聞き書き 神界通信

神の言葉を耳かっぽじって聞けぞかし

平成28年10月11日 龍宮神社にて(都内某事務所内)

2017-06-19 17:17:24 | パワースポット
15:49
……神ののりごと。今ここに、宮柱(みやはしら)太敷立(ふとしきたて)。高天の原に千木高知(ちぎたかしり)て。皇孫尊(すめみまのみこと)の朝廷(みかど)の、安国(やすくに)の。元の始めの磐境(いわさか)なれば。皆のもとを、良きかな、良きかな。一の龍宮の、お宮となすぞ。これやこの、ここに、神棲(かむず)むもの神たちや。集いて喜べ、今日(きょう)の足る日。元の神代と致すれば、神ながらの道を行なえ。
(中断)
……元より初めて神の実りを開ける始め。誠に結構なればなり。この地にお宮ができたること、誠に神々様大喜びとなりたもう。まさに今ここに龍宮のお宮となしたまえば、この神の社(やしろ)をば、神の龍宮の社と名付けて、龍宮神社と申すべし。まさに龍宮神社と申すべし。この神の社を龍宮神社と申すべし。たとえ今は小さき社なれども、これより大いなる社となりて、我、金龍が守れば、この宮は建つ。我、金龍が守るなれども、裏には龍宮の乙姫様が大神なり。これは前の社なれば、元の奥宮は明石の宮と明石の浜のお宮ぞと。明石の浜の先は龍宮なれば、龍宮が元の宮ぞ。この宮は前宮(まえみや)ぞ。前宮なれば、なれ(汝)は前宮の神主なれば、神主として仕えまつれ。天津神代を開くべし。天津神代を開くべし。誠に結構、誠に結構。かんながらたまちはえませ、かんながらたまちはえませ。ひふみ よいむなや こともちろらね しきる ゆゐつわぬ そをたはくめか うおえ にさりへて のますあせゑほれけ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年10月10日 首塚にて... | トップ | 平成28年10月14日 龍宮神社... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL