タクロリムスの徒然日記&グルメレポート

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

小選挙区制が日本を滅ぼす

2017-04-23 20:56:34 | 日記
河野洋平氏や細川護煕氏が、小選挙区制を導入したことを反省してると、サンデーモーニングで紹介していた。
私はずっと前から、このブログで再三書いて来たが、小選挙区制により自民党に、党内野党の立場を取る人がいなくなった。
中選挙区制の時は、同じ選挙区で何人もの自民党候補が争っていた。だから敵失があれば叩く勢力が存在した。
しかし、小選挙区制になって、公認権を持つ総裁や幹事長に刃向かう人はいなくなった。上が馬鹿でも従っている。
その上官僚の人事権を握る「内閣人事局」を設置した。それにより官僚も内閣すなわち政治家どもに首根っこを押さえられた。
現在の仕組みでは、どんな馬鹿でも総裁になったら独裁政権になる。その上悲しいことに、二世・三世など早くから政界に身を置く連中が優位に立つ。
ゲス野郎や馬鹿二世議員を公認し、しかも大臣や政務官に任命した責任を取れ。国会がこんな体たらくだから、知事や市長も大馬鹿が通る。
マスコミは忖度や、自粛をせずに是々非々で報道し、民主主義を殺さないようにしてもらいたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイドーム大阪・大阪商工会... | トップ | 歯が痛いのでうどん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。