issyoの俳句ブログ

俳句は映像のように17文字からどんなイメージが浮かぶか? それは読み手の問題だ。作者の心の中まで、想像しながら解釈する。

1832   都市化するベッドタウンや雨蛙  炎火

2017年06月15日 09時37分06秒 | 

「むかしむかしある所にアマガエルの親子がすんでいた。しかし子ガエルは大変なヘソ曲がりで、親ガエルの言いつけと反対のことばかりやっていた。いよいよ死ぬという時に、親ガエルは(墓が流されないように、山の上に墓を作ってもらいたい。しかしこいつは言いつけと反対のことをするから…)と考え、「墓は川のそばに建ててくれ。」と言い残し死んだ。ところが子ガエルはこの時になって反省し、「遺言は守らなければならん」と、本当に川のそばに墓を建ててしまった。そのため雨が降りそうになると「親の墓が流される」と泣くのだという。」        『アマガエルのヒミツ』より

  北海道から九州まで分布する「ニホンアマガエル」は樹上での生活に適応していて、乾燥に強いことから都市部でも見かけられる、という。

◎鳴くのはオス。喉にある鳴嚢を共鳴させるので大音量。

◎春の繁殖期以外でも、雨が降りそうになると鳴く。

◎肉食で昆虫やクモを食べる。

◎足裏に吸盤があり、樹上にいるので「枝蛙」とも呼ばれる

◎冬眠する

スイレン(睡蓮)

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1831   亀係の亀洗ひ... | トップ | 1833   遠近に鴉よく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。