事務局季節だより

事務局主事の歳時記です。

1083 「城跡の石垣、雨露に梅」

2017-03-08 06:14:17 | 日記

 城郭の美しさは、

 天守閣・白壁・濠割そして石垣と、

 苔むす石垣と雑草の生えた堀に古の姿を思うのも、

 城門を潜るそこは結界となり、



 



 



     



 失われた天守台への石垣、



 



 



     



 天守閣土台石垣、



  



 石垣が伸びる、



 



 



 雨に濡れた石垣、



 



 その石垣に根を張る巨木、



 



 その先に石垣と白壁と櫓が構える、



 



 複雑に組まれた石垣、



     



 






 そして石と石との狭間石の妙、



 



 細い門を通り広場に出ると、



     



 アカマツ林が続く、



 



 ヤマモミジの枝に雨露が宿る、



 



 



 白木の橋を渡ると、



 



 白梅が見送る、



 



 



 


 

 

 



 



  

 タイムスリップする、



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1082 「雨の甲府城と名残り... | トップ | 1084 「春きたりなば、花さ... »
最近の画像もっと見る