事務局季節だより

事務局主事の歳時記です。

992 「代々木公園の彩りの妙」

2016-12-10 09:11:20 | 日記

 この時期の黄葉・紅葉の色合いは深い、
 
 それは色彩に朽葉色が入っているからなのだろうか、
 
 朱に墨がたらされると深紅となるように、
 
 銀杏、

 どこも落ち葉が吹き溜まりに積もったように溜まっている、



 



 がさがさと落ちて来る銀杏の黄葉、



    



 一景色が一幅の絵画となり、

 そこに小さな世界が出来ている、



 



 この景色とは比べるべきもない、



 



 



 欅の黄葉は銀杏と違い、



 色そのものに深みがある、



 



 



 森に立ち入ると、



 



    



 落ち葉の原が続く、



 歩くと沈み込む感触が伝わる、



    



    



 百日紅の葉を落とした枝が毛細血管のように迫る、



 



 満天星ツツジの紅葉、



 



 



 孟宗竹の深緑と影、



 



 モミジの深紅、



    



 



 



    



    



 御見事と言うしかない色彩の世界、

 静かな広葉樹の林が続く、



 



 



    



    



 生きている、



 



 代々木公園に接する明治神宮の森に入る、


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 991 「雪の中の北海道庁」 | トップ | 993 「魅惑のバラの蕾」 »
最近の画像もっと見る