事務局季節だより

事務局主事の歳時記です。

944 「畠山記念美術館と八芳園」

2016-10-19 08:20:57 | 日記

 休日の午後、

 東京の白金にある畠山記念館に出向く、

 「天下人の愛した茶道具」、

 井戸茶碗 銘「信長」、

 古瀬戸肩衝茶入 銘「円乗坊」、

 唐物茶壺 銘「十五夜」、

 香木蘭奢待などなど、



 



 門を入るとアプローチが露地となる、



 



 森閑として木々に囲まれた地、



    



 松の巨木、

 木肌が見事、



    



 茶室「明月軒」、



 



 さらに奥に腰掛待合、



 



 光悦垣の向こうにも茶室「浄楽亭」が見える、




 



 中門の透かしに、

 ハロウインを見る、

 まさかと思いつつ、



 



 影の茶室で点前を頂く、

 

    



 



 床の花入れには白色と薄紫の竜胆そして吾亦紅、



    



 



 辻村史郎、

 唐物写井戸茶碗、



    



 八芳園に寄る、



    



 



 



    



 壷中庵、



 



 



 



 本館テラスで庭を見下ろしながら、

 一時を過ごす、






 フロントの奇抜な意匠、



 



 パンパスが闇に、



     


 


 






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 943 「青山学院旧神学部礼拝... | トップ | 945 「東海道、車窓の景色」 »
最近の画像もっと見る