いっせいの林道歳時記

メタボおやじのツーリング・山歩き・食べ歩き日記

中華三十番マーポーラーメン

2017-05-16 13:59:20 | B級グルメ
旧奥州街道を一本曲がった角にある昭和の佇まいの店
なぜか三十番



のれん脇に「マーポーラーメン700円」と書いてある。「マーボー」ではない「マーポー」である
当然それを注文 水はセルフサービス 店主はお母さんとそれを手伝う娘さんか



待つこと数分、ビジュアルは麻婆豆腐しか見えない 大き目の小皿にお新香が付いてくる ちなみに常連さんであろうかこのお新香をお替わりしていた



麺は細麺で麻婆豆腐に絡みつく 二口三口と運ぶと辛みがじわ~っと沁みてきて汗が出てくる タオル持参が良いかもしれない スープを飲み干すなんてまったく無理で具の豆腐とひき肉のかけらを拾ってフィニッシュとした それよりお新香を残すのが作法に反すると自己判断して完食した 

店主のおかあさんに「またきてね~」と声をかけられたので次回はタンメンにでも挑戦するか?

『栃木県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かぶと揚げみよしや | トップ | メンテ色々 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マーポー (初代)
2017-05-17 21:13:48
麻婆を本場発音すると、たしかに「まぁぽぉう」になるので
マーポー表記が正しいと思います。
麺のアルファ化(加温)がやや不十分かなと見えるのは
食べるのに時間が掛かろうとの心遣いでせうか
チャレンジしたい一品ですねえ。
Re.マーポー (いっせい)
2017-05-18 21:37:21
初代、マーボーって言っても通じるからノープロブレムなのですが看板の価格表が自己主張して楽しいです

お母さんが元気なウチに水曜俱楽部で食べますか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。