issyoの俳句ブログ

俳句は映像のように17文字からどんなイメージが浮かぶか? それは読み手の問題だ。作者の心の中まで、想像しながら解釈する。

1824   忍び音や菜園日記付け始む

2017年05月18日 11時44分24秒 | 

  今日から我が家の菜園日記を付け始めた。もっと早く始めるべきだった。そこに、進軍ラッパのごとくホトトギスが鳴いた。今年のホトトギスの初鳴き(忍び音)を聞いたのである。

5月18日 黄菖蒲、ジャーマンアイリス、コウホネが咲き出した。  

紺のアヤメを花畑に、マムシグサをハナイカダのそばに植える。

ホスタジューン(ギボシ)を植木鉢から花畑に植える。

 ↑黄菖蒲(黄のアヤメはないそうです)

↑ジャーマンアイリス、↓コウホネ(河骨)

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1823   拾いたる青梅... | トップ | 1825   郭公や深き山... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。