事務局季節だより

事務局主事の歳時記です。

1149 「濡れそぼる木道と森」

2017-05-15 06:07:50 | 日記

  楓の種子が朱色に染まる、



 



 2枚羽で今にも飛んでいきそう、



 



 突然落ちてきた、

 1個の夏蜜柑、



 



 見上げると木守の蜜柑が1個、



 




 森への入口、

 雨に輝く木道が始まる、



    



 傘を差しながら奥へ奥へと進む、



     



 一方が崖、

 一方には沼が添う、



     




     



 沼にコウホネが顔を出す、



     



 



 雨足が激しくなる、



 



 翻弄されるかのように、

 1個のコウホネが、



 



 雨の中、

 濡れながらも川鵜が1点を見つめる、

 何時もと違った、

 毅然とした姿、



 



 沼の水面に木が溶け込む、



 



 不思議な景色、



 



 雨音だけが聞こえてくる、

 静かな空間が広がる、



 




 



 水辺の草が突然そよぐ、



 



 



 一陣の風が舞う、



 



 定点観測の杭、



 



 



 ラクウショウの林に入る、



     



     



 



 木道が水面に触れる、



 



 突然視界が開ける、



 



 小一時間の散策、 




 







 



 


 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1148 「雨の中の睡蓮と菖蒲」 | トップ | 1150 「原宿、神宮の森深く」 »
最近の画像もっと見る