一韶の俳句ブログ

俳句は映像のように17文字からどんなイメージが浮かぶか? それは読み手の問題だ。

1802   地を這える小草の小花春の雨

2017年03月06日 19時15分09秒 | 

 

 古来、「春の雨」は、旧暦の一月(新暦では二月)の雨をいう。現代では、初春、仲春、晩春の三春に降る雨をいう。

一方、春雨(はるさめ)は、旧暦2月末から3月(新暦では3月~4月)に降る雨で、狭い地域で細い絹糸のような雨がしとしととこまやかに降りつづく雨をいう。一雨ごとに木の芽、花の芽がふくらみ、生き物達が活発に動き出す。特に「春霖」とも言う。春雨は仲春から晩春に降り、現在の暦で言えば3月末から4月の雨である。

 さて、春の小花と言えば、第一にハコベ、そしてイヌフグリ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、フキノトウ、ショカツサイ。唯今、我が家の庭で花盛りである。

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1801   蕗の薹首を伸... | トップ | 1803   風少し月に向... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事