答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

「工事だより」のフォント

2017年04月20日 | オヤジのIT修業

工事だよりをつくってみた。

今回作品でイチバンのポイントは、フォントだ。

 

CD付 和文フリーフォント集
大谷秀映編著
翔泳社

 

『和文フリーフォント集』を買ったことは、すでにお知らせしたとおりだ。

当初その目的は、プレゼンテーションに使うフォントを変えたかったからで、よいのか悪いのかしかとは判別しかねるが目的は達成。みごとに(微妙に?)それは変わったのだが、その過程で気づいたことがある。

ウインドウズPCにプレインストールされているフォントの「硬さ」を、である。その「硬さ」を解消しようとして、けっこうな数の人が創英角ポップ体に手を出す(かくいうわたしも、長いあいだ、そしてほんのこの前までそうだった)。だが、その創英角ポップ体も、くだけたようでくだけてない。まだまだ「硬い」の範疇を出ていないのだ。

そんな気になって、ちまたにある広告や店の看板、掲示物や印刷物をみてみると、ある発見があった。

多くのものは、そのもとをPCでつくっているにちがいない、と思われるのだが、いわゆるパソコンのフォント(プレインストールされているフォント)ではない字体が驚くほど多いのだ。

そう、今や、というかいつの間にか、デフォルトのWindowsフォントを使うのがあたり前の時代ではなくなっていたのだ。

気づかなかった。

わたしとしたことが、迂闊だった。

ということで、今回作成した「工事だより」をお見せしよう。

 

 

 

時代に迎合するつもりは毛頭ない(毛もない)。

わかりやすい「工事だより」を標榜するのなら、字体もまた考慮に入れる必要が当然のこととしてある、ということを気づいただけのことだ。

皆さんも、いちどその気になって、ちまたにある広告や店の看板、掲示物や印刷物を見てみてほしい。

少なくとも、このブログをいつも読んでくれているような奇特な方たちなら、けっこう多くの「気づき」があるはずだ。

 

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おどき・めどき | トップ | これがイソベのおじさんだ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。