issyoの俳句ブログ

俳句は映像のように17文字からどんなイメージが浮かぶか? それは読み手の問題だ。作者の心の中まで、想像しながら解釈する。

1833   遠近に鴉よく鳴く皐月晴

2017年06月19日 17時33分58秒 | 

(おちこちに からすよくなく さつきばれ) 

 カラスが巣立ったようだ。子供が親に餌をねだっているのだろう。散歩していても、野草を摘んでいても、テラスで休んでいても、実にやかましい。今年の梅雨は、空梅雨だろうか?

カラスは3月~4月に巣材を運び、巣作り

4月~5月に産卵し、卵を温める

5月~6月に卵が孵化し、ヒナを育てる

6月~7月に幼鳥が巣立つ

そして、9月なって、ようやく親と別れる、という(別れ鴉)

ホタルブクロ(蛍袋)

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1832   都市化するベ... | トップ | 1834   父の日や父に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。