答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

下ざさえする人たち ~ モネの庭から(その295)

2017年07月12日 | 北川村モネの庭マルモッタン

「どうもこの水草がなあ」

とは思ったものの、もちろんそんなこと書きはしないし、アップする写真は慎重に選んでいる。

応援者たるもの、良いも悪いもすべてをありのままに晒すようでは、その役目を果たすことはできないからだ。

とはいえ現場では、良い悪いをはっきりと口に出さなければ、これまたホントの応援者とはいえない。感じたことはしっかりと言う。それをどうするこうするは庭師たちが決めること。彼らとて仕事の優先順位がある。まして少ない人数で広い庭のメンテナンスをやりくりしているのだもの。そこらへんにまで口出しするのは越権行為というものだろう。と、「次回のおたのしみ」にしておいて帰ってきたのがこの前の日曜日。

3日経った今日、”北川村「モネの庭」マルモッタン”フェイスブックページから便りが届く。

 

昨日の休園日に池に入って作業を行いましたが今朝も続けて手入れ作業を行いました。

最近、藻や水草が多くなってきており、
それを取り除く作業です。

水草が水面を覆うと、美しい水鏡を見ることができません。

庭スタッフが手作業で小さな網を使って
水草をすくい取っていました。

今日も睡蓮は200輪以上開花!
睡蓮見頃です(^^)

 

というキャプチャーとともに作業中と作業後の画像がアップされていた。

 

 

画像はフェイスブックページ『北川村「モネの庭」マルモッタン』より

 

 

ご苦労さまです。

思わずこうべを垂れ、しばし画像を見る。

それが仕事、といえばそれまでだ。そしてヒゲさんならきっとそう言うだろうし、そんな部分をことさらに取り上げることを良しとはしないだろう。

だが、その結果で目と心の保養をさせてもらっているわたしは、美しい庭を下ざさえしてくれている彼彼女らに素直に感謝したい。

ご苦労さまです。

そして、ありがとうございます。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うまじのパン屋 | トップ | (自称)発展途上人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北川村モネの庭マルモッタン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。