で、同点に追いつかれてからかなりヤバい流れになったのは、ROSAというチーム全体の強い意志だし、そうさせてしまったのはウチの意志の弱さだし、その悪い流れを断ち切ったのは、ペナルティエリアぎりぎりまで脱兎のごときスピードで勇気あるセービングをした17の意志だろう。あのプレーで6年生たちの顔色が明るくなった。2だけはなぜか爆笑してたけど。

「あれ、ボールに触ってなかったらファウルやん」「ボールに触ったで、当たり前やん」

初戦、21が2ゴールしたけど、あれは10のドリブルが効いた。「私がひきつけるだけひきつける。21なら決めてくれる」実際21にパンチ力があるのはみんな知っているから、あとは10がその意志を高める事に成功したという話。

そんなこんなで、今年の遠征やゲームは今日で終わり。明日は練習だけど、その後は年明けまできっちり疲れを取っておくようにね。みなさん。

さて、話は変わって(また怒られるかもしれん)今日も3姉妹の長女が応援にきてくれました。なかなかベンチでもいい声かけしてくれていました。初戦の前だったかアップ中に「ウチ、キック力は昔のままやで」とテヘペロ調に言ってきたので、やや責任を感じながら「ちょっと蹴ってみてよ」とフォームを確認しようとした瞬間、不意に頭をよぎったものが。濡れた芝生!トレシュー!まさか?もうないやろ?スマホ大好き!来年は高校生? 残念ながら、つるっと&ステーン&背中から落下。まだあんのかい。

しかし今考えれば、このときに14のつるっとも予想できたはずだ。姉妹なんだし。ちょっと待って、そういや14もたまにつるっとするけど、これは続くというのか?姉ゆずりだとしたらかなり根が深いぞ、どうにかはねのけてほしい。そこは意志の力で。あるいは初詣で。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« むらさきちきぶ422 | トップ | むらさきちきぶ424 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。