意識の宇宙(地球と人類が直面している危機に大きな意味を持つ意識)

人間は「意識」を軸にした多様なエネルギーの世界に生きている。この不思議な「意識」の在り様がもしかすると人類の未来を!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロシアとウクライナの多くの寺院や教会の聖像が涙を流し始めた

2014-03-07 | 知ることと意識、意識のエネルギー

Массовое мироточение икон в России и на Украине. Mass cry

ロシアとウクライナの寺院や教会の聖像が泣いている。3月5日

ロシアとウクライナの多くの寺院や教会の聖像が涙を流し始めた。
正教徒の間では、聖像が涙を流すと、大惨事が起こると信じられている.
ロシアとウクライナの人々に苦難の時代がやってくると警告しているのだろうか。
ロストフオンドン、オデッサ、リウネ、ノヴォクズネツクにある寺院や教会の聖像も泣いている。
ロシアとウクライナで起きているこのような現象は、10月革命、ツァーリスト政権の崩壊、そしてソ連崩壊の直前にも起きていたという。

これは集合意識というエネルギーの為せる技であり、世界中に見ることのできる現象であり、人の意識の潜在的なパーワーを垣間見せているものだ。

多くの人は単なる絵が、つまり、物質が涙らしきものを流したということで、ありえない、あってはいけないことが起きたということで驚いているが、意識と物質は繋がっているし、信仰と信仰する宗教的世界が一つの集合意識というエネルギーの世界をつくりだしてそこに表現されたものなのだ。きわめて、あたりまえのことなのだ。

.

背景の一つにはウクライナの現在の状況が危機的なものであり、人々の不安とこれから起きるであろうことへの恐れなどが一つの現象的な表現のかたちとして出てきている。

見方としては宗教的な世界観の現われとしても見えるし、宗教家たちはこのことを宣伝して信徒を増やすことに精を出すだろう。

だが、その本質は意識の持っているエネルギーにある。

つまり、悲惨な事態を予感して不安や恐れをいだくより、多くの人たちがどのような解決が望ましいのかを考えて、その考えを共有し、強く願うことで現状は、変わってゆくはずだ。

.

これは、単にウクライナだけではなく日本にも言えることで、マスメディアのおぞましい嘘報道、ごまかし、隠蔽を打破し大勢の人たちがどのような未来を望むのか、明確なイメージを持つことで変っていくはずだ。

このまま、放射能に汚染された日本と日本人が何も真実を知らされないまま、滅びていくのか、真実を知って真剣に解決策をみんなで考えて共有できるのか。

.

そうした意識のエネルギーを出せるのか、そこにかかっている。まずは嘘つき放送局NHKを国民のものにして、真実を知らしめる必要がある。

「意識の宇宙」より

「宗教的奇跡と集合意識」

人類にとって宗教は必要か否か。そして、ルルドの泉のような宗教的奇跡の本質はなにか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  国際エミー賞ノミネート作... | トップ | 死後の世界:「臨死体験」の... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。