いぞらど isolado 魚骨日誌

主に魚の頭骨を作る日々を綴っています。

タチウオの箱作りました。

2017年03月15日 | 日本の魚の骨格
こんにちわ。


先日アップした、タチウオの子供のホネ用の箱を作りました。








細長いタチウオの体型に合った標本箱が見つからなかったので、木材とガラスと買って来て自作しました。

出来栄えは・・・・う~む、相変わらず小学生の工作ですなぁ・・・

とてもじゃないが、アップで見せられない。








まあ、でも、下地が黒いだけでも、そこら辺のケースに入れとくよりは、多少カッコイイでしょう。



























ホネ自体は、頑張ったから、そう悪くはないと思いますよ。

でも、本当は、背びれとかも、もっと揃ってたんですが、漂白とか水洗いとか何度かやっているうちに、蛇口からの水圧とかタッパに当たったりとかで、ちょっとづつ欠けちゃいました

そういうトコ、ズボラなんですよね。
分かっているけど性格だからもう治らないよね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 途中経過 | トップ | シマガツオ »

コメントを投稿

日本の魚の骨格」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。