・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 磯治の釣り日記Ⅱ・・・・・・・・・・・・・・・・・

魚をつるあり,人をつるあり,自己をつるあるべし,道をつるあり, 道につらるゝあるべし「山水経」(抜粋) 道元『正法眼蔵』

No.351 弥生半ばの半夜メバル 流し釣り

2017-03-11 10:10:25 | メバル流し釣り
魚をつるあり,人をつるあり,自己をつるあるべし,道をつるあり, 道につらるゝあるべし     「山水経」道元 『正法眼蔵』(抜粋)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・釣れるには理由がある、釣れなかったらそれまた理由があった。打率三割程度ではストレス解消が却ってストレスを溜めることになる。打率7割8割稼いで当たり前。そう行きたいですね。
 ”釣りが好き” ”釣りが好き” ”釣りが好き” 釣りは自分の人生の中の楽しさの部分を限りなく持続充実させてくれる!
 瀬戸内福山 釣り好き親父 磯治の釣り日記 ページめくりにお付き合いをください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


                                         
釣行日 : 2017年03月中旬(上り中潮2)
ホームグランド :彗星Ⅲ Fishing  (ホームページの情報は当コラム末尾をご覧ください)

この時期の釣りものはメバル一色!ボツボツと・・・なんてのんきな取り組みやってたら直ぐ4月、一潮先延ばしにしたら旬を逃してしまう。お月さんや潮周りや・・・考えてたら
遅きに失する気配で、船長の助言で最短日程の計画して駆けつけた。もちろん釣友 ”徳さん”月一釣行の企画のことです。運よく高気圧がスッポリ!のめぐり合わせのように見え
たが、縁に掛った強風域に当たるかも・・・「寒くは無かろう」と皆さん言うが、海上で風に吹かれたら体感温度は結構キビシイんじゃあないかな!?
  
高速を使う長距離移動は出発から到着まで、要所要所で所要時間を記録しながら早目の行動で安全運転励行です。毎回の記録データを見ていると、行程が読めて安心感が増してきますね。自由時間たっぷりの我々がやはり一番乗りで、そのうちぱらぱら釣り好き人間が乗ってきますね。乗船して東の空~ビルの脇を見ると満月に近い大きなお月さんが上って来てます。十三夜の美しい月です。「月は東に、日は西に~♫♫」美空ひばりの歌に有りましたね!本当はとても風情のある月齢なんでしょうに・・・
  
ほぼ定刻の出港で、夕日は市街の向こうに沈みかけていました。空は快晴ですが、河口から湾内に出ていくと海面はざわざわと波立つほどの風です。ベタ凪よりは良いかもね!
 
半時間もしないうちにポイント到着、この圏内で良いポイントがあちこちにあるんですね。天空の白さがだんだん暗く変わってくると食いが立ってきます。上がってくる魚体は体高が有ってプリプリです。お腹はぷっくり膨れて時季外れの抱卵の腹ボテと勘違いしている輩も居たりして・・・(帰って腹を捌いてみたら、消化管の中はぎっしりと栄養物がつまって重い!さらにメバルにしては随分としっかりした肝の塊が有った)ここで不思議なことに気が付いた。前の釣行(沖の安芸灘島嶼部)では、上がってくる魚体は例外なく口からいっぱいの小魚を煙幕のごとく吐いていたが今日はそれが全くない!???(船長は灯りによって来る小魚を玉網で掬って生簀に入れている。モロコに酷似した大メバルの絶好の餌になるらしい) 魚信も一寸難しい状態、竿先を一寸押さえた状態で”来たな!”とは察知できるが本あたりに持ち込むには結構気を使う釣りだった。これを察知できない人は、半数くらいは放されて鈎掛かりしない。竿が硬いのも問題で、引っ掛け釣りの癖がついた人はこれまた釣果が伸ばせないと思われましたね。
  
今日辺りは、まあまあの釣果ですね。型は悪くない!数はもう少し上手になると満足できる量が稼げるでしょうに! 18~26cmの脂が載ったメバルがお一人40~60でした。
今日は大きなことを一つ学んだ。いつもは船長が竿を出した時、毎回多数連掛けで上げてくる。真似することなく自分の手返しで数を稼いでいたのですが、今日は同じ舷側の少し年下のオジサンが船長のプロ技と同じことをして数を稼いでいる。船長の専売特許ではなかった!技がマスターできてないだけ!もちろん”メバルの追い食い”は先刻承知だけど、この時期の夜の流し釣りではまねができる人は殆ど居ない!恥を忍んでそ~っと勉強させてもらった。 なるほど~!!わかる人にしかわからない! 分かる人にしかワカラナイ!
この技を確実なものにするために!またすぐ実釣乗船しなければ!目標ができると俄然やる気になって次がとても楽しみになる!
 次回は出来るだけ早く・・・ どんなレポートができるか!?     おたのしみ   じゃあ またね!

彗星Ⅲ 船長さんからの情報です        
彗星Ⅲ の 新しいホームページが開設されました こちらからご訪問ください
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
   悲しい知らせを聞きました。また一人名物釣り師が去って行きました。
                
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.350 3月初 半夜... | トップ | No.352  メバルつり課題習... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最後?最初?? (初心者)
2017-03-13 17:22:50
先日、携帯電話(買って5年目)の電話帳から10名近い名前を削除しました。
寂しいものです。
リールがメンテから帰ってきます。
3月20日にF2で、シーズン最後(最初?)の太刀魚をオーダーしました。
D社のリールは弱い? (磯治 isoji)
2017-03-14 00:27:44
人間平均寿命近くでお参りするなら、幸せと言えますが。
同い年とか年下の人の訃報を聞くと何ともさみしくなります。そういう自分は、未だガキのような状態で釣り竿を振り回して喜んでいるなんて、不思議な気もしますが・・・
 私もリールをメンテに出しましたが、小型電動は一シーズン半 数十時間の稼働でギアが4枚もへたっていたとか、修理見積もり二万円近く言って来てます。小型ベイトリールは2台併用ですが、これもベアリングやクラッチラチェットの交換が必要らしいです。毎日使うわけでもないのに、一般工業製品に比べるとべらぼうな値段で耐久性はおもちゃ並み!クレーム続発でもおかしくないと思いながらも仕方なく流されています。道具だけはきちんとしておかなければ話にもなりませんから。 今シーズン太刀魚が、まだチャレンジできるなんて羨ましいですね。精いっぱい楽しんで来てください。釣果も知りたいですね。私は、メバルと戯れています。習得課題一つ取り組む楽しみを以持って、次回の挑戦を試みます。ではまた
S社 (初心者)
2017-03-14 04:59:01
S社も同じです。
リール軽量化の弊害です。
まあ、ギヤーが壊れるくらいの大物を釣った証でしょう。
しかし、小生も修理代には悩みます。
新品の半値以上の見積が来た時が有りました。
F2船長からテンヤ40号の指示が有りました。
手巻きでは、きついです。
また、報告します。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。