事務局季節だより

事務局主事の歳時記です。

953 「基督教独立学園、青銅の至宝」

2016-10-29 05:49:03 | 日記

 基督教独立学園、

 本館2階、

 パイプオルガンから聞こえて来る、



 



 校舎のあちこちの扉に、

 青銅の彫刻が嵌め込まれている、



    



 紋章のよう、



    



 ノブのようでもある、



    



    



    



 敷地の端の小さなとある建物に入ると、

 天井が小さな円となり光が漏れていた、



 



 そして吊り下げられていたオブジェ、



    



 



    



 床にやはり青銅の彫刻、



    



 イタリア在住の彫刻家、

 加藤朝美氏の作品群、



 一点、

 一点に心が吸い込まれていく、




 



    



 



 



 



 驚くばかりの世界が広がっていた、



 



 



    



 立ち去り難かったが、

 外に出る、



 地上の世界にもその世界は繋がっていた、



    



 バスに乗り山を下る、

 ダム湖を通り、



 



 



 影が迫ってくる、



 



 



 



 陰影の湖、

 異次元の世界が広がって行く、



 



 



 山を出ると、



 



 美しい学校と美しい世界があった、



 



 

 



    


 

 



   
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 952 「米坂線小国、基督教独... | トップ | 954 「冷気の中に名残を惜し... »
最近の画像もっと見る