issyoの俳句ブログ

俳句は映像のように17文字からどんなイメージが浮かぶか? それは読み手の問題だ。作者の心の中まで、想像しながら解釈する。

1748   菜虫取る防虫ネットをはね上げて

2016年10月14日 15時56分17秒 | 

  一週間前、我が家の小さな菜園に、ブロッコリーと白菜を植えた。虫にやられないようにと、初めてアーチの棒に防虫ネットをセットしたが、やはりいくつか虫に食われている。網をくぐって入ったとは考えにくいから、苗についていたのを見逃したのだろう。

 初夏からある唐辛子や紫蘇、トマトは、ほとんど食われていない。虫にも好みというものがあるようだ。

 ついでに、「蓼食う虫も好き好き」という諺を調べてみた。中国南宋時代の「鶴林玉露」という随筆集に、『氷蚕は寒さを知らず、火鼠は熱さを知らず、蓼虫は苦さを知らず、ウジ虫は臭さを知らず』とあるのが、原典だそうである。

 こういうのを調べると、本来の中国はすごいのだ、ということが分かる。漢字は作ったし、仏教、儒教、道教や焼き物、建築など様々な文化を日本に伝えた師匠である。

 今の中国は確かに様々な問題を抱えてはいるが、アヘン戦争や満州事変などのひがみがなくなれば、必ず私達の友人として「良い国」になる、と私は信じる。

ホトトギス(杜鵑草)

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1747   秋の暮待ちか... | トップ | 1749   蝋燭の明かり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。