答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

珍客あり

2017年07月14日 | 高知県

 

珍客あり。

止まったのを見計らって写真を撮ろうとするが、

この黒蜻蛉というやつは、だいたいがじっとしてないと相場が決まっている。

そしてトンボには似合ず、ひらひらと優雅な飛び方をする。

そのひらひらに付き合いながら、じっとしてない黒蜻蛉をカメラ片手に追いかけ回す朝。

田舎暮らしだもの、こんなこともあるさ。

 

と、独りなごんだ朝から9時間近くが経ったころ、愛車マルモッタン号へ乗り込もうとすると、

またまた珍客あり。

 

 

フロントウインドウとハンドルのあいだに鎮座ましますカエル一匹。

朝の来客とは正反対に、コイツはじっと動かない。

まるで一点を凝視しているかのようだ。

いったい何を見つめているのか。

えらく哲学的なカエルである。

 

いかな田舎暮らしだとて、一日のうちでこんな巡り合わせはめったにあるもんではない。

僥倖、と言うべきか。

いやいや、いくらなんでもそんな大層なものではない。

こうしてブログのネタがひとつできた。その程度のものである。

とはいえ、それを切り撮る道具がなければ、ラッキーな出会いがあったとしてもそれまでだ。

 

持つべきものはカメラ、

だな、やっぱし。

(ゲロゲーロ ♪)



  ↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします

 

           

            有限会社礒部組が現場情報を発信中です

 

     

   発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のために工事を行う。

 

 高知県情報ブログランキング参加用リンク一覧  

にほんブログ村


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (自称)発展途上人 | トップ | しぶとく生きろよ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

高知県」カテゴリの最新記事