答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

(私的)労働安全コンサルタント口述試験体験記(その4)

2017年03月27日 | ちょっと考えたこと(仕事編)

前日までの稿はこちら

↓↓

合格発表

(私的)労働安全コンサルタント口述試験体験記(その1)

(私的)労働安全コンサルタント口述試験体験記(その2)

(私的)労働安全コンサルタント口述試験体験記(その3)


「トンネル工事において発生する労働災害にはどんなものがありますか?その対策とあわせてお願いします」


と、とんねる~!


トンネル工事についてはド素人のわたしに投げかけられた想定外の質問に、自分の得意分野に質問を誘導して口述試験をこちら有利の展開に持っていこうというシナリオが序盤でもろくも崩れたわたしだが、なぜか不思議とあわてることはなかった。

もともと、見ず知らずの試験官との関係性におけるQ&Aを自分の思いどおりにしようなどという目論見が見当ちがいなのだ。そう考えれば、「世の中そうはうまいこといかんわな」と、本気でそんな戦術を立てていた自分が、なんだか可笑しくてたまらなくなってきた。

とりあえず、できるかぎりのリアクションをしてみてよう。

「小さな会社で勤めてきましたのでトンネル工事の経験はありませんが、知識の範囲内で答えさせていただきます」

と前置きし、数少ないトンネル工事見学で見た情景を思い浮かべながら、切羽の掘削作業中の事故とその対策について答えた。

「切羽のうしろで発生する事故もありますよね?」

追いかけて問われたその言葉に誘発され、今度は森崎さんに案内された福島県のトンネル工事現場が映像として活き活きと脳裏によみがえってきた。そうなればしめたもの。そこで行われていた安全対策から映像を巻き戻しし、起こったかもしれない事故を想像し、その様子を説明すればよいだけのことだ。

ということで、なんとか第一関門クリア。

ほっとする間もなく、

「そしたらたぶんこっちのほうが専門なんでしょうけど」

という前置きのあと、次の質問。

「小規模な下水道工事においてドラグショベルを使って掘削し、その土砂をうしろのダンプトラックに積み込む際の安全対策を説明してください」


げ、げすいど~!


「こっちのほうが専門」どころか、これまたわたしの専門外。よくもよくも見事にハズレばかりがつづくものだ。と内心若干の焦りが出てくるが、情景を想像し、動画を再生させながら話をしてみると、安全管理としてはそれほど難しい内容ではない。

ということで、第二関門クリア。

だが、相次いで発せられた想定外の質問で口中がカラカラに。思うように舌が回らなくなったことで焦りが生まれてくる。

「では土止め先行工法とはどのようなものですか?」

これは難なく答えたその次、

「2m以上の地山掘削で必要な対策をハード面とソフト面の両方についてあげてください」

これも基本的な問題だ。

「2m以上ですね」とキーとなる数字を確認してから回答を始めるが、ここまで来ると滑舌が悪くなった焦りにクリアな思考が妨げられているのだろう、ピントが外れたことを答えるというミスを犯してしまう。

よくない傾向だ。立て直す方策を考えながら試験官に向かうわたしに、当然のことながら質問はとぎれない。

「労災に関する情報はどのようにして得るようにしていますか?」

これは想定質問のリストに入れるほどでもないと外していたが、予想のなかには入っており難なく回答。

すると、メインとおぼしき試験官が両側のお二方に確認し、

「最後の質問です」

とおっしゃるではないか。

え?もう最後?

試験時間は15分ほどと聞いていたが、スタートと同時に作動させていた腕時計のストップウォッチをそれとなく確認すると、約10分ほどしか経過していない。

「小さな建設業では実施することが難しいのですが、労働安全衛生マネジメントシステムとはどのようなものですか?」

「手順でよろしいですか?」

「そうですね。手順を説明してください」

現金なものだ。これでオシマイとわかると、とたんに余裕たっぷりになり、覚えている内容をゆっくりとしゃべることができ、Q&Aは終了。

が、しかし・・・

意識して大きな声で礼を言い退出したあと、安堵感と不安感がかわるがわるやってきた。時間が早かったということは、良くてそうなったか悪くてそうなったか、どちらともとれるからだ。少なくともわたしの感覚では、後半部分の回答はよろしくなかった(ような気がする)。「こいつにこれ以上聞く必要もないわ」、と判断されたのではないかという不安感。かといって、あのまま時間が過ぎていけばボロが出てくるだけのような気もする。あの緊張感から早く開放されたことによる安堵感。その2つが行ったり来たりを繰り返しつつ、会場ビルを出て冷たい風に吹かれ歩いていると、どちらでもよくなってきた。

とまれ、終わったのである。あとは待つだけ。待つだけの身が、ああだこうだと思ってもなんともならない。すでに結果は出たも同然だ。

てなことを思いながら帰路に着いたのが1月17日。すでにお伝えしたとおり、2ヶ月あまりが経った3月21日に朗報が届いた。

結果オーライ。過ぎてしまえばみな美しい。と言いたいところだが、せっかくこうやって、「贈与に対する返礼」として体験を記しているのだもの。最後に少し、わたしなりの反省と教訓をまとめておきたい。


備えあれば憂いなし。

特にこの労働安全コンサルタント口述試験は暮と正月をはさんでいるため、何かと呑む機会も多い。現にわたしも約10日間というものを、試験勉強にあてることができなかった(単に意思が弱いだけ、という指摘は却下します)。

であれば、一次の合否が発表される前から準備をしておくべきだろう。たとえ一次試験に不合格だったとしても、前述したように、想定問答集を作成するという行為は、「安全」に関する自分自身の経験の「ふりかえり」であり、「安全」に対する考えをあらためて言語化してまとめるという作業だ。労働安全コンサルタント試験を受けてみようかという人間にとって、そのことが無用なことであるはずもない。

そして、自分の経験や専門分野にとらわれてしまうことは、厳に戒めるべきだろう。質問は、広い範囲から出てくると想定しなければならない。前項とは矛盾するようだが、自分の体験の埒外にあることは深く掘り下げようとしなくてもよい。浅く広く。そこには「ふりかえり」も「気づき」もなくていい。どうせ一つひとつの質問に答える時間はごくごく短いのだ。あくまで試験勉強だと割り切って覚えておくことが必要だ。そういう意味で、わたしが用意した88項目では、幸い質問のほとんどがそこから出たとはいえ、準備不足と言わざるを得ないだろう。

まして、「自分の得意分野に質問を誘導して口述試験をこちら有利の展開に持っていこうというシナリオ」を描くなど、ナニヲカイワンヤである。

いや、シナリオを描くこと自体はそれほど悪いことではないのかもしれない。しかし、あくまでもそれは「うまくいけば」という程度のものであり、その想定どおりには行かなくて当たり前という姿勢でのぞむことが必要だ。

月並みだが、たいせつな心がまえなのでもう一度繰り返す。

備えあれば憂いなし。


以上、ささやかではあるが、あとにつづく諸氏のためのデータベースになればと思い、記してみた。

 

Webで他人さまに「情報」という贈り物をいただいた以上、わたしもまた、Webという土俵でどこかの誰かに「情報」を贈らなければならない。それが「贈与と返礼のサイクル」だからだ。贈与は贈与者に対して返したからチャラになるというものではない。違う誰かにパスして始めて返礼のサイクルが成り立つ。それが「贈与と返礼のサイクル」だからだ。

 

前日までの稿はこちら

↓↓

合格発表

(私的)労働安全コンサルタント口述試験体験記(その1)

(私的)労働安全コンサルタント口述試験体験記(その2)

(私的)労働安全コンサルタント口述試験体験記(その3)

 

検討を祈る。

 


 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(私的)労働安全コンサルタント口述試験体験記(その3)

2017年03月26日 | ちょっと考えたこと(仕事編)

前日までの稿はこちら

↓↓

合格発表

(私的)労働安全コンサルタント口述試験体験記(その1)

(私的)労働安全コンサルタント口述試験体験記(その2)

 

 

さて、労働安全コンサルタント口述試験当日、あらかじめ指定された時間は13時15分。面接前に腹いっぱい食べるのは嫌なので(もっともふだんから腹八分目しか食べないが)、近くで蕎麦を食してから会場入り。1時間近く前だが受付を済ませ、受験者控室に。すでにけっこうな人数がスタンバイして、思い思いのスタイルで最後のおさらいをしている。皆さん真剣だ。

思わず、

「スゴイな」

と独りごちかける。

わたしも負けずに、と思ったがその前に、LINEで女房殿に到着の一報を。


「試験会場到着、年配者多し」

すぐさま返信があり、

「アンタも年配者やんか (-_-)」


おっしゃるとおりだ、と苦笑い。

それならそれでそれらしく足掻いてみようと最後の追い込み。プリントアウトしてきた資料を使っておさらいに励んだ。

13時になると係官が何名か入ってきて、番号と名前を読み上げられた者から、機械、電気、化学、建築、そして土木というそれぞれの分野ごとに、別室の試験会場に。何回目かでわたしの順番が来た。係官に連れられ試験室へ。ひとつ前の受験者が面接を行っている最中、部屋の前で待つ。

緊張してきた。

のどが渇いてきた。

ヤバイなあ、と舌打ちひとつ。

じつはこう見えてもわたし、むちゃくちゃ緊張しやすい。

そして、緊張すると声が震え手が震え、口のなかが乾く。

「命までとられるわけじゃなし」と自分をなだめ大きく深呼吸ひとつ。

こうなりゃ何より落ち着くことがすべてだ。

想定問答もすべてリセットし、なんにも考えずに待つことにした。

ほどなく前の人が退出してき、いよいよわたしの出番だ。

部屋へ入ると、Webで仕入れた知識どおり試験官は3人。

その人たちを見たとたん、す~っと落ち着いてきた。

と、メインとおぼしき人が第一声。

「メガネをとってください」

え?なんで?と内心いぶかしがりつつ、あわてて遠近両用メガネをはずすわたしに、

「受験申込書ではメガネをかけていませんから」

と笑いながら理由を説明する試験官。

「あ、そうですね」とこちらも思わず笑顔に。

よし、完全に落ち着いた。

どうぞいらっしゃい、てなもんである。

 

「受験の動機を教えてください」

「安全管理の経験は何年ですか?」

「労働安全コンサルタントの職務を説明してください」

「労働安全コンサルタントが守らなければならないことはどういうことですか?」

ここまでは自作想定問答集の◎、つまり「たぶん聞かれるであろう」という想定どおりの質問がつづいたその次は、

「安全管理者と労働安全コンサルタントの違いを説明してください」

おっとこれはダークホースの△印。

とはいえ想定のなかのひとつだ。まずまず無難に答えた(たぶん)。

問題はその次である。

 

「トンネル工事において発生する労働災害にはどんなものがありますか?その対策とあわせてお願いします」

 

来た!

みごとに想定外。

しかもわたしは(そこそこ)オールマイティーを自認する土木屋なれど、トンネル工事についてはまったくの門外漢ときている。

「と、トンネル?」と素っ頓狂な声をあげたいが、そうはいかない。

かくして、自分の得意分野に質問を誘導して口述試験をこちら有利の展開に持っていこうというシナリオは、序盤でもろくも崩れた。

そう、そうは問屋がおろさない。

だが、世の中は思いどおりに事が運ばないからおもしろい。

「なるようになるさ」と腹をくくって回答を探した。

 

さて、そのあとの展開やいかに。

お次は明日の『(私的)労働安全コンサルタント口述試験体験記(その4)』。

乞うご期待。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(私的)労働安全コンサルタント口述試験体験記(その2)

2017年03月25日 | ちょっと考えたこと(仕事編)

労働安全コンサルタント口述試験体験記、少し準備編を補足しておきたい。

おととい紹介した88の想定質問に対する回答のことである。

体験や方法、あるいは考え方などを問う質問に対しては、書籍やWebで調べたことをそのまま回答とするのではなく、まず、自分自身はそれについてどう対処してきたか、あるいはどう考えるのか、体験と頭のなかを整理しながら自分なりの答えをつくってみた。期せずしてこれが、自分自身の「安全」に対する考え方をまとめてみる絶好の機会となったのは、ひょっとしたら今回の受験で最大の収穫だったといえるのかもしれない。

一例をあげる。


Q:45.若い人の労働災害が増加している原因

A:ベテランや熟練工が減ったことにより、作業全般のノウハウが伝承されないと同時に、安全に関するノウハウも伝えられずに、現場での指導が疎かになってきました。それによって、不安全行動や不安全状態が放置されたまま仕事を行うことで、労働災害のリスクが高まっています。そのことが、若年労働者の災害が増えている原因だと思います。

Q:46.その防止対策

A:まず、経営トップが明確な「安全第一」の姿勢を打ち出し伝えること。基本的なことですが、特に若い人には、これが重要であり効果的です。そして、より多くの人間の意見・知識・智恵を出し合う場を設けること。そこで、ベテランや先輩が暗黙知として持っているノウハウを共有し、形式知として引き継いでいく。また適正な指導を行うことができる責任者を育成し、経験の浅い人でも理解しやすい安全教育を行っていくこと、などがあげられます。


こんな感じで回答をつくり、それを書籍やWebから得た情報で肉づけ(理論づけ)していって問答集を作成。できあがったあとは繰り返し読んだ。その場合、丸暗記しようとするのではなく、ポイントとなる箇所を蛍光ペンでマーキングし、繰り返し読んだ。

これもまた一例をあげる。


Q:47.作業員が安全作業を行わない場合の対応策

A:まず、安全に作業を行えるようなシステムや施設などを充実すること、

次に、「それをすることで引き起こされる事故」「それをしないことで引き起こされる事故」を周知させ、「そのためにしなければならないこと」を繰り返し伝えます。


「悪魔のような記憶力を持つ男」と呼ばれていた若いころなら(自分で呼んでただけですが)文章を丸暗記したのだろうが、どう見ても普通以下となってしまった現在の記憶力ではそんなことはできない。それに、たとえ丸暗記したとしても、そのとおりの質問が来ると決まっているわけではなく、臨機応変に対応するためには丸暗記という方法はそぐわない。

ということで、わたしが採用したのが上記のような方法だった。

と同時に、始めて取り入れてみたのがコレ。




マインドマップである。

見てのとおりその作成は手描きではない。Xmind8を使って重要項目ごとにマインドマップをつくり、要点をまとめてみた。かつて、とあるコンサルタントさんから「マインドマップ、試験勉強に使うといいですよ」と教えられたのを思い出し試してみたものだ。

効果のほどは・・・正直よくわからない。

どのような方法を採用しても、(試験勉強における)おのれの理解力や記憶力の低下が自分自身の想像をはるかに上回っており、その現実の前では、一つひとつの方法の善し悪しや効果の有無など判断のしようがないのが本当のところだったからである。


ということで、『(私的)労働安全コンサルタント口述試験体験記』、準備編は終了。

つづきはいよいよ、赤くなったり青くなったりの口述試験本編である。



  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(私的)労働安全コンサルタント口述試験体験記(その1)

2017年03月23日 | ちょっと考えたこと(仕事編)

さて、お約束どおりの労働安全コンサルタント口述試験体験記だ。

この資格を取得するためには、まず一次試験を受けなければならない。一次試験は、各分野共通である「産業安全一般」「産業安全関係法令」と、それぞれの分野ごと(機械、電気、化学、土木、建築)の専門問題に分かれているが、有資格者は専門問題が免除される(受検するたいがいの人は免除だろう。もちろんわたしも、一級土木施工管理技士ということでパス)。

ちなみに平成28年度はこんな感じ

↓↓

平成28年度産業安全一般

平成28年度産業安全関係法令

 

そして五者択一のこの一次試験に合格したものだけが口述試験にのぞむことができるのだが、一次二次ともにいわゆる市販の参考書はないし、Webにも他の国家資格ほどの情報はない(それだけマイナーな資格ということだろうか)。それを商売にしている会社(Webサイト)もあるのだが、かなりお高かったりする。

そんななか、結果オーライの合格だった一次試験は忘却の彼方に消え去ってしまい、わたしのなかには皆さんの参考になる何ものも残ってない。申しわけないが、口述試験のみの体験記とさせていただく。

 

まず、わたしが参考にしたサイトがこれ。

労働安全コンサルタント受験応援ホームページ

いとうのホームページ

とりわけ『労働安全コンサルタント~』には、過去問を含めとてもお世話になったし、『いとうの~』の管理人さんは、なんてったって「広くて薄い紐帯」の人でこの道(土木もWebも)の大先達。今となっては記憶がおぼろげだが、わたしがこの資格のことを初めて知ったのはたぶん彼のサイトからだった。まずもって、ご両者ともに感謝を申しあげたい。


さて口述試験。ひらたくいえば面接である。

ちなみに、一次試験があったのは10月。「こりゃダメだったわい」という負の手応えが満々で、二次試験の準備などまったくしていないわたしが合格を確認したのは12月も後半だ。それからひと月足らず、上記サイトやリアルにつながっている大先輩の助言のおかげで、自分なりに想定問答集をつくり試験当日にのぞむことができた。

「体験記」はまず、その口述試験想定問答を列挙することから始める。

 

(私的)労働安全コンサルタント口述試験想定問答

1.受験動機 ◎

2.資格をとった場合、どう活かすか ◎

3.勉強の方法 ◯

4.開業の意思はあるか?開業したら具体的にどのようか活動を実施するか ◯

5.労働安全衛生マネジメントシステムとは △

6.労働安全衛生マネジメントシステムの具体的な手順 △

7.安全管理活動において労働安全マネジメントシステムは有効か △

8.労働安全コンサルタントの役割 ◯

9.労働安全コンサルタントの義務(守るべきこと) ◎

10.労働安全コンサルタントの職務 ◎

11.安全講習会で労働安全コンサルタントの資格が必要か △

12.コンサルタントの立場で安全点検を依頼されたとして、どのような準備が必要で、実際にどんな点を見るか、どんな心がまえで点検するか。 ◯

13.安全管理者と労働安全コンサルタントにはどのような違いがあるか △

14.自分がこれまで行ってきた安全業務は ◯

15.現場支援や指導をはどのようなものか △

16.そのなかでもっとも留意していること △

17.どのような工事の施工経験が多いか ◎

18.そのなかで、どのような労働災害が懸念されたか ◎

19.そのなかで安全に対する配慮はどのようなことを行ったか ◎

20.事故の経験は ◎

21.その事故のあと、あなたが取った対策は ◎

22.今まで安全活動で有効だったことは ◯

23.それをしても未だに残る問題点は何か ◯

24.それを克服する対策は ◯

25.最近全国で起こった労働災害のなかで記憶に残っているものは ◎

26.それはどうやったら防げたと思うか ◎

27.平成28年度の安全週間スローガンは ◯

28.安全第一の由来は △

29.中小企業からのコンサルタントの依頼が多いがどのように対応するか △

30.中小企業の社長などが安全に積極的でないときはどのように指導するか △

31.受注の低価格化で現場では安全費が削減されがちになると思うが、まずは何がその対象となるか ◯

32.依頼主から安全にはお金がかかると言われたらどのように答えるか ◯

33.元方事業者の講ずべき措置 △

34.特定元方事業者の講ずべき措置 ◯

35.統括安全衛生責任者とは △

36.建設工事における下請の講ずべき措置 △

37.建設業の労働災害の現状について ◯

38.建設業の三大災害とその内容 ◯

39.その原因と対策 ◯

40.建設業で災害が多いのはなぜか ◯

41.その防止のために必要な対策は ◯

42.労働基準監督署への報告義務はどのような場合に発生するか △

43.高齢者の労働災害の原因 ◯

44.その防止対策 ◯

45.若い人の労働災害が増加している原因 ◯

46.その防止対策 ◯

47.作業員が安全作業を行わない場合の対応策は ◯

48.安全衛生改善計画書はどのような場合につくらなければならないか △

49.安全衛生改善計画書はどうやってつくるか △

50.安全衛生推進者の職務とは △

51.総括安全衛生管理者とは △

52.安全管理者とは △

53.近年あった労働安全衛生規則の改正とは ◯

54.リスクアセスメントとは △

55.リスクアセスメントの目的 △

56.KYとリスクアセスメントの違い △

57.KYとリスクアセスメントの同じところ △

58.リスクアセスメントでの安全対策の優先順位 ◯

59.具体的な例を挙げて説明せよ ◯

60.KYのマンネリ予防法は △

61.リスクとハザード △

62.クレーンの転倒対策は ◯

63.クレーン作業におけるワイヤーロープの交換基準 ◯

64.クレーンの定格荷重、定格総荷重、と吊り上げ荷重の違いは ◯

65.バックホウで荷のつり上げはできるか △

66.移動式クレーン仕様バックホウの安全管理のポイント ◯

67.掘削作業で注意することは ◎

68.掘削面の勾配の基準とは ◯

69.掘削する際の土砂崩壊の注意事項 ◎

70.土止め支保工の安全上の注意点は △

71.土止め先行工法とは △

72.高所作業での優先事項 ◯

73.高所作業における墜落防止対策 ◯

74.型枠支保工のおける安全対策 △

75.型枠支保工の種類 △

76.型枠支保工での水平力の負担は △

77.型枠支保工における水平つなぎとは △

78.パイプサポート支保工で留意すべき点 △

79.フールプルーフとは △

80.フェールセーフとは △

81.スタッフ型の安全管理とは △

82.ライン型の安全管理とは △

83.手すり先行足場とは △

84.第12次労働災害防止計画のポイント △

85.同計画のスローガン △

86.同計画が目指す社会とは △

87.同計画の全体目標は △

88.同計画の重点業種対策のうち建設業への対策は △

 

ちなみに、◎、◯、△は、わたしが勝手につけた優先順位でその内容は以下のとおり。


絶対出る(ような気がする) ◎

たぶん出る(かもしれない) ◯ 

ひょっとしたら出る(かもしれない) △

たぶん出ない(ような気がする)(が、いちおう覚えておこう) △


とぼしい情報のなか「受検動機」は必須らしいことはわかった。そして、「どのような工事の施工経験が多いか」「そのなかで起こる事故」「それへの対策」といったところを質問された人も多い。そのなかで、自分の得意分野に質問を誘導して、口述試験をこちら有利の展開に持っていこうというのがわたしが立てた戦術(これは数名の体験者も語っている)だった。

さてその目論見どおりにことは運ぶのか。

つづきは『(私的)労働安全コンサルタント口述試験体験記(その2)』ということで。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合格発表

2017年03月22日 | ちょっと考えたこと(仕事編)

 

 

ふ・ご・う・か・く

という文字が頭をよぎり、

思わず、「ダメだったか・・・」と独りごちる。

きのう3月21日は、平成28年度労働安全コンサルタント試験合格者の発表日。

それにしても・・・

「番号と番号のあいだが空きすぎじゃないか?」

という疑念が頭をもたげてきた。

「ん?」

もういちど見返してみる。

ナンテコッタイ。

左上から横に並んでいる合格者の受験番号を、

何を考えたかこのオヤジ、右上から縦の並び順で見ていっていた。

「お!」

ふたたび胸に灯された希望を胸に慎重に番号を追う。

「あった!!」

結果は合格。自分勝手に下げたり上げたり、ひとり上手にもほどがあるが、なんとかこれでひと安心。

さて・・・

皆さんはとうにお忘れだと思うが、かねてよりの約束だ。

→『労働安全コンサルタント口述試験(土木)を受けたこと

Webで他人さまに「情報」という贈り物をいただいた人間は、Webでどこかの誰かに「情報」を贈らなければならないという、「贈与と返礼のサイクル」にもとづいて、労働安全コンサルタント口述試験の概要について近々書きとめたいと思う(残念ながら10月に受けた筆記(一次)試験については忘却の彼方にいってしまってます)。

とりあえず今日は合格の報告のみ。


あ~、緊張した!


でわ ^^;


 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加