答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

元気です、「奈半利のひまわり」。

2017年08月10日 | ちょっと考えたこと

 

 

台風通過から4日目、

大ぶりなものは頭を垂れたまま立ち上がらないが、やや小さめなひまわりたちは、すこぶるつきで元気だ。

 

山椒は小粒でもぴりりと辛い。

小さくとも針は呑まれぬ。

Little head great wit.(ちょっとチガウか ^^;)

 

そんな言葉が思い浮かぶ。

環境に適応して生き残るには、小さいことが有利にはたらく場合もある。

とかナントカ、ひまわりに「わたしとわたしの環境」を仮託する朝。

なんでもかでもを自分に都合がいいように解釈する、それが「正しいオジさん」の在りようなのだとうそぶいてみる (^_-)


「ふくしまと奈半利をつなぐひまわりプロジェクト」
https://www.facebook.com/FUKUSHIMAtoNAHARI/



  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続・言葉が怖い | トップ | いつもいつでも ~ モネの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ちょっと考えたこと」カテゴリの最新記事