事務局季節だより

事務局主事の歳時記です。

1150 「原宿、神宮の森深く」

2017-05-16 09:10:11 | 日記

 北参道駅で降り、

 一駅先の原宿駅まで、

 神宮の昼なお暗き森を抜けてゆく、



 朽ちた切り株にツタが絡む、



     



 ほとんど人の通らない森の道を往く、



     



     



 落ち葉の道は狭くなる、



     



    見上げると一筋の道が示される、



     



 木洩れ陽を浴びながら、



     



 高木が覆いかぶさって来る、



 



     



 森の木を見ると、

 生命の繁茂を感じる、



     



 鳥居を見ながら扉を開けると、



 



      



 連子窓が続く、



  


 
 回廊となり森の中に空間を作る、



 



 複雑な組み物の妙、



 



 銅版の屋根が歴史を刻む、



     



 



     



 森と神社と酒、



 



 



 



 数多の酒蔵からの奉納とか、

 御見事、



     


  



    












 

  
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1149 「濡れそぼる木道と森」 | トップ | 1151 「爽やかな風にバラの... »
最近の画像もっと見る