答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

つくりこまないPPT

2017年02月24日 | ちょっと考えたこと(仕事編)

 

 

2年ぶりに主任技術者を勤めた工事が完了。きのう、その完成検査があり、当社恒例、検査初っぱなに披露する完成検査プレゼンテーションをわたしが受け持った。

今回のテーマは、「つくりこまないPPT」。画面からは説明のコメントを極力排し、大写しにした画像や資料から説明を展開していくというパターンだ。しかも、「アレもこれも何もかにもを伝えたい系」のわたしにしては珍しく、ポイントを必要最低限(だと本人は思ってる)にしぼりこんで、である。

 

一年ちょっと前、『「伝わらないプレゼンテーション」に共通する3つの症状』(中原淳、Yahooライフ、2016.1.12)というWeb記事を読んだ。そこには、

1.あれも、これも病

2.観察できない病

3.沈黙が怖い病

この3つの症状が見られたら、「頑張ってはいるんだけど聴衆にはイマイチ、ピンとこない”残念なプレゼンテーション”」なんだと書かれていた。特に「あれも、これも病」にはイチイチ思い当たる節があり、思わず胸をおさえながら読んだ記憶がある。

 

「あれも、これも病」は、「プレゼンの内容・スライドの枚数を精選することができず、とにかく、自分の手持ちのコンテンツをあるだけぶち込んでプレゼンをしてしまうこと」です。

(略)

つまり、「正確に伝えるためには、あの角度からも、この角度からも、徹底的に正確な情報を与えなければならない」という「善意」が発動すると、さらに「よかれと思って」詰め込みます。

 

あれから一年、幾度か人さまの前でプレゼンテーションを行った。依然として「あれも、これも」の傾向は治ってない。ついこの前も、その前も、そのまた前も、削れない自分にため息交じりで苦笑いをし、詰め込んだまま見切り発車をしてしまい、ついつい早口になりそのまま突っ走った(ような気がする)。

中原さんいわく、

 

言うまでも無いことですが、プレゼンの構成でもっとも必要なのは「引き算の美学」であり、「シンプルさ」の追求です。大切なのは、「何を喋るのか?」ではありません。むしろ「どこまで喋らないか?」を考えたいものです

 

さて、今回はどうだったのだろう。

目指したのは「つくりこまないPPT」。ポイントをしぼってシンプルにしゃべる。

少しはできたような・・・

いや、できなかったような・・・

いまさらながらにこの道、奥が深い。

 

 

  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村

 

『高知県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンダーバードに揺られなが... | トップ | 忙裏山我を看る、閑中我山を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ちょっと考えたこと(仕事編)」カテゴリの最新記事