東山植物園 旬の花

東山植物園の見頃の花と山で出合った花たちを折々紹介していきます。

ヤマジノギク

2016-11-03 16:39:14 | 自然観察:愛知県外

ヤマジノギク 西日本の日当たりの良い草原に生える。舌状花の冠毛が短く、筒状花の冠毛が長い。11/3 佐志岳

佐志岳からの眺望。11/3 長崎県平戸市

イトラッキョウ 長崎県平戸島に生える固有種。花茎に葉がない。ヒガンバナ科

とってもキレイなラッキョウ!佐志岳・平戸島

チョウセンノギク イワギクの変種。葉は3~5中~深裂し、裂片の幅が広いのが特徴。また、頭花が大きい。

イトラッキョウ咲く同じ岩場に咲いていた。絶滅危惧[EN] 11/3 平戸島

シラヤマギク 舌状花は5~10個程度と少ない。茎の下部につく葉には明瞭な柄があり、葉身の基部が心形になるのが大きな特徴。上部の葉の基部は切形。葉柄には幅の狭い翼がある。沖縄を除く国内全域で見られる。[日本の野菊] 11/3 平戸島/佐志岳

ヤマジノギク、チョウセンノギク、イトラッキョウ、ムラサキセンブリ.....など珍しい植物が観察できた。佐志岳

礫岩!すご~くカッコいい(^^)植物群落は国の天然記念物に指定されている。11/3 佐志岳・平戸島
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダンギク | トップ | ダルマギク »
最近の画像もっと見る