issyoの俳句ブログ

俳句は映像のように17文字からどんなイメージが浮かぶか? それは読み手の問題だ。作者の心の中まで、想像しながら解釈する。

695  図らずも木の葉を散らす秋の風  子義

2012年09月05日 00時48分42秒 | 

 「子義」は、吉田松陰の俳号。ペリー来航に際して、松陰は黒船への乗船、アメリカへの密航を企て失敗し、萩藩(長州藩)の野山獄に繋がれた。

 ここに、在獄五年の吉村善作という俳句のできる男がいて、松陰は「以前から自分は俳句を学びたい、と思いながらその機会がなかった。吉村殿がおられるのを幸いに師事したい」と申し出て、他の囚人と共に吉村の弟子になり、獄中句会を開くことになったのである。掲句は、松陰の習い始めの句である。

 「木の葉」「落葉」と言えば冬の季語であるが、秋にして欲しい季語である。何故なら、先日から我が家のテラスは、秋風によって山桜の木の葉が降り始めたからだ。

 さて、この句の「図らずも」に松陰の苦悩が読み取れる。世は変わらねばならないのに、藩や幕府などは旧態然としている。木の葉が散るように世の中、私の思うようにはならぬ。

マツヨイグサ(待宵草) アカバナ科の二年草

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 694  底紅や風雲急に天気雨 | トップ | 696 鴫立つてあと淋しさ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。